作家のイアン・マキューアンとアナレーナ・マカフィー夫妻がイングランド中央部の丘陵地帯につくりあげた庭園は、自然の喜びに満ちあふれている

BY MARY KAYE SCHILLING, PHOTOGRAPHS BY RICARDO LABOUGLE, TRANSLATED BY FUJIKO OKAMOTO

 ニュージーランドでは、人間より羊の数がほうが多いといわれるが、何世紀にもわたって羊毛産業の中心地として栄えた、イングランド中央部のコッツウォルズもかつては同じだった。曲がりくねった道沿いの、高い生け垣越しに見える独特の切妻屋根の瀟洒(しょうしゃ)なマナーハウスは、かつて羊毛取引で途方もない富を築いた商人たちが建てたものだ。

画像: コッツウォルズの9エーカーもある敷地の生け垣で仕切られたスペース。 マキューアンとマカフィーがつくった楽しげな花壇には、 ジギタリスやハゴロモグサ、アイリス、アリウム、カラマツソウが ところ狭しと咲き乱れている

コッツウォルズの9エーカーもある敷地の生け垣で仕切られたスペース。
マキューアンとマカフィーがつくった楽しげな花壇には、
ジギタリスやハゴロモグサ、アイリス、アリウム、カラマツソウが
ところ狭しと咲き乱れている

 12~16世紀頃の中期英語で「羊の囲いのある緩やかな丘陵地帯」を意味するコッツウォルズは『ハリー・ポッター』の舞台としても知られ、中世にタイムスリップしたような感覚にとらわれる、牧歌的な農村地帯だ。非国教徒のプロテスタントの伝統が根づき、織物工場が閉鎖されたあとの質素な暮らしぶりがうかがえる。かつての繁栄を偲ばせるマナーハウスや、ロンドンの富裕層が週末に訪れる観光名所は今も残っている。だが、地元の英雄として愛され続けるコッツウォルズ出身の詩人ローリー・リーが少年時代の思い出を綴った『ロージーとリンゴ酒』(1959年)(英国の多くの学校の必読書)に描かれているような魅力あふれる景観は、耕作地を拡大させたせいで損なわれてしまった。

 ありのままの自然の美しさをこよなく愛する作家のイアン・マキューアンは、多くの牧草地や生け垣が破壊されてしまったコッツウォルズ地方の現状に、警鐘を鳴らしていた。マキューアンと、妻のジャーナリストで作家のアナレーナ・マカフィーは、手つかずの自然に囲まれたカントリーハウスをかれこれ8年も探し続けていた。候補地を探してあちこち旅して回った夫妻は、“無神経な再生計画のもとで、古きよきイングランドの田園地帯の魅力が失われてしまった”ことに気づいたという。

画像: マキューアンとマカフィーが2012年から所有しているマナーハウス。 ツルバラが中庭の石壁に絡まっている

マキューアンとマカフィーが2012年から所有しているマナーハウス。
ツルバラが中庭の石壁に絡まっている

 16世紀に建てられたある邸宅に最後の望みを託してコッツウォルズまでやってきた夫妻だったが、そのインテリアにはがっかりさせられた。ロンドンへ車で帰る道すがら、マキューアンはふと衝動に駆られ狭い道のほうへ曲がった。そこに、希望が待ち受けていた。熱心なハイカーでもあるふたりは常に新しい道を探し求めている。道を曲がったとたん、左手に見えたのは、地元で採石されるライムストーン(石灰岩)でつくられた大きなマナーハウスだった。朝日や夕日を浴びて黄色みを帯びた蜂蜜色に輝く、エレガントなライムストーンに三つの切妻屋根。木々の間から大きな窓と高い天井の部屋が見える。屋敷の向こうにはなだらかな斜面が牧草地や森へ続いている。ふたりは同時に叫んだ。「まさに探していた家だ」。その家が近々売りに出される予定だと知ったのは翌日のこと。2012年、夫妻はその屋敷を手に入れた。

 

This article is a sponsored article by
''.