世界中の女性を真珠で飾りたいと願った御木本幸吉の夢に、川久保玲が新たな価値を加えた

BY HIROFUMI KURINO, PHOTOGRAPHS BY YASUTOMO EBISU, STYLED BY TAMAO IIDA, EDITED BY SATOKO HATAKEYAMA

 ファッション・ビジネスが肥大化し、消費の速度が加速化する中“ひとはなぜ装うのか?”という命題を見つめない限りファッションは単なるモノの売り買いや巨大企業の消耗戦の場として自らの魅力や価値を棄損していく、と危惧しているのは私だけではないだろう。しかも、その“ビジネス”や“消費ゲーム”さえも新型ウィルス禍のような予想不可能な要素によって容易(たやす)く弱体化してしまう現実の中に我々はいる。

画像: ライダースロングコート¥212,000、ノースリーブトップス¥22,000、中に着たTシャツ¥22,000/コム デ ギャルソン・オム プリュス コム デ ギャルソン TEL. 03(3486)7611 ネックレス<白蝶真珠、シルバー>¥3,600,000/ミキモト コム デ ギャルソン シルバーがかった深みのある輝きが圧倒的な存在感を放つ、白蝶真珠のダブル仕立てのネックレス。男性の装いの“襟を正す”かのような、品格のある佇まい ミキモト カスタマーズ・サービスセンター フリーダイヤル:0120-868-254 www.mikimoto.com <取り扱い店舗(日本国内)> ミキモト 銀座4丁目本店、ミキモト 銀座2丁目店、コム デ ギャルソン 青山店、コム デ ギャルソン 丸の内店、コム デ ギャルソン 京都店、コム デ ギャルソン 大阪店、コム デ ギャルソン 福岡店、ドーバーストリート マーケット ギンザ

ライダースロングコート¥212,000、ノースリーブトップス¥22,000、中に着たTシャツ¥22,000/コム デ ギャルソン・オム プリュス
コム デ ギャルソン
TEL. 03(3486)7611

ネックレス<白蝶真珠、シルバー>¥3,600,000/ミキモト コム デ ギャルソン
シルバーがかった深みのある輝きが圧倒的な存在感を放つ、白蝶真珠のダブル仕立てのネックレス。男性の装いの“襟を正す”かのような、品格のある佇まい
ミキモト カスタマーズ・サービスセンター
フリーダイヤル:0120-868-254
www.mikimoto.com
<取り扱い店舗(日本国内)>
ミキモト 銀座4丁目本店、ミキモト 銀座2丁目店、コム デ ギャルソン 青山店、コム デ ギャルソン 丸の内店、コム デ ギャルソン 京都店、コム デ ギャルソン 大阪店、コム デ ギャルソン 福岡店、ドーバーストリート マーケット ギンザ

ひとが装うことによって、ひととしての尊厳(Dignity)を再確認できること、それこそファッションが担うべきものではないのか。政治の世界に顕著な“ひとの劣化”や“非寛容の横行”、これが世界の現状なのか、それでも“ひと”は気高く生きることができるのか......。そんな焦燥感に対するエレガントな答えを私はミキモト コム デ ギャルソンに見た。単なる高級品やブランド商品、宝飾品としてのプロダクトではなく、真珠というものが本来もっていたスピリチュアルな意味合いをも込めたメッセージをヴァンドーム広場でのプレゼンテーションは問うていた。

それはモデルやマネキンではなく“ボディ”に、それもある種の生々しさを内包した姿に着せることにより表現されていた。“見せびらかす宝飾品”ではなく、男性も女性もともに背筋を伸ばし、襟を正して生きていく決意表明を手助けするかのような真珠たち。ファッションが本来もっていたシャーマニックな要素さえあるように感じられる。ミキモト コム デギャルソンによって“ひとの品格と装い”に思いをはせる男性、そして女性が多く出現することを期待したい。

HAIR BY ASASHI AT OTA OFFICE. MAKEUP BY NOBUKO MAEKAWA AT PERLE. MODELS BY EUN SANG, HISAKI HAYASHI

 

This article is a sponsored article by
''.