京都生まれの京都育ちの食いしん坊、京都でおいしいものに出合いたければ、この人に聞けばハズレなし!と、長きにわたり業界の人々が厚い信頼を寄せる、アマジュンこと天野準子さん。今昔とりまぜ、京都ならではの絶品満腹口福アドレスを教えてもらいます

TEXT & PHOTOGRAPHS BY JUNKO AMANO

和食

御所南「ととよし」

画像: ¥13,000のコースは水物を含む10品前後。炭火で焼いた香ばしさと柚子の香りが鼻をくすぐる、カマスの柚庵焼

¥13,000のコースは水物を含む10品前後。炭火で焼いた香ばしさと柚子の香りが鼻をくすぐる、カマスの柚庵焼

 三条新町のバー「酒陶 柳野」の新展開となる「ととよし」。「バーが開いた和食店!?」と驚かれるかもしれないが、「酒陶 柳野」は奥の厨房に料理人が控えているバーである。カウンターには酒瓶ひとつなく、土壁には花一輪が掛けられた、まるで茶室のようなミニマルな空間ながら、「きずし(鯖の酢〆)が食べたい」、「今日のお勧めの天ぷらを」などと言うと、奥から運ばれてくる。さらに予約すればコース料理をいただくことも。「ととよし」は、「酒陶 柳野」で10年以上勤めた料理人、杉井雄大さんが店長を務めている。

“和食”と一口に言っても、雅やかな懐石料理もあれば、イノベーティブ系日本料理もあり幅広いが、「ととよし」は毎年その時期が来たら京都で食べたくなる旬の料理と食材を大切にした正統派和食店だ。

「冬になったらかぶら蒸し、夏が来たら鱧が食べたなるでしょ。奇をてらわず、旬の食材をシンプルな調理法で、素材のおいしさを伝えていきたいです」と、杉井さん。

画像: カウンター6席のみのプライベート空間。町家を改装し「酒陶 柳野」同様、京都の割烹や飲食店を手掛ける木島徹さんによる設計

カウンター6席のみのプライベート空間。町家を改装し「酒陶 柳野」同様、京都の割烹や飲食店を手掛ける木島徹さんによる設計

ととよし
住所:京都市中京区竹屋町通寺町西入ル甘露町666
営業時間:17:00~22:00
定休日:水曜、他不定休あり
TEL. 075-741-6434

ととよしの情報をもっと見る>

下木屋町の「suba」

画像: 紅しょうがと白味噌のペーストを添えた「国産牛ホルモンと黄ニラのそば」¥1,300

紅しょうがと白味噌のペーストを添えた「国産牛ホルモンと黄ニラのそば」¥1,300

 2021年大晦日にオープンして以来、連日賑わう立ち食いそば店「suba」。京都でわざわざ立ち食いそば?と思う方もいると思いますが、京都に来た友人たちが、食いしん坊のみならず、感度の高い大人たちもこぞって”今、行きたい店”として名前を挙げる話題の店です。

画像: 簡素ながら目を惹く店構え

簡素ながら目を惹く店構え

 店を開いたのは京都で飲食店を展開する鈴木弘二さん。食×カルチャーの融合を得意とし、7年前に開いた「sour」はフレッシュフルーツを使ったサワーブームの火付け役となり、東京のアパレルショップやホテルなどでもポップアップショップが開催されるほど話題になりました。

suba(すば)
住所:京都市下京区木屋町通松原上る美濃屋町182番地10東
営業時間:12:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:不定休
TEL. 075-708-5623
公式インスタグラムはこちら

subaの情報をもっと見る>

御所南「而今 平たて」

画像: デザートに見えて実は白和え。季節の白和えはフルーツや野菜をかえて毎日オンリスト。豆腐を攪拌した後、裏ごしし、クリームのようなふわふわの口当たり。この日は、イチゴとうるい¥1,200

デザートに見えて実は白和え。季節の白和えはフルーツや野菜をかえて毎日オンリスト。豆腐を攪拌した後、裏ごしし、クリームのようなふわふわの口当たり。この日は、イチゴとうるい¥1,200

 京都には値段もスタイルもさまざまに星の数ほど和食店があり、「和食のオススメ店は?」と、ばっくり質問されると正直、答えるのが難しい。今回紹介する「而今 平たて」は、「昔ながらの割烹のように店主と相談しながら好きなものをいろいろ食べたい」という方や、日帰り出張や旅の最終日にディナーを早めにとりたい方にぴったりな一軒です。

画像: お客さんに合わせて料理の内容や量を柔軟に対応する店主・平舘亮祐さん

お客さんに合わせて料理の内容や量を柔軟に対応する店主・平舘亮祐さん

 店は、15時からオープンという割烹には珍しい営業時間に。15時から17時は”酒と肴”の時間、17時以降は”一品料理とおまかせコース”の時間と銘打っているが、15時から17時はコースがいただけないだけで、一品料理に関しては夜と同じラインナップになっている。「早い時間は一品料理をアテに軽く一杯という酒場遣いでも来て欲しい」という思いから、”酒と肴”とあえて謳っているそう。
 店主・平舘亮祐さんは、昨年4月に独立する前は、先斗町の名割烹「余志屋」で別館の料理長を任されていた和食歴18年の料理人だ。

而今 平たて(じこん ひらたて)
住所:京都市中京区車屋通夷川上ル少将井御旅町352の1
営業時間:酒と肴15:00~17:00、一品料理とおまかせコース17:00~(L.O.21:00)
定休日:月曜(月1回連休あり)
TEL. 075-221-2288
おまかせコース¥14,300~(前日までの要予約)
公式インスタグラムはこちら

而今 平たての情報をもっと見る>

四条河原町「志る幸」

画像: 山芋の中でもコクと粘りのある大和芋をすりおろし、名前の通り、椀にポトンと落として、白味噌仕立ての吸地をはった「おとしいもの白味噌椀」¥900

山芋の中でもコクと粘りのある大和芋をすりおろし、名前の通り、椀にポトンと落として、白味噌仕立ての吸地をはった「おとしいもの白味噌椀」¥900

「志る幸」は、昭和7年創業、旅行者にも人気の和食店だ。かやくごはんやサワラの幽庵焼、若鶏のうま煮、半熟卵など茶事風の点心「利久辨當」は食べたことがある方も多と思うが、次回訪れた際は、ぜひ「利久辨當」に付いている汁ものをアップグレードしてみてほしい。

