春夏メンズ・コレクションの中核となるパリ・メンズ・コレクションが閉幕。そのハイライトをアレクサンダー・フューリーが総括する

BY ALEXANDER FURY, TRANSLATED BY CHIHARU ITAGAKI

ALEXANDER McQUEEN
(アレキサンダー マックイーン)

画像32: 2018年春夏
パリ・メンズ・コレクションの
ハイライト

 ミラノとロンドンでのメンズ・コレ参加を経て、アレキサンダー マックイーンは今回初めてパリ・メンズ・コレに参戦。ショーのタイトルは「開拓者と探検家、語り部と収集家」。ラドヤード・キップリングの1898年作の詩『The Explorer』からの引用だ。

画像33: 2018年春夏
パリ・メンズ・コレクションの
ハイライト

 写真では、そのキップリングの詩がデニムに刺繍されている。そのほか、オリエンテーリング用の地図と植物の素描図も。デニムは、ブランド創設者である亡きリー・アレキサンダー・マックイーンが初期に使った素材であり、現クリエイティブ・ディレクターのサラ・バートンもよく使用する素材だ。

画像34: 2018年春夏
パリ・メンズ・コレクションの
ハイライト

 リー・マックイーンはロンドンのサヴィル・ロウで修業を積み、キャリアをスタートさせた。そういった経緯もあり、テーラリング技術の高さはこのブランドの強みだ。それを反映して、今回のショーは無駄をそぎ落とし、禁欲的ですらあるモノトーンのスーツのルックで幕を開けた。

画像35: 2018年春夏
パリ・メンズ・コレクションの
ハイライト

 定評あるマックイーンのパンクな側面は、シルバージップが縦横に走るレザーのバイカージャケットやパンツに表れていた。今回のコレクションは、いわば原始的な世界と高尚な雲上の世界との間に横たわる、新たなる地の探検だ。着心地のよい手編みのニットと精緻なテーラリングスーツ、ハードなレザーアイテムが共存していた。荒い素材と滑らかな素材を同時に身につけられるのが、アレキサンダー マックイーンなのだ。

画像6: PHOTOGRAPHS BY MOLLY SJ LOWE

PHOTOGRAPHS BY MOLLY SJ LOWE

 全体として目立ったのは、よく知られた、わかりやすいクラシックウェアへのフォーカス。トレンチコートや、ダブルボタンもしくはシングルボタンのスーツジャケットなどが登場。そこに、機能本位のワークウェアから引用されたケープのような、ドラマティックとさえ言える装飾がついていた。写真は、伝統的な防水ジャケットであるサウウェスター。たっぷりしたボリューム感は、まるでクチュールウェアのような趣をたたえている。

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.