春夏メンズ・コレクションの中核となるパリ・メンズ・コレクションが閉幕。そのハイライトをアレクサンダー・フューリーが総括する

BY ALEXANDER FURY, TRANSLATED BY CHIHARU ITAGAKI

COMMES DES GARÇONS HOMME PLUS
(コム デ ギャルソン オム プリュス)

画像15: 2018年春夏
パリ・メンズ・コレクションの
ハイライト

「大切なのは中身」。これが、川久保玲によるコム デ ギャルソン オム プリュス2018年春夏コレクションのテーマだ 。これは、NYのメトロポリタン美術館で現在開催中の「川久保玲/コム デ ギャルソン」展へぜひ行ってほしいという熱心な勧めなのか? いや、おそらく違うだろう。

画像16: 2018年春夏
パリ・メンズ・コレクションの
ハイライト

 そういった企業的な意味合いは、何も含んでいなかった。むしろ、ショーは楽しげで自由奔放、気ままなムードに満ちていて、そこには明らかに若い息吹が感じられた。会場はパリのダンスホール、サル・ワグラム。もともとは1812年に建てられた歴史ある場所だ。そこにテンポよくハウスミュージックが流れ、モデルたちは単なるウォーキングではなく、ステージ上を気どって闊歩し、踊るようにターンしてポーズを決める。

画像17: 2018年春夏
パリ・メンズ・コレクションの
ハイライト

「大切なのは中身である」というのは、ただのインナービューティにまつわる耳障りのいい、気分の上がるマントラではない。それは今回発表されたルックの解説でもあるのだ。ショーには、ジャケットを裏返しにして着たルックが多数登場。素材や柄が切り替えられた裏地や、縁取りを表に出して見せていた。

画像18: 2018年春夏
パリ・メンズ・コレクションの
ハイライト

 いくつかのジャケットは、アーティストのモナ・ルイゾンによる人形で飾られていた。ショーのテーマと関連して、まるで人形たちが服の下から逃げ出そうとしているように、さらに言うならモデルの体内から逃げ出そうとしているようにも見えた。

画像3: PHOTOGRAPHS BY MOLLY SJ LOWE

PHOTOGRAPHS BY MOLLY SJ LOWE

 スパンコールで服の表面が覆われたルックも多かった。中には、ジェルで固めたヘアにまでスパンコールをつけていたモデルも。まるでクラブキッズの、汗で濡れてべたついた髪のように見えた。

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.