「志る幸(しるこう)」とい店名は、昔、客がめいめいに飯を持って寄り合い、主人が汁ものを用意して行った宴「汁講」に由来。もてなしの気持ちをただ一杯の汁に込めた日本古来の風習を大切に、店でも汁ものに力を入れている。具材は季節がわりを含め10種類以上から選べ、白味噌、赤味噌、合わせ味噌、すましから選ぶことができる。

画像: 「利久辨當」¥3,000。白味噌椀の具材を豆腐から「おとしいも」に変更した場合¥3,700

「利久辨當」¥3,000。白味噌椀の具材を豆腐から「おとしいも」に変更した場合¥3,700

「志る幸」
住所:京都市下京区四条河原町上ル一筋目東入ル
営業時間:11:30~最終入店14:00、17:00〜最終入店20:00
定休日:水曜、火曜夜
TEL. 075-221-3250

志る幸の情報をもっと見る>

四条堺町「千丸屋」

画像: 「大名物 湯葉鍋」¥2,400。炊き込みごはん、ゆば汁が付く

「大名物 湯葉鍋」¥2,400。炊き込みごはん、ゆば汁が付く

「千丸屋」は文化元年(1804年)創業、京都の各宗総本山御用達の湯葉の老舗だ。もともと食事処はなく、物販のみだったが、6年前から売り場内にイートインスペースを設け、「大名物 湯葉鍋」が始められた。

 テーブルに運ばれてきた湯葉鍋のフタを開くと、平べったい湯葉が鍋一面を覆っているそのビジュアルに驚かされる。ぐつぐつ煮えた出汁と湯気で湯葉が膨れ上がる様子も楽しく、動画を撮る人も多いそう。

画像: 鍋の具材がまったく見えない湯葉で覆われた鍋

鍋の具材がまったく見えない湯葉で覆われた鍋

 最近は、刺身のようにいただく生湯葉が人気だが、古くから精進料理や京料理で使われていたのは乾燥湯葉であり、こちらの鍋に入っているのもすべて乾燥湯葉だ。

 京都の家庭でも、卵と炊いたり、魚や野菜と炊き合わせにしたり、昔は食卓に登場していたが、最近は乾燥湯葉離れが進んでいる。
「千丸屋」で湯葉鍋を提供するようになったのも「どうやって食べたらいいかわからない」「味の想像がつかない」という声が多かったことがきっかけだそう。 
 
 呉汁(豆乳)を加熱し、表面にできた薄い膜を職人さんが一枚一枚、引き上げ、乾燥し・・・未だに手作業で作られる京湯葉は、薄く、口当たりも滑らか。ぐつぐつ炊けば、出汁をぐんぐん吸い、合わせる具材や調味料で味が変化していくのもおもしろい。

「千丸屋」
住所:京都市中京区堺町通四条上ル八百屋町541
営業時間:10:00~18:00(イートインは10:30~15:00)
定休日:水曜
TEL. 075-221-0555
公式サイトはこちら

千丸屋の情報をもっと見る>

御所南「末廣」の蒸し寿司

画像: カニ身や穴子がのった豪華版、「末廣」の蒸し寿司・上¥2,310(11/1~3/31)

カニ身や穴子がのった豪華版、「末廣」の蒸し寿司・上¥2,310(11/1~3/31)

 京都人が冬になると食べたくなるものと言えば「蒸し寿司」。棒寿司や巻き寿司を出す京寿司の名店では冬になると登場するメニューで、200年の歴史を持つ「末廣」でも毎年11月から3月まで提供されている。

 蒸し寿司を知らない遠方からの客人に「ちらし寿司を蒸したもの」と簡単に説明すると、たいていの人が「熱々の酢飯っておいしいの?」と、実際食べるまではおっかなびっくりだったりだ。

 末廣の酢飯はもともと酢がきつくなく、甘みもある優しい味わいが特徴。さらに一晩冷蔵庫で寝かせることで、酢の角が取れ、温かくしても、ツンと鼻を差すような刺激はなく、むしろまろやかな香りに食欲がそそられる。

 テーブルに運ばれた丼の蓋を開けると、湯気がふわりと立ち上り、錦糸玉子の上には、海老や生麩、桜でんぶなど、色とりどりの具材がのっていて、箸を入れると、錦糸玉子の下からは刻んだ焼き穴子と酢飯が現れる。酢飯自体にも、干瓢としいたけを甘辛く炊いたものやイカのそぼろ、キクラゲが混ざっていて、それだけでいただいてもおいしく、錦糸玉子や焼き穴子、トッピングされた具材と一緒に食べると、一口ごとに違った味のコンビネーションが生まれる。

画像: イートインは6席のみ。何十年と変わっていないノスタルジックな雰囲気がたまらない

イートインは6席のみ。何十年と変わっていないノスタルジックな雰囲気がたまらない

末廣
住所:京都府京都市中京区寺町通二条上ル要法寺前町711
営業時間:11:00~18:00(イートインはL.O.15:00)
定休日:月・火曜
TEL. 075(231)1353
公式サイトはこちら

末廣の情報をもっと見る>

お弁当・手土産

五条富小路「アロウネノ」のうね乃弁当

画像: ふたを開けると、だし巻き玉子が1本まるごと現れる。「うね乃弁当」¥1,620

ふたを開けると、だし巻き玉子が1本まるごと現れる。「うね乃弁当」¥1,620

 平湯葉をめくると、鶏のつみれや野菜、形や巻き方が違う3種類の湯葉が現れる。出汁自体には調味料で味をつけず、昆布出汁でシンプルに炊かれていて、昆布の旨みを吸った湯葉は、甘めの醬油出汁と相性抜群だ。また、昆布出汁を入れた深皿も用意されていて、塩を加え、湯葉をくぐらせて食べるとよりさっぱり。湯葉のおいしさをダイレクトに味わえる。

「うね乃」は創業以来120年、添加物を一切使わず、昆布や鰹節といった上質な天然だし一筋の老舗である。販売されている惣菜やお弁当もすべて無添加だ。さらに、商品すべてに天然の旨みが詰まっただしが惜しみなく使用されている。

