ディオールのアイコンバッグである「レディ ディオール」を、アーティストが独自の解釈でアレンジするコラボレーションシリーズ「ディオール レディ アート」。その最新作がお目見えした

BY MASANOBU MATSUMOTO

画像: 「レディ ディオール」は、レザーに「カナージュ」モチーフのステッチをあしらったメゾンの象徴的なバッグ。このモチーフは、クリスチャン・ディオールが初のオートクチュール コレクションでゲスト席に用意したナポレオン3世の椅子のステッチに由来する。写真は、「ディオール レディ アート #3」から、モルガンヌ・シェンベルによる限定エディション(ミニサイズ) ¥910,000 © ALFREDO PIOLA ほかのバッグをみる

「レディ ディオール」は、レザーに「カナージュ」モチーフのステッチをあしらったメゾンの象徴的なバッグ。このモチーフは、クリスチャン・ディオールが初のオートクチュール コレクションでゲスト席に用意したナポレオン3世の椅子のステッチに由来する。写真は、「ディオール レディ アート #3」から、モルガンヌ・シェンベルによる限定エディション(ミニサイズ) ¥910,000
© ALFREDO PIOLA
ほかのバッグをみる

 ディオールのアイコンバッグ「レディ ディオール」。1994年にオートクチュールのアトリエで誕生し、ダイアナ元妃が愛用したことでも知られるこの名品を、アーティストが自由に解釈し、アレンジを加えるプロジェクト「ディオール レディ アート」の最新作がリリースされた。

 第3弾となる今回は、現在アーティスティック ディレクターを務めるマリア・グラツィア・キウリの意向から、女性アーティストのみを起用。イ・ブル、ミカリーン・トーマスのような、女性性やそのアイデンティティの問題をテーマにする作家から、目の前の現実世界を新たな視点で捉え直そうとする李妹睿、荒神明香のような次世代アーティストまで、国籍、年齢、表現コンセプトもさまざまな11人が、独自の「レディ ディオール」を完成させた。

画像: ミカリーン・トーマスによるデザイン(ミディアムサイズ)¥1,400,000 © PETER ASH LEE ほかのバッグをみる

ミカリーン・トーマスによるデザイン(ミディアムサイズ)¥1,400,000
© PETER ASH LEE
ほかのバッグをみる

画像: 本プロジェクトについて語るミカリーン・トーマス。ムッシュ ディオールは、アトリエの職人たちの声を聞き入れるデザイナーであった。今回の「ディオール レディ アート#3」プロジェクトでも、参加アーティストの制作現場で撮影されたイメージカットやインタビュー動画が公開されている COURTESY OF DIOR

本プロジェクトについて語るミカリーン・トーマス。ムッシュ ディオールは、アトリエの職人たちの声を聞き入れるデザイナーであった。今回の「ディオール レディ アート#3」プロジェクトでも、参加アーティストの制作現場で撮影されたイメージカットやインタビュー動画が公開されている
COURTESY OF DIOR

 こういったアートとのコラボレーションは、ディオールにとって自然なことである。ムッシュ ディオールは、ファッションデザイナーになる前、画廊の共同オーナーでもあり、芸術家の支援にも注力した。以降、イヴ・サンローランやマルク ボアン、ラフ・シモンズら歴代デザイナーたちも、アーティストと深く交流し、時にインスピレーションソースにしてきた。

 マリア・グラツィア・キウリも同様だ。彼女がアーティスティック ディレクターに就任してからも、彫刻家のニキ・ド・サンファルや画家のソニア・ドローネなど、女性アーティストの作品やその生き方が、たびたびコレクションの題材になっている。「ディオール レディ アート」のバッグは、アップデートされながら現在へと脈々と受け注がれるディオールというメゾンのレガシーの表れでもある。

 これらの作品は、東京・銀座のGINZA SIX内にあるディオールのフラッグシップ「ハウス オブ ディオール ギンザ」で購入できる。

画像: (左から)ブルチャク・ビンギョルによるバッグ(ミニサイズ) ¥770,000、 イザベル・コルナロによるバッグ(ミニサイズ)¥910,000 COURTESY OF DIOR ほかのバッグをみる

(左から)ブルチャク・ビンギョルによるバッグ(ミニサイズ) ¥770,000、
イザベル・コルナロによるバッグ(ミニサイズ)¥910,000
COURTESY OF DIOR
ほかのバッグをみる

画像: (左から)ジャナイナ・チェッペによるバッグ(ミディアムサイズ)¥1,200,000、 荒神明香によるバッグ(ミディアムサイズ)¥1,100,000 COURTESY OF DIOR ほかのバッグをみる

(左から)ジャナイナ・チェッペによるバッグ(ミディアムサイズ)¥1,200,000、
荒神明香によるバッグ(ミディアムサイズ)¥1,100,000
COURTESY OF DIOR
ほかのバッグをみる

問い合わせ先
クリスチャン ディオール
フリーダイヤル: 0120-02-1947
公式サイト

 

This article is a sponsored article by
''.