ニューノーマル時代のストレスを賢く軽減し、すこやかに朗らかに生きていく知恵を齋藤 薫が提言。リモートワーク&マスク生活にダブルで“大丈夫”を増やすアイテムを厳選紹介

BY KAORU SAITO, PHOTOGRAPHS BY KEVIN CHAN

 ほんの数カ月前「“マスクをしたままの接客”は是か非か?」という議論をしていたのが噓のよう。リモートワークもまさかの常識になりつつある。2020年は価値観が180度ひっくり返ると以前から言われていたが、まさかこんな形で現実となるとは! 当たり前が当たり前でなくなる事態は確かに人生観を根底から変えてしまう。つい最近“人生100年”の準備を始めましょうと提案したばかりなのに、それもある意味ペンディングになった気がしている。がんが不治の病でなくなったのも束の間、この感染症を乗り越えなければ、その先の未来は見えてこない。言うなればすべてがペンディング……。

 そういう意味での漠然とした不安が今、雨雲のように重たく頭の上にある状態。世界中が同じ環境下に置かれ、自粛生活もみな平等に求められたわけだから、不思議に孤独感はないけれど、心の向きによる個人差が生まれてくるのはむしろこれからなのだろう。前を向いて生きる人、後ろ向きになりがちな人。その差はとても大きい気がする。それを決定的にするもののひとつはやはり、新しい環境に対しての順応性。新しい生活にどれだけ積極的に挑めるかで未来が変わるのだ。

 たとえば、オンライン会議で相手の話に自分の声を重ねない、また逆に変な間があかないように配慮するような順応の仕方ができる人が、この先さらに好感度が増すのだろうし、美容的な順応もセンスのうち、早いに越したことはないが、正直、化粧品は開発にやはり最低1年はかかるだけに、市場
はまだコロナ対応になっていない。秋のコスメ市場は案の定、口紅が主役、しかもダーク系のカラーが主流と、マスク時代を大きくはずす結果になってしまった。

 しかし“新しい生活様式”も実際に始めてみないとわからないことだらけ。リモートでのオンライン会議はせいぜいがナチュラルメイクで乗りきると思われた女性たちが、次第にフルメイクして会議に臨むようになっている。なぜか? それこそ体験して初めて気づいたのは、よほど大きな会議でない限り、自分の顔も自分のPCにしっかりと映し出されること。そもそもそういう形で自分自身を見せられた経験がなかった人がほとんどだから、みな戸惑った。鏡に映る自分とPC画面に映る自分の落差に驚いてみたり、当然隠れると思っていたシミやシワやクマがしっかり映し出されることに息を呑んだり。いずれにせよ、自分はこんな顔して話すのかと、少なからずショックを受けているはず。そこで改めて、欠点カバーや、きれいに見えるメイクを慌てて研究してみたりしている自分に逆に驚いている人が少なくないのかもしれない。

コロナ禍を予知していたような落ちないリップという救世主

画像1: 新しい日常を美しく生き抜く、
美容の知恵
BY 齋藤 薫 <Vol.8>

(左より)
シャネル ルージュ アリュール ラック各¥4,200<#64 エグジジャンス、#62 スティル>
まるでコロナ禍に合わせるように絶好のタイミングでデビューを果たしたのは、一度軽くティッシュで押さえればまず二次付着しない進化系リキッドルージュ。これなら深紅の唇さえ諦めずにマスク時代を生き抜ける。

シャネル カスタマーケア
フリーダイヤル:0120-525-519
公式サイト

Amplitude クリア リップコート¥3,300
まさにネイルのトップコートのよう。どんな口紅も質感ごとマジカルキープ、長時間落ちにくくする。乾いてしまえばマスクもできる、マスク時代の救世主だ。エナメルのような膜で、リップラインまでクリアに美しくコーティング。グロス代わりにも。

Amplitude
フルーダイヤル:0120-781-811
公式サイト

スキンケアしながら欠点カバー
両ハイブリッド面美容こそリモートの鍵!

画像2: 新しい日常を美しく生き抜く、
美容の知恵
BY 齋藤 薫 <Vol.8>

(左より)
アルビオン エクサージュホワイト ホワイトニング パウダー<医薬部外品>¥5,000
スキンケアでもあり、おしろいでもある第三のカテゴリー。美白しながら肌を明るく均一に見せるハイブリッドな働きは化粧品の未来系。マスクメイクにもリモートメイクにも、この時期、大活躍するはずだ。

アルビオン
フリーダイヤル:0120-114-225
公式サイト

米肌 つやしずく スキンケアコンシーラー<4.5g>01・02・03・04 各¥3,000
スッピンのふりするオンライン会議も肌の欠点だけは隠しておきたい。シミ、シワ、クマにくすみ、血行悩みまで、見た目のトラブルをカバーしつつ、それぞれの肌悩みに内側にも働きかける次世代コンシーラー。

コーセープロビジョン
フリーダイヤル:0120-018-755
公式サイト

まつ毛は人知れずにすくすく、
眉毛はマスク顔の勝負の要

画像3: 新しい日常を美しく生き抜く、
美容の知恵
BY 齋藤 薫 <Vol.8>

(左より)
スカルプD ボーテ ピュアフリーアイラッシュセラム プレミアム¥3,204
リモート中は日中もまつ毛ケア。それならばハリ・コシが出ると定評ある最大評価のこの逸品!! まつ毛ケア成分は通常の2倍※1配合。上向きカール※2もつくってくれて目もとケアもする。ふわふわチップだから根元から塗っても痛くない、といいことずくめ。
※1 「ピュアフリーアイラッシュセラム」と比較
※2 メイク効果による

アンファー
フリーダイヤル:0120-722-002
公式サイト

イプサ アイブロウ クリエイティブパレット¥4,200
マスク顔のマストアイテムはこの眉づくりの傑作パレット。なぜオレンジや赤があるの? と言うかもしれないが、まさにこれが見事な仕事をし、眉色の柔らかさやふわっとした眉毛の自然な立体感をつくってくれる。4種のブラシも用途別で有難い。

イプサ
フリーダイヤル:0120-523543
公式サイト

 かくして体験してみて初めてわかることも含め、リモートワーク時代の美容には何が必要なのか、マスク必須のメイクには何が必要なのか、いち早く対応するべくここで検証してみたい。たとえばマスク装着時に目もとが目立つのはわかっていたが、アイシャドウに凝るというより、眉毛やまつ毛を美しく保つ方が大切ということに気づいたりする。またリモートワークは日中もスキンケアタイムにしてくれることから、メイクでありスキンケアでもあるハイブリッドな未来の化粧品が早くも日常的な定番になりそうだ。一方で、以前よりも小金を使わなくなった女性たちは、高級コスメの部類に入るスキンケアも臆せずに求めるようになったとも聞く。どちらにせよ“洗う”から“潤す”まで、また髪から体、手や爪と隅々に至るまで、一つ一つのお手入れを丁寧に行うだけで、この時期、花がしぼむように急に衰える“コロナ枯れ”は防げるはず。

 

This article is a sponsored article by
''.