画像: すべての商品に天然だしを使用。だしの老舗だからなせる技

すべての商品に天然だしを使用。だしの老舗だからなせる技

 おひたしや煮炊きものなど、京都の家庭で昔から食べられているおばんざいもあれば、洋食惣菜もラインアップ。メンチカツやポテトコロッケ、ハンバーグにもだしが使われていて、旨みの底上げがされている。

アロウネノ(ALLOUNENO)
住所:京都市下京区本塩竈町557メゾンドール五条1F 
営業時間:11:00~20:00
定休日:火曜
TEL. 075-354-1600
公式インスタグラムはこちら

アロウネノの情報をもっと見る>

烏丸「YOLOs(ヨロズ)」

画像: 「YOLOs」は”You Only Live Once”を略した言葉。「人生は一度きり。食事は1日3回きり。だったら愉しみましょう」という想いが込められている

「YOLOs」は”You Only Live Once”を略した言葉。「人生は一度きり。食事は1日3回きり。だったら愉しみましょう」という想いが込められている

 2022年7月にオープンした食のセレクトショップ「YOLOs」。実はこちらは、小説家の原田マハさんが発起人となり、5人の食いしん坊仲間によって開かれた店だ。

 コロナ禍で外出がままならなくなった時、家族と囲む食卓やひとりで嗜むワイン、ちょっとご褒美なスイーツなど、「世界を元気にするのはうまいものなんだ」と実感したことが店をオープンするきっかけになったそう。
 扱う商品はすべて、ストーリーがある、人に贈った時や食卓を囲んだ際に会話が生まれるものに。

画像: 「食堂おがわ」の柚子胡椒。辛いだけでなく、柚子の風味がしっかり楽しめる澄んだ味わい柚子胡椒¥1,200

「食堂おがわ」の柚子胡椒。辛いだけでなく、柚子の風味がしっかり楽しめる澄んだ味わい柚子胡椒¥1,200

 京都屈指の予約が取れない店「食堂おがわ」の柚子胡椒をはじめ、レアな京都土産も見つかる。なかでも、日本料理「木山」がYOLOsのために作るソフトクッキーは週1回、金曜のみ数量限定で入荷する逸品だ。

YOLOs(よろず)
住所:京都市中京区蛸薬師通烏丸西入ル橋弁慶町228 101号
営業時間:11:00~19:00
定休日:月曜、他不定休あり
TEL.075-252-5900
公式サイトはこちら

YOLOsの情報をもっと見る>

洋食

清水五条「洋食屋なかご」

画像: 「ふくどめ小牧場・幸福豚と国産牛のハンバーグ」150g¥2,250。ボリュームはフライパンに入りきる300gまで増やすことができる

「ふくどめ小牧場・幸福豚と国産牛のハンバーグ」150g¥2,250。ボリュームはフライパンに入りきる300gまで増やすことができる

 ハンバーグを見て、「むむ、もしやこれは?」と思われた方がいれば、それはかなりの京都通!「洋食屋なかご」は、2019年に惜しまれつつ閉店した「ビストロ セプト」の料理長・松本奈火吾さんが開かれた店であり、細長い形のハンバーグにたっぷりのマッシュポテトを添え、黒々としたデミグラスソースがかかったスタイルも、「ビストロ セプト」譲りだ。

「洋食おがたのハンバーグかと思った」という方もご名答!「ビストロ セプト」は、全国からグルマンが訪れる上等洋食「洋食おがた」のシェフ緒方博行氏が、2007年のオープン時から料理長を務めていた店である。緒方さんと「洋食屋なかご」松本奈火吾さんは、今から20年以上前、長崎「ホテルヨーロッパ」で上柿本勝シェフの元、共に研鑽を積んだ兄弟弟子であり、松本さんは店を開く前は、サービスを学ぶため、「洋食おがた」で半年間働いていたそう。

画像: ランチの「ハンバーグセット」¥2,000。ディナーと同じサイズのハンバーグに、無農薬野菜のたっぷりサラダ、具だくさんの野菜スープ、ごはん(またはパン)付き

ランチの「ハンバーグセット」¥2,000。ディナーと同じサイズのハンバーグに、無農薬野菜のたっぷりサラダ、具だくさんの野菜スープ、ごはん(またはパン)付き

 昼はハンバーグをはじめ、カツレツやポークジンジャーなど、セットで気軽にいただけ、夜はアラカルトをシェアするスタイルに。
「高坂地鶏のカツレツ デミグラスソースとタルタルソース」や「極上 大人のナポリタン目玉焼きのせ」など、自慢のデミグラスソースを使ったメニューもいろいろ。
王道の洋食メニュー以外に、季節の食材を使った一品やビストロ的前菜もそろい、ワインをはじめ、ハイボールや自家製ジンジャーエールを使ったモスコミュールなど、アルコール類も豊富で、お酒をお酒を飲みながらゆっくり食事が楽しめる。

洋食屋なかご
住所:京都市下京区松原通御幸町西入ル石不動之町682-4 もみじの小路 
営業時間:11:30~14:30(13:30LO)、17:30~23:00(21:00入店)
定休日:水曜、木曜不定休
※予約がベター
TEL. 075-600-9655
公式サイトはこちら

洋食屋なかごの情報をもっと見る>

四条木屋町「ブラッスリー カフェ オンズ」

画像: 11月から4月初旬までの期間限定、オニオングラタンスープ¥1,760

11月から4月初旬までの期間限定、オニオングラタンスープ¥1,760

「ブラッスリー カフェ オンズ」のオニオングラタンは、毎冬、何度も食べにいく大好物だ。店で仕込む際は、毎回、10キロのタマネギを寸胴鍋でじっくり弱火で炒め、タマネギのかさが減ってきたら、小さい鍋に移し替え、また炒め・・・を繰り返し、最終的には10分の1のボリュームになるとか。さらに飴色タマネギを鶏だし、バター、ミネラルたっぷりのゲランドの塩でことこと煮ること1時間。注文後に、スライスしたバゲットでフタをして、グリエールチーズをたっぷりかけ、オーブンでこんがり焦げ目がつくまで焼かれる。

画像: 一般的なタマネギより糖度が高いと言われる兵庫県・淡路島産を使用。じっくり炒めることで甘さが引き出されている

一般的なタマネギより糖度が高いと言われる兵庫県・淡路島産を使用。じっくり炒めることで甘さが引き出されている

Brasserie Café ONZE(ブラッスリー カフェ オンズ)
住所:京都市下京区木屋町四条下ル斎藤町125
営業時間:15:00~24:00
定休日:無休(年末年始除く)
TEL. 075-351-0733

