ゲルハルト・リヒターの近年の代表作《ビルケナウ》も初来日する大規模な個展、作品にさわって鑑賞できる彫刻展、ファッションブランド、ミントデザインズのデビュー20周年記念展。今週絶対に見るべき3つのエキシビションをピックアップ

BY MASANOBU MATSUMOTO

『ゲルハルト・リヒター展』|東京国立近代美術館

画像: (写真左から)《ビルケナウ(CR: 937-1)》、《ビルケナウ(CR: 937-2)》 2014年、油彩・キャンバス 各260×200㎝、ゲルハルト・リヒター財団蔵 © GERHARD RICHTER 2022 (07062022)

(写真左から)《ビルケナウ(CR: 937-1)》、《ビルケナウ(CR: 937-2)》
2014年、油彩・キャンバス 各260×200㎝、ゲルハルト・リヒター財団蔵
© GERHARD RICHTER 2022 (07062022)

 現代アート界の巨匠、ゲルハルト・リヒター。日本では16年ぶりとなる彼の大規模な個展が開幕した。見どころは4枚の巨大な抽象画からなる《ビルケナウ》。画題はアウシュビッツ第二強制収容所が置かれた村の名である。

 ドイツ生まれのリヒターにとって、長くホロコーストは重要なテーマであった。1957年に手がけた『アンネの日記』の挿絵にはじまり、ナチスの安楽死政策の犠牲になった伯母や戦死した叔父らの具象画なども制作。自身の創作源となってきた大量のイメージ素材を集めた「アトラス」にも、ホロコーストに関する写真が多数収録されている。《ビルケナウ》の下地にあるのは、収容所で囚人が隠し撮りした4枚の写真。リヒターはそれをキャンバスに転写したのち、絵の具を塗り広げ、こすったり、削ったりしてこの絵を完成させた。歴史的な大虐殺を実際に描くことは可能なのか、またどのように描くことができるのか──。絵画の可能性、また「見ること・見えること」を探求してきた彼のひとつの答えともいえる作品だ。

『ゲルハルト・リヒター展』
会期:~10月2日(日)
会場:東京国立近代美術館
住所:東京都千代田区北の丸公園3-1
開館時間:10:00~17:00(金・土曜は20:00まで)
※入館は閉館時間の30分前まで。
休館日:月曜(ただし7月18日、9月19日は開館)、7月19日(火)、9月20日(火)
料金:一般 ¥2,200、大学生 ¥1,200、高校生 ¥700
電話:050-5541-8600(ハローダイヤル)
公式サイトはこちら

『これってさわれるのかな?ー彫刻に触れる展覧会ー』|神奈川県立近代美術館 鎌倉別館

画像: オーギュスト・ロダン《花子のマスク》 1908年(1974年鋳造) ブロンズ 神奈川県立近代美術館蔵 COURTESY OF THE MUSEUM OF MODERN ART, KAMAKURA & HAYAMA

オーギュスト・ロダン《花子のマスク》
1908年(1974年鋳造) ブロンズ 神奈川県立近代美術館蔵
COURTESY OF THE MUSEUM OF MODERN ART, KAMAKURA & HAYAMA

 作品にふれてみたいーー。美術館を訪れたとき、そのような衝動に駆られることはないだろうか。本展は、神奈川県立近代美術館のコレクションする24点の作品を、さわりながら鑑賞できるというユニークな試みだ。実際には作品保護や感染症対策の観点から、美術館が用意するグローブを着用することになるが、一部、彫刻家・北川太郎による素手で触れられる作品も会場に並ぶ。

 主な出展作品は、オーギュスト・ロダンのブロンズ彫刻《花子のマスク》や木彫のレリーフで人物のいる風景を表現した土方久功の《ゆうべのアンニューイ》、真鍮にクロームメッキを施した湯原和夫の《四つの等しい形と一つのキューブ》など。全体的なシルエットやボリューム感、彫りなどのディテール、金属や木、石など素材がもたらす質感や温度ーー。ふれてみることで、そういった彫刻芸術の魅力をよりリアルに発見できるだろう。

『これってさわれるのかな?ー彫刻に触れる展覧会ー』
会期:6月11日(土)〜9月4日(日)
会場:神奈川県立近代美術館 鎌倉別館
住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下2-8-1
開館時間:9:30〜17:00 ※入場は閉館時間の30分前まで
休館日:月曜 ※7月18日は開館
入場料:一般 ¥250、20歳未満・学生  ¥150、65歳以上・高校生  ¥100
電話:0467-22-5000
公式サイトはこちら

ミントデザインズ20周年記念展覧会『ミントデザインズ大百科:Mintpedia』展|Spiral Garden

画像: 2011年春夏コレクションより COURTESY OF MINTDESIGNS

2011年春夏コレクションより
COURTESY OF MINTDESIGNS

 今年デビュー20周年を迎えたミントデザインズ。3歳から80歳までの人々が楽しめる――年齢、国籍、性別、サイズを超えたユニバーサルなデザインを提案し、流行に左右されないファッションの可能性を追求してきたブランドだ。コレクション以外でも、虎屋とコラボレーションした生菓子「ビードロ玉」や、全国510の図書館で働くスタッフ制服のデザインなど日常生活を豊かにするプロダクトを多数手がけてきた。

 本展は、タイトルの“大百科”のごとく20年間にわたるミントデザインズの仕事を読み解くもの。過去40シーズンのコレクションを年代、テーマ別に分けた映像コンテンツや実際のコレクションルックをはじめ、ブランドの真骨頂である150種類以上のグラフィックテキスタイルや紙製ボタンのアーカイブなどが会場に並び、ブランドの世界観や思考を多角的に解剖する。会期中には、これまで発表してきたコレクションから“ベスト20”として厳選したプリントドレスやオリジナル版画(限定20点)もオーダー形式で販売。会場のエントランスには限定グッズなどを扱うポップアップショップもオープンする。

ミントデザインズ20周年記念展覧会『ミントデザインズ大百科:Mintpedia』展
会期:〜6月19日(日)
会場:Spiral Garden
住所:東京都港区南青山5-6-23 Spiral 1F
開廊時間:11:00〜20:00
会期中無休
料金:無料
メール:info@mint-designs.com
公式サイトはこちら

※新型コロナウイルス感染予防に関する来館時の注意、最新情報は各施設の公式サイトを確認ください

T JAPAN web限定!
Amazonギフト券1万円プレゼント

応募する
 

LATEST

This article is a sponsored article by
''.