コルセットのようにフェイスラインを引き上げながらつけることで高い満足感が得られると評判の美容液「クレ・ド・ポー ボーテ セラムラフェルミサンS」を、各界で活躍する女性たちが体験レポート!

BY TERUNO TAIRA, PHOTOGRAPHS BY SHINSUKE SATO, HAIR & MAKEUP BY YURIKA NAKAMURA

 スタイリストとしてファッションに隙がないのはもちろんだが、一ツ山さんはいつもメイクアップを欠かさない。「私にとっては、メイクアップはアクセサリーと同じ。たとえば今日の服は80年代風ポップだから眉をちょっと太めに描こうとか、全身黒のコーディネイトだから真っ赤な口紅を、とか。スカーフを巻いたり帽子をかぶったりするのと変わらない、大事なおしゃれです」

 そしてスキンケアも「本当に大好き!」。オーガニックのものをいろいろ試し、30代後半でたるみが気になり始めてからは高機能化粧品に移行。クレ・ド・ポー ボーテのスキンケアを使い始めたのは数年前からだという。「やっぱり日本人の肌を知っているブランドという信頼感でしょうか。洗顔から化粧水、乳液、ベースメイクまでクレ・ド・ポー ボーテですが、本当に私の肌に合っているので、ほかのものに変えるのが怖いくらい」

画像: 「クレ・ド・ポー ボーテ 表参道ヒルズ店」では、肌のラディアンス測定を無料で体験することができる。専門のスタッフが機器を使って、肌の輝きを"色感"、"質感"、"はり感"の3つの指標で肌状態を測定

「クレ・ド・ポー ボーテ 表参道ヒルズ店」では、肌のラディアンス測定を無料で体験することができる。専門のスタッフが機器を使って、肌の輝きを"色感"、"質感"、"はり感"の3つの指標で肌状態を測定

 そんなクレ・ド・ポー ボーテ愛用者の一ツ山さんに、今回、初めてカウンターで肌測定を体験してもらった。表参道ヒルズの中にある「クレ・ド・ポー ボーテ」初の体験型ショップは、ブランドのラグジュアリーな世界観が凝縮されたパーソナルな空間だ。頬の下のファンデーションを落として専用の機器を肌に当て、“ラディアンス測定”にチャレンジ。結果は、担当してくれたパーソナルビューティスタイリスト(PBS)も「とてもきれいなお肌です」と驚く好評価に。

画像: ラディアンス測定後、PBSから測定結果にあわせたお手入れ法をアドバイス。フェイスラインのはりが弱まっているという一ツ山さんには、美容液「セラムラフェルミサンS」を使い、Vフォースシステムというお手入れ法を鏡を見ながら実践指導

ラディアンス測定後、PBSから測定結果にあわせたお手入れ法をアドバイス。フェイスラインのはりが弱まっているという一ツ山さんには、美容液「セラムラフェルミサンS」を使い、Vフォースシステムというお手入れ法を鏡を見ながら実践指導

「肌の質感や色感、ハリ感、どの数値も高く、水分量もじゅうぶんです。毎日のお手入れが行き届いていらっしゃいますね」。一方で、下頬のハリ感がやや低下しているというアドバイスも。“4Dはり美容液”とも呼ばれるクレ・ド・ポー ボーテの美容液「セラムラフェルミサンS」を使って、より効果を高めるためのお手入れ法「Vフォースシステム」を一緒に鏡を見ながら丁寧に実践。「ほんの少し試しただけで、肌が見違える!」と、一ツ山さんが驚くほどいきいきとした表情に。

 肌測定から約1カ月間、セラムラフェルミサンSを使い続けた一ツ山さんに、その使用実感を聞いてみた。「今までクレ・ド・ポー ボーテを愛用してきましたが、こんな感覚は初めて。とろんとしたテクスチャーが本当に心地よくて、大好きになりました。これだけ手ごたえがあるとお手入れも背筋がしゃんと伸びるというか(笑)、いつも以上に丁寧にスキンケアするようになったのもよかったかも。ふだん、夜のお手入れができないこともままあるので朝のケアをしっかりやるほうなのですが、使い始めて『これは!』と思ったので、このひと月は朝だけでなく夜のケアも頑張りました。おかげで、肌の状態もこれまでになく上々です」

画像: 「一日の終わりに、おいしい料理を仲間と楽しみ、おいしいお酒を飲むのが私のストレス発散法。日々、こまめにリセットです」という一ツ山さん。現場の仕事を続けていくために、体力づくりにも取り組んでいる

「一日の終わりに、おいしい料理を仲間と楽しみ、おいしいお酒を飲むのが私のストレス発散法。日々、こまめにリセットです」という一ツ山さん。現場の仕事を続けていくために、体力づくりにも取り組んでいる

 シュッとシャープなフェイスラインに、大ぶりのイヤリングが生える一ツ山さん。今後のエイジングケアについては「無理はしたくないですが、エイジングケアに関してはベストを尽くしたい」と語る。「女であることをあきらめたくない。肌に気を使えるぐらいの余裕のある生活を送ることが、結局、仕事もプライベートも整えていくことにつながると思うから。自分を俯瞰で見ることのできる、余裕を忘れずにいたいですね」

 誰の真似でもなく、“自己流”で輝かしいキャリアを築き上げてきた一ツ山さん。その中で培ってきた「本当に好きなもの、いいと思うものを選びとる」確かな目が、これからの仕事も人生も、さらに輝くものにしてくれるはずだ。

一ツ山 佳子(KEIKO HITOTSUYAMA)
1975年、静岡県生まれ。服飾専門学校の在学中から出版社の女性誌でアシスタントを始め、ファッションスタイリストに。徐々に仕事の幅を広げ、エディトリアルから広告、CMでも活躍。現在は、ブランドのアドバイザーや商品開発、トークイベントへの出演などファッションディレクターとしても多くの仕事に携わる。少女時代などアーティストのスタイリングや衣装制作も継続的に手がける。2014年に、ファッションコンサルティング&プロダクションカンパニー「SLITS Inc.」を設立

クレ・ド・ポー ボーテ セラムラフェルミサンS
(医薬部外品)<40g>¥30,000、レフィル<40g>¥29,500
エイジングサインの出やすい目の下、口もと、フェイスラインの肌にいきいきとしたはりを与え、すっきりと引き締まった印象の肌に導く「はり」のスペシャリスト。

クレ・ド・ポー ボーテの「ラディアンス測定」を
体験してみませんか?
全国のクレ・ド・ポー ボーテ カウンターでは、肌の輝きを「色感」「質感」「はり感」の3つの指標で測定する「ラディアンス測定」を無料で実施中(予約不要)。専門のスタッフからのお手入れのアドバイスとともに、肌状態に合わせたサンプルもプレゼント。クレ・ド・ポー ボーテの提案する”輝く肌”へのファーストステップに。

「Design My Life」インタビューVol.3
切絵アーティスト・福井利佐さんが語る「自分自身という“本体”を大切にする生き方」とは

「Deign My Life」体験レポート Vol.1
美容家ジャーナリスト 鵜飼香子さんが体験する“フェイスライン・コルセット美容”へ

「Deign My Life」体験レポート Vol.2
写真家 中川正子さんが体験する“フェイスライン・コルセット美容”へ

問い合わせ先
クレ・ド・ポー ボーテ
フリーダイヤル: 0120-81-4710(9:00 ~ 17:00/土・日・祝日を除く)
公式サイト

 

This article is a sponsored article by
''.