ブラッスリー カフェ オンズの情報をもっと見る>

下鴨「グリル生研会館」

画像: ハンバーグ200g目玉焼き付き、サラダ・ライス付き¥1,500(目玉焼き付きは夜のみ)

ハンバーグ200g目玉焼き付き、サラダ・ライス付き¥1,500(目玉焼き付きは夜のみ)

 洋食店のハンバーグが大好きなのに、幼い頃から親に連れられ通っていたお気に入りの店がことごとく閉店し、自分のなかのスタンダードハンバーグを失っていた頃(と言っても今から20年前)に出会ったのが「グリル生研会館」のハンバーグだ。色が濃いめのデミグラスソースがたっぷりかけられ、仕上げにはとろ~り半熟の目玉焼きがのった食欲をそそるビジュアル!デミグラスソースは、牛スネ肉やバラ肉、香味野菜を炒めてじっくり煮ること1週間。マデラ酒とポルト酒で深みと甘みも加わり、これぞデミグラスソースのお手本というべき味わいだ。ハンバーグ自体も牛8、豚2の合い挽き肉で、牛肉100%よりふんわりと。それでいて、肉感もしっかり味わえる。

画像: 下鴨神社から徒歩2分ほど。最寄りの京阪出町柳駅からは徒歩約13分

下鴨神社から徒歩2分ほど。最寄りの京阪出町柳駅からは徒歩約13分

「グリル生研会館」
住所:京都市左京区下鴨森本町15 生産開発化学研究所ビル1F
営業時間:12:00~13:30LO、17:00~18:30LO(夜は完全予約制)
定休日:木曜、水曜夜
公式インスタグラムはこちら

グリル生研会館の情報をもっと見る>

烏丸御池「洋食とワイン Ao」

画像: 「北海道生雲丹をのせた黒いオムライス・雲丹の濃厚リゾット」¥3,520

「北海道生雲丹をのせた黒いオムライス・雲丹の濃厚リゾット」¥3,520

 京都のイタリア料理店「Lino」の新展開として昨年5月にオープンした「洋食とワイン Ao」。
「家庭でもおなじみの洋食に挑戦したくて。料理人が厳選素材を使って作ったらこんなにも違うのかってところを味わってください」と、オーナー・岩井永吉さん。
 イタリアのソーセージ・サルシッチャを使ったナポリタンやフォアグラのソテーをのせたハンバーグなど、イタリア料理やフレンチの食材や技法を用いた変化球洋食も勢揃い。
「北海道産生雲丹をのせた黒いオムライス・雲丹の濃厚リゾット」は、ビジュアルからインパクト大。イカスミでコクを出したふわとろのオムレツと雲丹入りのトマトクリームリゾットはそれぞれで食べても一緒に食べてもおいしく、さらに生雲丹をトッピングし、パルミジャーノレッジャーノを添え、濃厚な旨みが押し寄せる。

 昔ながらの町の洋食店の中には、シェアをせず、一人でひと皿をいただくスタイルの店も多いが、こちらは、店名に”洋食とワイン”とあるように、お酒を飲むながら、みんなでアラカルトを分け合いながら楽しむことも。人数に合わせて量の調整や、希望があれえば取り分けてサーブもしてもらえる。

画像: 地下鉄烏丸御池駅から徒歩2分、または阪急烏丸駅から徒歩8分。街中にあり、アクセスも良し

地下鉄烏丸御池駅から徒歩2分、または阪急烏丸駅から徒歩8分。街中にあり、アクセスも良し

烏丸御池「洋食とワイン Ao」
住所:京都市中京区三条通烏丸西入御倉町73
営業時間:12:00~13:30LO(土日祝のみ)、17:30~21:00LO
定休日:火曜、水曜不定休
TEL. 075-253-6089
公式インスタグラムはこちら

「洋食とワイン Ao」の情報をもっと見る>

宮川町「グリル 富久屋」

画像: 70年ほど前、芸妓さんのリクエストで誕生した名物「フクヤライス」¥980

70年ほど前、芸妓さんのリクエストで誕生した名物「フクヤライス」¥980

「グリル 富久屋」は京都五花街の一つ、宮川町に明治40年創業。現在も、座敷に出る前の芸舞妓の食事として置屋さんにお弁当を配達したり、座敷での宴会用にオードブルを特注で作ったりと、花街に親しまれている。ランチとディナーの間に休憩時間を取らず、通し営業なのも、置屋やお茶屋の女将さんが忙しくなる夕方前に訪れたり、稽古終わりのお師匠さんが遅めの昼食を食べに来たり、花街時間に合わせているそう。

画像: 壁には、芸舞妓さんが夏の挨拶にお世話になった方に配る名入りのうちわが飾られている

壁には、芸舞妓さんが夏の挨拶にお世話になった方に配る名入りのうちわが飾られている

 片面だけ焼いた具だくさんの卵をケチャップライスにのせた名物の「フクヤライス」は、金鶴という芸妓さんの「やわらかいオムライスが食べたいねん」というリクエストで生まれたそう。金鶴さんが食べているのを見たほかのお客さんから「私もアレ食べたい」という声が増え、レギュラーメニューに昇格。昔はハイカラな洋食店として、旦那衆が芸舞妓さんを連れて食事に行く”ごはんたべ”にもよく利用されていて、金鶴さんに最初に出した「フクヤライス」も、卵に松茸や蟹身など豪華な食材を使っていたが、メニュー入りするにあたり、グリーンピース、ハム、トマト、マッシュルームに変更されたそう。

 ハムと玉ねぎ入りのケチャップライスの上に具だくさんのトロトロ半熟の卵がのっていて、見た目や名前は違えど、食べると、「優しい味わいのオムライス」といった風。
 卵の上にのったフレッシュなトマトもみずみずしくさわやかさを添えている。

宮川町「グリル 富久屋」
住所:京都市東山区宮川筋5-341
営業時間:12:00~21:00(20:30LO)
定休日:木曜、第3水曜休
TEL. 075-561-2980

