バルテュスの娘であるジュエリー・デザイナーが歴史的価値のあるスイスの山荘での夢のような生活と非凡な少女時代の思い出を振り返る

BY HILARY MOSS, TRANSLATED BY MAKIKO HARAGA

 ハルミ・クロソフスカ・ド・ローラが最初に住んだ家は、ボルゲーゼ公園のはずれにある広大なルネサンス様式のヴィラ・メディチだ。1960年代初頭から70年代末まで、バルテュスの名で知られる父、画家のバルタザール・クロソフスカ・ド・ローラが館長を務めた在ローマ・フランス・アカデミーの居宅である。現在40代の彼女は当時、淡いピンクの石や青緑のモザイクのガラス片など、父に見せる宝物を探して庭を歩き回った。のちに、父がそれを全部ベッド脇のいちばん上の引き出しにしまっていたことを知った。
 ショパールやブシュロン、自身のコレクションでハイジュエリーを手がけるデザイナーの、遊び心と東洋的な洗練を備えた幻想的な美学はこうした体験によって育まれた。彼女が5歳のとき、バルテュスのアカデミーでの任期が終了し、一家はスイスのロシニエール村にあるグラン・シャレに居を移した。1700年代半ばに造られた、欧州最大の木造住宅のひとつである。彼女は今もここで、パートナーで写真家のブノワ・ペヴェレリとふたりの息子たち、母の節子・クロソフスカ・ド・ローラ―日本生まれの画家で、バルテュスより34歳年下―とともに暮らし、仕事をしている。父が1967年に購入し、今は異母兄であるスタニスラスが住む中世イタリアの古城「モンテカルヴェッロ城」にも、一家は時折滞在する。

画像: 「2013年、グラン・シャレの前でパートナーのブノワが撮影した写真。父が買う前、ここはホテルでした。何千冊もの本や、イギリス人宿泊客の古いスキー板が今も残っています。母もブノワも私も、ここにおのおののアトリエを持っています。都会のアパートメントみたいに、ひそやかに歩くみんなの足音が聞こえます」 PHOTOGRAPH BY BENOÎT PEVERELLI

「2013年、グラン・シャレの前でパートナーのブノワが撮影した写真。父が買う前、ここはホテルでした。何千冊もの本や、イギリス人宿泊客の古いスキー板が今も残っています。母もブノワも私も、ここにおのおののアトリエを持っています。都会のアパートメントみたいに、ひそやかに歩くみんなの足音が聞こえます」
PHOTOGRAPH BY BENOÎT PEVERELLI

 子どもの頃、スイスの大きな山荘には芸術家や映画監督や粋な文化人がひっきりなしに訪ねてきた。アンリ・カルティエ=ブレッソンに撮影してもらい、フェデリコ・フェリーニとお茶を飲み、デヴィッド・ボウイが父にインタビューするのを見たりもした。彼女の宝物のひとつである珊瑚とシルバーのカフスは、イヴ・サンローランのミューズであり、もうひとりの異母兄タデの妻だったルル・ドゥ・ラ・ファレーズから12歳のときにもらったものだ。

 クロソフスカのデザインは緻密な下絵から始まる。山荘の曲がりくねった小径を延々と歩きながら、日本人の美学「わび・さび」―不完全の美について静かに考える。「私はずっと、宙に浮かんだ世界で生きています」と彼女は言う。「私のホロスコープを作ってもらったら、土のエレメントがひとつもなかった。水と火と風はあるのに。これはとても珍しいことなんです」

画像1: COURTESY OF HARUMI KLOSSOWSKA

COURTESY OF HARUMI KLOSSOWSKA

「机の上にあるのは私が描いたもの。パンサーは油絵の具、それ以外は金銅です。こういう作品は集中するのに時間がかかり、少しでも気が散るとダメ。オブジェは手を止めるのも再開するのもラクだけど、それとは勝手が違います。真っ白い紙と向き合うと、ぐずぐずしてしまいがちです」

画像1: PHOTOGRAPH BY BENOÎT PEVERELLI

PHOTOGRAPH BY BENOÎT PEVERELLI

「私の母と、彼女のヨガの師だった中村天風先生。母は7歳くらいのとき、 あやうく結核で命を落とすところでしたが、先生が治してくださいました」

 

This article is a sponsored article by
''.