さまざまな分野で活躍する“おやじ”たち。彼らがひと息つき、渋い顔を思わずほころばせる……そんな「おやつ」とはどんなもの? 偏愛する“ごほうびおやつ”と“ふだんのおやつ”からうかがい知る、男たちのおやつ事情と知られざるB面をお届け。連載第1回はモデルのリヒトさん

BY YUKINO HIROSAWA, PHOTOGRAPHS BY TAKASHI EHARA

 現在は、家族とともに米国・ポートランドに拠点を置き、月に約半分を東京で過ごすモデルのリヒトさん。じつは生まれも育ちも生粋の下町っ子だ。

「子どもの頃、明治生まれのおじいちゃん、おばあちゃんも一緒に暮らしていたからかな。おやつといえば、駄菓子はもちろん、芋けんぴにかりんとうに大学芋。あとは近所の和菓子屋さんのおまんじゅうやお団子、そこで売っているかんぴょう巻きまで。小さい頃から、“おやつの範ちゅうを超えたおやつ”が身の回りに山のようにありました。そのせいか、僕にとっておやつは主食と同じレベルで大切なもの。朝食にショートケーキも大歓迎なほど好きだけど、代謝が落ちて太りやすくなる年齢だし、仕事柄なかなか太れない。だから、一食の代わりに甘いものをいただくことも多いですね」

画像: ラ・メゾン・デュ・ショコラ「タマナコ」<16粒入り>¥5,500 ラ・メゾン・デュ・ショコラ 丸の内店 TEL. 03(3201)6006 公式サイト

ラ・メゾン・デュ・ショコラ「タマナコ」<16粒入り>¥5,500
ラ・メゾン・デュ・ショコラ 丸の内店
TEL. 03(3201)6006
公式サイト

 なかでもチョコレートには目がないそう。幼少期は、セロファンに包まれたキューブ状の「アルファベットチョコレート」と「霧の浮舟」のファン。大人になった今もチョコレート熱は冷めやらず、自分へのごほうびとして購入するのは、チョコレート愛好家が最終的にたどり着くといわれるショコラブランド、「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」だ。

「早朝から深夜までの撮影が4~5日続き、明日の撮影は午後からだからちょっと夜ふかししてもいい――そんな日は、表参道あたりでロケバスを降りようものなら、迷わずショップへ飛び込みます。ラ・メゾン・デュ・ショコラの『タマナコ』は、ベネズエラ産、マダガスカル産、ブラジル産、ドミニカ共和国産のカカオの食べ比べができる、ガナッシュチョコレート。ひとまず儀式的に目をつぶって“ほうほう、ベネズエラ産はこんな感じか”と香りを楽しみ、口の中に広がる甘さとともにやってくる酸味や苦味、余韻を、一粒ずつ隅から隅まで……。存分に味わい尽くすうち、結局どれもおいしいなと思い、完食する頃には多幸感で満たされるという(笑)」

画像: 「200g 亀田の柿の種 6袋詰」オープン価格 亀田製菓 お客様相談室 フリーダイヤル:0120-24-8880 公式サイト

「200g 亀田の柿の種 6袋詰」オープン価格
亀田製菓 お客様相談室
フリーダイヤル:0120-24-8880
公式サイト

 一方、毎日1袋のペースで消費している“ふだんのおやつ”は『亀田の柿の種』。東京にもポートランドの自宅にも大量にストックしてあるそうだ。

「子供の頃は家にあれば食べる程度だったのに、いつからこんなに好きになったんだろう? 6袋入りを近所のスーパーで大量に買い込むので、アメリカに戻るスーツケースの中でけっこうな面積を占めてます。それくらい、ないと困るものなんです。つまむのは、本を読みながら映画を観ながら、なんだか口寂しい夜。柿の種を優先したい日もあれば、ピーナッツ先行型の日もあり、一気にかき込みたい日もある。チョコレートも柿の種も、緑茶や玄米茶、『KUSMI TEA』のエクスピュア オリジナルかエクスピュア アディクトと合わせることが多いですね」

 おやつをこよなく愛するリヒトさんにとって、おやつとはどんな存在?
「わかってはいるけどやめられない。別れ話を切り出すけれど別れられない。40年近く“別れ話プレイ”を続けている――でもやっぱり好きで、顔が見たくなる。そんな存在、でしょうか(笑)」

画像: リヒト(RIHITO)さん 集英社UOMOの専属モデル。自身を“乙女おっさん”と称し、自身の インスタグラム では「#今日のおやつ報告」などを発信するお茶目な一面も。現在はポートランドと東京を行ったり来たりの生活 © NOVEMBERAGENCY

リヒト(RIHITO)さん
集英社UOMOの専属モデル。自身を“乙女おっさん”と称し、自身のインスタグラムでは「#今日のおやつ報告」などを発信するお茶目な一面も。現在はポートランドと東京を行ったり来たりの生活
© NOVEMBERAGENCY

 

This article is a sponsored article by
''.