「グリル 富久屋」の情報をもっと見る>

カフェ・スイーツ

御所南「一保堂茶舗 京都本店」

画像: 京都本店限定「特撰煎茶」菓子付き¥1,980

京都本店限定「特撰煎茶」菓子付き¥1,980

 京都を代表する日本茶専門店「一保堂茶舗 京都本店」が、半年間の改装工事を終え、2023年12月にリニューアルオープンした。

「一保堂茶舗」の創業は1717年。蛤御門の変で店舗を焼失し、1864年に今の場所に再建されたというエピソードも京都っぽく、現在、売り場に使っている母屋は、再建された当時のものだという。

画像: 間口が広く、重厚な外観

間口が広く、重厚な外観

 今回の改装工事では母屋の耐震補強も主な目的に。とは言え、売り場は、一見、改装前と全然変わっていないようにも。
 しかし実は、漆喰の壁は一度剥がして、補強のための耐震壁を入れて、また漆喰を塗り直し、床をめくって、香川県牟礼で産出される高級石材、庵治石を敷き直すなど、古き良き佇まいをそのままに、隅々にまで手がかけられている。

画像: 「喫茶室 嘉木」の店内

「喫茶室 嘉木」の店内

「一保堂茶舗 京都本店」
住所:京都市中京区寺町通二条上ル常盤木町52
営業時間:10:00~17:00(喫茶LO16:30)
定休日:第2水曜
TEL. 075-211-4018
公式インスタグラムはこちら

「一保堂茶舗 京都本店」の情報をもっと見る>

河原町丸太町「冬夏」

画像: 河原町丸太町「冬夏」

京都御所と鴨川に挟まれた住宅街に店を構える「冬夏」。築100年余りの広々とした日本家屋の一室、席数をあえてカウンター6席に絞り、日本茶をじっくり味わえる店造りがされている。
写真は、2煎目を淹れていただいているタイミングで出される一つめの菓子。この日は、植物性素材で作るタルトタタン

 ティールームでいただけるお茶は、農薬や化学肥料を使わない、オーガニックの日本茶のみ。日本茶専門店の多くは、いつも変わらぬ店の味を提供できるように、産地や品種、蒸し具合も様々な茶葉をブレンドする”合組(ごうぐみ)”を行っているが、こちらでは、あえて単一農園の茶葉を使用。農薬や化学肥料に頼らず育てられた茶葉は、茶樹の生命力を鍛え、茶葉自らの力で滋味を醸成。産地、さらには畑ごとの茶樹の違い、製法、施肥の有無、収穫年によって、味がまったく変わってくる。

画像: 庭を望むカウンター6席

庭を望むカウンター6席

 オーナーは長年ギャラリーを営んでいるだけあり、お茶を飲むための設えや道具、空間も洗練されていて、茶室にいるような凜とした空気感も心地いい。どのお茶も6、7煎まで楽しむことができ、煎を重ねるごとに変化する味やアロマを追いかけながら、新しい日本茶との出会いを感じることができる。

「冬夏」
住所:京都市上京区信富町298
営業時間:11:00~18:00(17:30LO)
定休日:火曜、水曜
TEL. 075-254-7533
予約制(前日まではWeb予約、当日は電話で受付。席が空いている場合は、予約なしでも利用可)
公式サイトはこちら

「冬夏」の情報をもっと見る>

河原町「菓子屋 温 京都御幸町」

画像: 大福を使ったデザート「浮雲いちご」¥860、有機抹茶「五香」¥680

大福を使ったデザート「浮雲いちご」¥860、有機抹茶「五香」¥680

 今回紹介するのは、昨年11月にオープンした和菓子と日本茶を楽しめる「菓子屋 温 京都御幸町」。入り口のカウンターには、さまざまな意匠の和菓子が並んでいるが、実はこれらはすべて大福がベースになっている。

画像: 菓子は季節替わりを含め、常時8種類ほどそろう

菓子は季節替わりを含め、常時8種類ほどそろう

 店主・山岡すず花さんが作る大福は、餡を白い餅で包んだお馴染みのものとはまったく違い、独創的。
 つぶ餡を餅と黒ごま餡で包み、苔を模したよもぎと抹茶のそぼろ餡で包んだ「苔結び」や、刻んだ柚子をシナモンやカルダモンなどスパイスを合わせた餡と餅で包み、青大豆のうぐいす粉をまぶした「温香」など、姿も素材使いも斬新で、いただく前から味の想像が膨らみ、ワクワクさせてくる。

「菓子屋 温 京都御幸町」
住所:京都市中京区御幸町通六角下ル伊勢屋町341-1
営業時間:12:00~18:00
定休日:火曜、水曜
TEL. 075-708-6446
公式サイトはこちら

「菓子屋 温 京都御幸町」の情報をもっと見る>

烏丸丸太町「シェリー メゾン ド パフェ」

画像: カウンターに完成したパフェが並べられると、しばし撮影会になるほど、圧巻のビジュアル

カウンターに完成したパフェが並べられると、しばし撮影会になるほど、圧巻のビジュアル

 予約が取れない割烹やレストランはよくあるが、今回紹介するのは、予約が取れないデセールパフェ専門店「CHÉRIE MAISON DU PARFAIT(シェリー メゾン ド パフェ)」。オーナー・小林かなえさんは、23歳で渡仏し、パリの料理製菓学校「エコール・リッツ・エスコフィエ」卒業後、パリの星付きレストランやホテルで修業。帰国後は地元・京都で菓子教室を開き、現在は、NHK「きょうの料理」の出演をはじめ、TVや雑誌、書籍などでも活躍している菓子研究家だ。

 メニューはパフェをメインにしたコースのみで、一斉スタートという今どきの割烹のようなスタイルも珍しい。カウンターに座ると、目の前のキッチンでパフェのパーツを組み立て、できあがるまでの工程を楽しむことができる。さらに、できあがったパフェがズラリと並ぶ光景を見ることができるのも、一斉スタートならではの醍醐味だ。

 パフェは1ヶ月ごとに内容がかわり、11月は栗、12月はクリスマスのパフェの予定。
 狭き門ではありますが、ライブ感満載のパフェコースを五感をフルに使って楽しんでみてください。

CHÉRIE MAISON DU PARFAIT(シェリー メゾン ド パフェ)
住所:京都市中京区竹屋町通室町西入ル相生町281
営業時間:木・金・土10:00~、13:00~の一斉スタート(土・祝日のみ15:00~もあり)
定休日:日曜~水曜
TEL.なし
公式サイトはこちら

