稀代の‟おしゃれ食いしん坊‟で鳴らす、ライター・桂まり。趣味は世界各地に出向き、料理教室に行くこと。気ままな旅がままならぬ昨今も万全の配慮をしつつ、おいしいものの追求には余念なし。そんな彼女の「食いしん坊部」活動のご報告、第二回は「よく新しいお店のオススメを聞かれるのですが、最近出合った素敵なお店がこちら!」

BY MARI KATSURA

はちみつとの距離が縮まる癒しのカフェ、表参道「Tamitu(タミツ)」

 食いしん坊仲間に強力に推されてファンになった「Tamitu」。固まらず、溶けやすい独自製法のハーバルハニーで、炭酸で割っても美味、ドレッシングやお料理に使うとなんでも風味が増し、品格のある仕上がりに。厳選した純粋蜂蜜にハーブやスパイスを漬け込んでいるので、チャイやココアにももちろん合う。美味しいうえにミネラルや酵素たっぷりのはちみつとハーブの力で、心身の健やかさを楽しく育みたいもの。ここには、「暮らしに花を、私に蜜を。」という創業110年の水谷養蜂園の4代目の長女、水谷優理さんの想いが詰まってる。水谷さんの夢は、料理の「さしすせそ」を「はしすせそ」になるまで、はちみつを日本の暮らしに浸透させることだそう。そんなTamituのハーバルハニーを使ったメニューに癒されるカフェが7月16日にオープン。はちみつの未来の可能性までも味わえる新鮮なおいしさに出合える。場所は、表参道ジャイルの地下CIBONE CONNECT内。待ち合わせにも重宝しそう。トースト以外はテイクアウトもできる。

画像: タミツの4つのハーバルハニー。左から、ダマスクローズから採れた純粋はちみつにローズダマスクを中心に各種のハーブ・スパイスを調合した「美しさ」がテーマのHerbal Honey 000 ¥3,240、マヌカハニーにエルダーフラワーなどを配合した「プロテクト」がテーマのHerbal Honey 618 ¥3,888、ラベンダーの純粋はちみつにヒノキやカモミールを調合した「癒し」がテーマのHerbal honey 512 ¥3,888、台湾のロンガンのはちみつを用いた「エンパワー」がテーマのHerbal Honey 209は、この冬デビュー予定。写真の女性は水谷優理さんの祖母たみさん

タミツの4つのハーバルハニー。左から、ダマスクローズから採れた純粋はちみつにローズダマスクを中心に各種のハーブ・スパイスを調合した「美しさ」がテーマのHerbal Honey 000 ¥3,240、マヌカハニーにエルダーフラワーなどを配合した「プロテクト」がテーマのHerbal Honey 618 ¥3,888、ラベンダーの純粋はちみつにヒノキやカモミールを調合した「癒し」がテーマのHerbal honey 512 ¥3,888、台湾のロンガンのはちみつを用いた「エンパワー」がテーマのHerbal Honey 209は、この冬デビュー予定。写真の女性は水谷優理さんの祖母たみさん

画像: Tamituトーストは、パラリと散らした塩がアクセント。¥650 。はちみつは好みのものを選べる

Tamituトーストは、パラリと散らした塩がアクセント。¥650 。はちみつは好みのものを選べる

画像: アルゼンチン産百花蜜を練りこんだ濃厚なTamituソフトクリームも人気。¥650

アルゼンチン産百花蜜を練りこんだ濃厚なTamituソフトクリームも人気。¥650

画像: 炭酸水に、Herbal Honeyを加えて。「プロテクト」がテーマの618を加えるのが一番人気。ジンジャーエールのような爽やかな味わい。Tamituソーダ¥500

炭酸水に、Herbal Honeyを加えて。「プロテクト」がテーマの618を加えるのが一番人気。ジンジャーエールのような爽やかな味わい。Tamituソーダ¥500

画像: コーヒーは、はちみつの酸味とぶつからないよう、この店だけのために焙煎してもらったもの。驚くほどはちみつと合う。コーヒー¥400、Tamitu ショット(15g)追加 +¥100

コーヒーは、はちみつの酸味とぶつからないよう、この店だけのために焙煎してもらったもの。驚くほどはちみつと合う。コーヒー¥400、Tamitu ショット(15g)追加 +¥100

画像: ロシアで学び、バレリーナとしてドイツで活躍した水谷優理さん。代々産湯ははちみつ湯だという生粋のはちみつ伝道師だ

ロシアで学び、バレリーナとしてドイツで活躍した水谷優理さん。代々産湯ははちみつ湯だという生粋のはちみつ伝道師だ

画像: 空き瓶も愛らしく、花あしらいにも活躍

空き瓶も愛らしく、花あしらいにも活躍

画像: ハーバルハニーの製造ラボも兼ねたカフェ

ハーバルハニーの製造ラボも兼ねたカフェ

Tamitu(タミツ)
住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1 地下1階
営業時間:11:00~20:00
定休日:不定休 CIBONE CONNECTに準ずる
TEL.050-3553-1912(CIBONE CONNECT内)
公式サイトはこちら

桂まり
雑誌「SPUR」「eclat」などで、フード&トラベル、インタビュー記事を担当するライター。趣味は世界各国で料理教室に行くこと。温泉保養士。Instagramはこちら

桂まりの偏愛!食いしん坊部 一覧へ

T JAPAN web限定!
Amazonギフト券1万円プレゼント

応募する
 

LATEST

This article is a sponsored article by
''.