世界各地の伝統工芸品、ニューヨークのお気に入りのレストラン、家族の思い出…… デザイナー、ウラ・ジョンソンの作品と人生を彩ること、もの

BY LINDSAY TALBOT, TRANSLATED BY FUJIKO OKAMOTO

画像5: COURTESY OF ULLA JOHNSON

COURTESY OF ULLA JOHNSON

「右の写真は2020年春夏コレクションのため、ナイロビ郊外の吹きガラス職人グループと共作したイヤリング。このグループの代表者ナニ・クローズは、地元民が生活費を得るための新しい仕事を創出し、また現地初の“シュタイナー学校”を設立した人物。左の写真はグループの職人によるモザイクガラス。私がワークショップで訪れたときには、屋根から猿が侵入。ビーズをキャンディと間違え、そこらじゅうに投げ散らかしていた」

画像2: WEICHIA HUANG

WEICHIA HUANG

「去年の12月、今シーズンの広告キャンペーンの撮影のため、スペインのセビリアに。そこで現地の伝統衣装にすっかり魅了されてしまった。この帽子は、偶然見つけた創業120年の店で購入したもの」

画像6: COURTESY OF ULLA JOHNSON

COURTESY OF ULLA JOHNSON

「スイスの陶芸家、クリスチャンヌ・ペロションのトレイの上にあるのは、私がほぼ毎日身につけているアンティークジュエリー。特にジョージ王朝やエドワード王朝時代のダイヤモンドが好き。ネックレスと右上の指輪は1830年代の英国製。中央の彫金のイヤリングはインドのミッドセンチュリーのもので、見た目によらず軽量。ほかは約300年前にクロアチアのダルマチアで作られたもの」

画像7: COURTESY OF ULLA JOHNSON

COURTESY OF ULLA JOHNSON

「2020年春夏コレクションのファーストルック。胸元にドレープをきかせた黄土色とコーラル色のドレスで、インドの職人が貝殻の刺しゅうを手で施している。ビーズのバッグもマサイ族の女性たちのハンドメイド。ネックレスはジュエリーデザイナー、グレイン・モートンとのコラボレーション。このコレクション製作の原動力となったのは、人とのつながり。ここ数年、世界中で分断が起こるなか、ファッションがそれを良い方向に変えるきっかけになればいい」

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.