「ジル サンダー」の共同クリエイティブ・ディレクターを務めるルーシー&ルーク・メイヤー夫婦が愛するものをつまびらかに

BY LINDSAY TALBOT, TRANSLATED BY FUJIKO OKAMOTO

 ルーシー(39歳)&ルーク・メイヤー(45歳)はフィレンツェのポリモーダ・ファッションスクールで出会った。ルークはカナダのバンクーバー出身、当時はニューヨーク州立ファッション工科大学からの交換留学生だった。スイスのツェルマット出身のルーシーはファッション・マーケティングを学んでいた。夏休みのドライブ旅行をきっかけに、翌年からつき合いはじめたふたりは2007年に結婚。

画像: ルーク「オリヴィエ・ケルヴェルヌ撮影の私たち(2020年12月)。ルーシーはジル サンダー、私はOAMCとジル サンダーを着用。コム デ ギャル ソンやシュプリームの服もよく着ています」 © OLIVIER KERVERN

ルーク「オリヴィエ・ケルヴェルヌ撮影の私たち(2020年12月)。ルーシーはジル サンダー、私はOAMCとジル サンダーを着用。コム デ ギャル ソンやシュプリームの服もよく着ています」
© OLIVIER KERVERN

 ふたりは2017年からジル サンダーの共同クリエイティブ・ディレクターを務めている。現在のファッション界では夫婦がタッグを組むのは珍しい。ルークはシュプリームのクリエイティブ・ディレクターを8年務めた後、2014年にメンズウェアブランドOAMCを共同設立。ルーシーはマーク・ジェイコブス時代のルイ・ヴィトン、バレンシアガを経てディオールでデザインに携わった。

 ミラノに拠点を置くジル サンダーは、時代の変化の中で紆余曲折を乗り越えてきた。創業者のジル・サンダーは1968年にドイツのハンブルクに自身の名を冠したブランドを立ち上げたが、’99年にプラダグループに経営権を売却。続く14年間、サンダーは三度も同ブランドを去る決断をしている。ラフ・シモンズ(2005~2012)をはじめ、デザイナーの交代を何度か経て現在に至る。サンダーが80〜90年代に確立した“妥協のないミニマリズムのパイオニア”というアイデンティティは、メイヤー夫妻にも受け継がれている。「子どもの頃、母がよくジル サンダーの服を着ていました。それに影響を受けてファッションやデザインを学びたいと思ったのです」とルーシー。清教徒を思わせるシンプルなシャツドレスや端正なブレザーなどのブランドのシグネチャーをベースに、ふたりは心地よいコクーン風ケープや床まで届くマクラメ編み、クチュール級の素材と手仕事による装飾を加え、独自のモダンな感覚をプラスした。ルークは言う。「私たちが追求するのはミニマリズムではなく純粋な美なのです」

画像: COURTESY OF JIL SANDER

COURTESY OF JIL SANDER

ルーシー「2020-21年秋冬コレクションのお気に入りのルック。ダブルのウールパンツにレモン色のシルクモヘアのケープ。ふんわり巻きつくシルエットが手編みブランケットの温もりと心地よさを感じさせる」

画像1: COURTESY OF LUCIE AND LUKE MEIER

COURTESY OF LUCIE AND LUKE MEIER

ルーシー「故郷で両親が営むレストラン『Zum See』のトルテッローニ、セージバターソース。オープンしたのは36年前。マッターホルンのふもとの小さな集落にあり、ツェルマットの町が一望できる。自家菜園で穫れた食材を使い、パスタもジャムも自家製」

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.