CHÉRIE MAISON DU PARFAITの情報をもっと見る>

河原町御池「ATELIER PAGES KYOTO」

画像: デーツミントとオレンジクローヴのジェラート・ダブルカップ¥650

デーツミントとオレンジクローヴのジェラート・ダブルカップ¥650

 2023年7月、パリの一つ星レストラン「Restaurant Page」のシェフである手島竜司氏が日本に初のショップ「ATELIER PAGES KYOTO(アトリエ パージュ キョウト)」をオープン。ショップでは、ジェラートと焼き菓子が楽しめるほか、2023年11月からはパリから届くショコラの販売もスタートした。

 手島氏は26歳で渡仏。星付きレストランで修業を重ね、2014年「Restaurant Page」をオープン。2016年にはオープンから1年半という早さでミシュランガイドにて一つ星を獲得している。
「パリで修行を始めて20年、自分の店を出して10年という年に、日本でも何かしたいと思って。パリと姉妹都市である京都は歴史を重ねた街であり、パリとも雰囲気が似ているので、京都への出店を決めました」と、手島氏。

 店頭に並ぶ菓子は、パリの技術をただ日本に持ち込んだものではなく、フランスに長く暮らす手島氏が、パリの仲間と作り上げた新しいエスプリを込めた、料理人発想のスイーツになっている。
 特にジェラートは、パリをメインフィールドに活躍する料理人らしい素材の使い方や組み合わせを発揮。

画像: オレンジクローヴのジェラート・シングルカップ¥500。オレンジは皮まで使い、皮の食感や苦みがしっかり。クローヴも加わり、複雑味も増し、食べ飽きない

オレンジクローヴのジェラート・シングルカップ¥500。オレンジは皮まで使い、皮の食感や苦みがしっかり。クローヴも加わり、複雑味も増し、食べ飽きない

ATELIER PAGES KYOTO
住所:京都市中京区御池通河原町東入南側下丸屋町412-3
営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜
公式インスタグラムはこちらから

ATELIER PAGES KYOTOの情報をもっと見る>

堀川五条「菓子屋 のな」

画像: 2種類のあんこ玉にハーブを添えた「アントニオとララ」¥940(持ち帰りのみ。写真は盛り付け例)。アンデルセン作・森鴎外翻訳の「即興詩人」をオーマージュ。菓子銘には、登場人物二人の名前がつけられている

2種類のあんこ玉にハーブを添えた「アントニオとララ」¥940(持ち帰りのみ。写真は盛り付け例)。アンデルセン作・森鴎外翻訳の「即興詩人」をオーマージュ。菓子銘には、登場人物二人の名前がつけられている

 夫婦二人で営む持ち帰り専門の小さな和菓子店「菓子屋 のな」。店内は、オープンキッチンのカウンターに菓子が並び、和菓子屋さんというより焼き菓子店のような素朴で可愛い雰囲気が漂っている。

 ガラスケースに飾られた生菓子も、台湾パインあんを包んだ外郎やメロンとココナッツミルクあんを忍ばせたわらび餅など、斬新すぎるラインアップに。

 従来の生菓子は、意匠や銘で季節を表現しているが、こちらの生菓子は、フルーツやハーブを使い、味や香りからも季節の移ろいを感じさせてくれる。
 いちご大福が世の中に広まっているように、甘酸っぱいフルーツとたあんこは相性抜群。フルーツを使った生菓子がこれまであまりなかったのが不思議なほど!と思っていたら、
「上生菓子は、茶席で濃茶をいただく前に出されるものであり、あくまでも濃茶が主役。そのため制約がありますが、私が作る生菓子は、茶席用ではなく、日常に楽しんでもらうためのものなので、香りづけに洋酒を使ったり、コクを出すときに乳製品を加えたり、自由に作っています。紅茶やコーヒー、お酒にも合わせてください」と、名主川千恵さん。

画像: 和菓子店っぽくないモダンな店内。イートインはなく、持ち帰りのみ

和菓子店っぽくないモダンな店内。イートインはなく、持ち帰りのみ

菓子屋 のな
住所:京都市下京区篠屋町75
営業時間:12:00~18:00(売り切れ次第閉店)
定休日:日曜、月曜
TEL. なし
公式サイトはこちらから

菓子屋 のなの情報をもっと見る>

西陣「焼き菓子工房コレット」のタルトタタン

画像: この日のタルトタタンは、紅玉、スミスサイダー、アニーエリザベス、ピンクレディー、グラニースミス、春紅玉の全6品種。1台に800g(5〜6個分)のリンゴを使ったタルトタタン各¥600

この日のタルトタタンは、紅玉、スミスサイダー、アニーエリザベス、ピンクレディー、グラニースミス、春紅玉の全6品種。1台に800g(5〜6個分)のリンゴを使ったタルトタタン各¥600

「京都でわざわざタルトタタン?」と思われるかも知れないが、「焼き菓子工房コレット」は多い時で6種類のタルトタタンが並ぶ、全国的にも珍しい品種違いのタルトタタンを持ち帰って、食べ比べができる。

「焼き菓子工房コレット」は、オープンして13年。焼き込むことでフルーツの旨みをギュッと凝縮したタルトをはじめ、クッキーやバナナブレッドが並ぶ、焼き菓子専門店だ。菓子はすべて店主の三井素子さんがひとりで作っているため、週末2日間のみ営業している。

 リンゴをキャラメリゼしてからタルト型に入れて焼くタルトタタンもあるが、こちらでは、リンゴの持ち味を生かすため、フランスの伝統的な製法に則り、生の状態でバターと砂糖を敷いたタルト型に入れて焼かれる。途中、パートプリゼをのせてさらに焼き込まれる。その後、リンゴと生地をなじませるため寝かせ、完成までに半日以上を要する。タルトタタンは、甘ったるさが一切なく、品種ごとの味の違いも明確に。食感も、甘露煮のようにトロトロにしていず、ゴロッとしたリンゴの食感が残っている。「同じ品種でも農家さんや時期によって味や食感が変わるんですが、今日のタルトタタンで言うと、春紅玉は身が固めで味が濃く、グラニースミスは口に入れるととろける食感、ピンクレディーは弾ける酸味と華やかな香りが楽しめます」。

