OGATA Paris
ーー パリの空間に映る
日本の食とデザインの粋

The Best of Japanese Dining and Design, Under One Parisian Roof
パリという“場”を敬いながら、真の日本の心を届ける「OGATA Paris」。そこは茶房や和菓子ブティックなどで構成された、複合的な空間だ

BY THOMAS CHATTERTON WILLIAMS,PHOTOGRAPHS BY JOANN PAI, TRANSLATED BY KANAE HASEGAWA

 モードな薫りが漂うパリのマレ地区、ヴィエイユ・ドゥ・タンプル通りからはずれた路地に、以前は金物店が入っていた17世紀の壮麗な建物が建つ。その中に、東京を拠点とする建築家であり、デザイナー、レストランオーナー、そして食の表現者である緒方慎一郎による最新のプロジェクト「OGATA Paris」が完成した。オープンしたての店内には、ティーブティックから茶房、フルサービスのレストラン、和菓子ブティック、バー、オープン予定のギャラリー、そしてクラフトと生活道具を扱うブティックなどが、数フロアにわたって広がっている。この空間は一人の男性が考える“日本の粋”を表現した見事な作品であり、ここではカクテルからそれを出すグラスに至るまで、細部にわたりおおよそすべてを緒方自身がデザインしている。

画像: OGATA Parisのアトリウムのような中央ホール。階段のオーク材の踏板には日本の伝統的な木工技法である名栗(なぐり)加工が施され、手作業で削り上げられている

OGATA Parisのアトリウムのような中央ホール。階段のオーク材の踏板には日本の伝統的な木工技法である名栗(なぐり)加工が施され、手作業で削り上げられている

 緒方にとって単独ではフランス初進出の場ではあるものの、隅々にわたって美と調和を求める徹底した姿勢は、緒方がこれまで追求してきたプロジェクト、東京・目黒区の住宅街の、梅の木々に囲まれた庭にこしらえた和食店や、非木材の竹とサトウキビ繊維のバガスを原料に使った、磁器のように薄く洗練された紙の器コレクションなどにも一貫して見られるものだ。まだ工事中の現場で施工業者たちがのこぎりを動かし、やすりをかけ、ハンマーをたたき、金属を溶接する中を歩きながら、緒方はおもむろに立ち止まり、30席の茶房の姿が立ち現れつつある地下へと続く階段の、ざらついた石灰岩の表面に手を走らせた。「この石は元からあったものです」と通訳を介して緒方は話す。「押しつけがましくならないように、フランスの一部を残すことはとても重要です。私にとってフランスは“外”の存在であり、私たちは空間を借りてその内部に日本をつくり出すのです」

画像: プロジェクトの中心人物、緒方慎一郎。エントランスホールからつながる部屋にしつらえた伊達冠石(だてかんむりいし)から切り出した手水鉢にもたれて

プロジェクトの中心人物、緒方慎一郎。エントランスホールからつながる部屋にしつらえた伊達冠石(だてかんむりいし)から切り出した手水鉢にもたれて

 この“借景”、すなわち“景観を借りる”という概念は何世紀も前の中国における庭園づくりの本質をなすものだ。たとえば湖や遠くに見える山頂といった、背後にある景観の不変の要素を、人間がつくり出した前景となじむように、自然な形で取り込むという考えだ。1960年代、モダニズムを標榜する建築家たちが建物の内と外の境界をあいまいにするようになると、“借景”は本来の庭園づくりの概念から、現代日本のデザインを表すものへと解釈が変わっていった。

 緒方はOGATA Parisにおいてその解釈をさらに広げて、建築物という“場”そのものに当てはめた。それは元ある建物の構造を借りつつ、フランス建築に対する自分なりの解釈を加えることを意味する。茶房に隣接し、ゆくゆくはお香を焚(た)いて聞くスペースになるホールでは、フランスの祖母の家のキッチンで見かけるような六角形のタイルを敷き詰めた床を、ひとりの作業員がかがみ込んで磨いている。しかしタイルそのものはフランスでなじみのレンガ色ではない。緒方が選んだのはコンクリートのように飾り気のないグレーのタイルだ。

 

This article is a sponsored article by
''.