 タルトタタンはリンゴが出てくる8月末から作り始められ、ストックがなくなる5月頃まで作られる。晩秋から冬にかけては20品種を使い分け、多い時で6品種が店頭に並ぶ。
 ひとりで2個、3個食べ比べることもあるが(甘さが控えめでペロリといける)、家族が集まった時は、お行儀悪いけど、大皿にのせて、みんなでフォークでつつき合って感想を言い合うのも楽しい。

 ホールは、数量限定で取り寄せ可能なので、京都旅の予定がない方もタルトタタン好きはぜひ。

画像: タルトタタン・ホール¥4,200(箱代込み) COURTESY OF COLETTE

タルトタタン・ホール¥4,200(箱代込み)
COURTESY OF COLETTE

焼き菓子工房コレット
住所:京都府京都市上京区新猪熊東町350 グランドムール西陣103
営業時間:土日13:00~17:00(売り切れ次第終了)
定休日:月~金
TEL.075(406)1284
ig@colette_kyoto

焼き菓子工房コレットの情報をもっと見る>

烏丸丸太町の「YUGEN」

画像: 「無花果と胡桃の炙り餅とお茶」¥1,900。お茶は、京都・和束の最高級煎茶、さえみどりを合わせて。さえみどりは、お茶を収穫する前に覆いをかけて遮光するかぶせ茶で、渋みが少なく、甘味や旨みを凝縮。3煎目まで楽しめる

「無花果と胡桃の炙り餅とお茶」¥1,900。お茶は、京都・和束の最高級煎茶、さえみどりを合わせて。さえみどりは、お茶を収穫する前に覆いをかけて遮光するかぶせ茶で、渋みが少なく、甘味や旨みを凝縮。3煎目まで楽しめる

 宇治茶は日本三大銘茶の一つと呼ばれ、京都市内でも、日本茶をさまざまなスタイルで楽しめる店に出会える。日本茶を製造・販売する茶舗は、長い歴史を持つ老舗が大半を占めるなか、「YUGEN」は2018年に誕生。昨年2月に店舗を移転拡大し、注目を集める日本茶ブランドだ。

「YUGEN」で製造・販売されている茶葉は、宇治や宇治田原、和束、京田辺など、京都近郊の産地に限定されている。仲買い問屋を挟まず、生産者から直接仕入れることで、高品質な茶葉を低コストで提供。煎茶は、単一農園で収穫されたシングルオリジンも人気が高い。
 店舗展開としては、「おいしい日本茶をコーヒーのように気軽に楽しめる場所があれば」との思いから2018年、わずか2.5坪の日本茶スタンドからスタートした。ここ数年で、日本茶を提供するカフェやカジュアルな茶処も増えたことから「YUGEN」は次のステージに進み、2022年2月に、築50年弱のビル1棟に移転オープンした。

 新店舗の1階は、カウンターのみのカフェに。「茶の湯の文化は戦国時代に広がりました。茶室には刀を持って入ることが許されず、戦国武将にとって、茶室は唯一心が安らげる場所だったとも言われています。多忙を極めるストレスフルな今の時代にも、そんな場所や時間が必要だと思うんです」と、代表・須藤惟行さん。

画像: 風炉釜を備えたカウンター席

風炉釜を備えたカウンター席

YUGEN(ゆうげん)
住所:京都市中京区亀屋町146
営業時間:11:00~18:00 
定休日:不定休
TEL. 075-708-7770
公式インスタグラムはこちら

YUGENの情報をもっと見る>

祇園「ハーモニカ」

画像: 直径12cmのタルトは1人で頬張っても、シェアしても。「イチゴのタルト」¥2,100

直径12cmのタルトは1人で頬張っても、シェアしても。「イチゴのタルト」¥2,100

「タルトがおいしい店が祇園にできてるよ」と、友人に教えてもらい、「ハーモニカ」を初めて訪れたのが数ヶ月前。電柱には”この先行き止まり”の注意書きが貼られ、地元の人も入ったことないような路地を進む。”焼き菓子とデザート”と書かれた立て看板はあるものの、紋入りの暖簾がかけられた入口で靴を脱ぐというスタイルに、一瞬たじろいでしまうが、恐る恐る店に入ると、そこには色とりどりのサンダルが並んでいた。

画像: 複合空間「Gion Naito 123 market」の入口には「祇園 ない藤」が手掛けるぞうり形のサンダルJOJOのショップがある

複合空間「Gion Naito 123 market」の入口には「祇園 ない藤」が手掛けるぞうり形のサンダルJOJOのショップがある

 元々こちらは老舗の履物匠「祇園 ない藤」の工房だった場所。昨年5月、「祇園 ない藤」のオリジナルサンダルJOJOのショップを含む複合空間「Gion Naito 123 market」に生まれ変わり、焼き菓子とデザートの店「ハーモニカ」はJOJOショップの奥で営業されている。

 メニューには、季節のフルーツを使ったタルトが6種類ほど並ぶほか、趣向を凝らしたパーツを美しく盛りつけたアシェットデセールも10種類近くラインアップ。
 店主・松本泰さんは、元フランス料理のシェフであり、菓子も素材ありきな料理人視点から作られている。

画像: デセールは、オープンキッチンのカウンター前に配された大テーブルでいただける

デセールは、オープンキッチンのカウンター前に配された大テーブルでいただける

ハーモニカ
住所:京都市東山区亀井町43-2 Gion Naito 123 market内
営業時間:11:00~18:00(L.O.17:30)
定休日:火曜
TEL. 050-3551-8625
公式サイトはこちら

ハーモニカの情報をもっと見る>

祇園「ZEN CAFE」

画像: 上生菓子¥800。4月の上生菓子はきんとん製の遠山(えんざん)。桜に加え新緑が増える4月の山が表現され、4月も末に近づくほど緑の分量が増えるそう

上生菓子¥800。4月の上生菓子はきんとん製の遠山(えんざん)。桜に加え新緑が増える4月の山が表現され、4月も末に近づくほど緑の分量が増えるそう

 和菓子屋さんと一言に言っても、菓子司もあれば、饅頭屋さんや餅屋さんもあり。菓子司のなかには上生菓子の予約販売をメインにしている店もまだまだ多く、持ち帰り専門店が主流に。そのため「イートインで上生菓子を食べたい」と、リクエストを受けると、祇園の「鍵善良房」が手掛ける「ZEN CAFE」をお勧めすることが多い。
 「鍵善良房」は、江戸享保年間創業、京都の花街・祇園で京菓子を作り続ける菓子司。最近は京都以外でも商品を買える和菓子店が増えてきたが、「鍵善良房」は京都のデパートにすら出店されていない、昔ながらの真摯な仕事と一対一の商いにこだわる店だ。

 2012年にオープンした「ZEN CAFE」は、本店とはまったく違う菓子のラインナップになっていて、上生菓子もここでしか食べられないものに。上生菓子は季節がわりだが、きんとんが出されることが多く、初めてこちらのきんとんに出会った時、その繊細で儚げな姿に驚いた。通常、きんとんのそぼろあんは、馬毛の裏ごし器を使って作られるが、こちらの裏ごし器は、馬毛の目が細かく、そぼろあんも糸のような細さだ。このそぼろあんを崩さず、あん玉に纏わせる職人技もすばらしく、持ち帰り不可だからこそ出せる上生菓子になっている。見た目もさることながら、口に含むとふわっと崩れる、柔らかな食感もたまらない。

画像: 吉野葛と水、砂糖のみで作るくずもち¥1,000。葛の風味を味わえ、そのままでもおいしいが、途中で黒蜜やきなこを加えると、また違った味が楽しめる

吉野葛と水、砂糖のみで作るくずもち¥1,000。葛の風味を味わえ、そのままでもおいしいが、途中で黒蜜やきなこを加えると、また違った味が楽しめる

 また、通年で出されているくずもちもファンが多いメニューに。本店でいただける名物のくずきりと、砂糖を使う以外は、吉野葛と水というまったく同じ材料なのに、食感が全然違っている。つるんとのどごしを楽しむくずきりと違い、こちらのくずもちは、ぷるんとしていて、口に含むとむっちり、とろけていく。葛の風味もしっかり感じ、そのままでもおいしい。

ZEN CAFE
住所:京都市東山区祇園町南側570-210
営業時間:11:00~18:00(L.O.17:30)
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)
TEL. 075-533-8686
公式サイトはこちら

ZEN CAFEの情報をもっと見る>

河原町五条「ともみジェラーto」

画像: 大人なチョコミントパフェ¥2,300。上から日本ハッカのジェラート、カフェソルベ、ピスタチオジェラート、ヴァローナのハイカカオチョコレートを使ったジェラートの4段構成

大人なチョコミントパフェ¥2,300。上から日本ハッカのジェラート、カフェソルベ、ピスタチオジェラート、ヴァローナのハイカカオチョコレートを使ったジェラートの4段構成

 2022年3月に河原町通沿いの路面店に移転オープンしたジェラテリア「ともみジェラーto」。ジェラートって、どこで食べても結構おいしいけど、突出した店って意外に少ないと思っていたなか、ここまでキャラがしっかり立ったジェラートとの出会いは衝撃的でした。

画像: 壁に貼られた本日のラインアップ。食材と共に産地や生産者の名前も書かれている

壁に貼られた本日のラインアップ。食材と共に産地や生産者の名前も書かれている

 その日のフレーバーは、ミルクや旬のフルーツに加え、クレソン、ルッコラ、葉山椒など、青果店と見間違うラインアップに。

 オーナー・森兼ともみさんは「ジェラートは素材の味をダイレクトに感じるスイーツであり、日本においしい食材がたくさんあることをジェラートを通してもっと広めたい」と、イタリアのジェラテリアでの修行を経て、6年前に京都で自身の店をオープン。

 森兼さん自ら生産者に会いに行き、おいしい食材をハントすることも多く、ジェラートは”素材ありき”で作られる。そのため、唯一の定番となる岐阜latte TAKANASHIミルク以外は、その時期に入荷する食材に合わせてフレーバーがどんどん移り変わるのも特徴的だ。

画像: 森兼さんのイラスト入りテイクアウト用カップ。唯一の定番、ミルク¥550

森兼さんのイラスト入りテイクアウト用カップ。唯一の定番、ミルク¥550

 香料や着色料、安定剤は不使用で、どのフレーバーも素材の味が濃厚。ジェラートが4つも入った本日のパフェも、余ったるさや重たさがなく、ペロリといけるおいしさだ。

ともみジェラーto
住所:京都市下京区西橋詰町759 SAKIZO河原町五条ビル1F
営業時間:13:00~20:00(19:30LO)、土曜13:00~22:00(2Fカフェは19:30LO)、水曜はモーニング営業7:30~11:30(L.O.)
定休日:木曜(7月8月は無休)
TEL. なし
公式サイトはこちらから

ともみジェラーtoの情報をもっと見る>

西陣「うめぞの茶房」

画像: 「新しょうがと桃の志るこ氷」お茶付き¥1480

「新しょうがと桃の志るこ氷」お茶付き¥1480

 京都通のなかには「”うめぞの”って昔からある甘味処でしょ」と気づかれた方もいるのでは。はい、ご名答。こちらは、1927年創業の「甘党茶屋 梅園」の系列店として2016年にオープンした茶房だ。とはいえ、名物の四角いみたらし団子はなく、「甘党茶屋 梅園」とはまったく異なるメニュー展開になっている。

 夏期限定で登場するかき氷も、宇治や黒蜜など、甘味処でお馴染みの味はなく、フルーツと和素材を組み合わせたオリジナリティ溢れるものに。果物の旬に合わせて内容は移り変わり、今の時期は、一番人気の「新しょうがと桃の志るこ氷」が楽しめる(桃がなくなる8月下旬まで)。

「新しょうがと桃の志るこ氷」の後は、「秋の果物とはちみつ志るこ氷」、「栗キャラメルミルク氷」と続くそうで、そちらもお楽しみ。

「うめぞの茶房」
住所:京都市北区紫野東藤ノ森町11-1
営業時間:11:00~18:30(18:00LO)
定休日:無休
TEL. 075-432-5088
公式サイトはこちら

うめぞの茶房の情報をもっと見る>

烏丸「大極殿本舗 六角店」

画像: レモンの輪切りが寒天に浮かぶレースかん¥1,458

レモンの輪切りが寒天に浮かぶレースかん¥1,458

「大極殿本舗 六角店」は、明治18年に『山城屋』という屋号で創業。明治28年には二代目が長崎でカステラ製造の技術を習得し、京都でいち早くカステラ製造を開始した和菓子店だ。
 二代目に続き、三代目もハイカラ好きだったそうで、夏にぴったりな涼やかな「レースかん」も昭和初期に誕生したものだそう。まだレモンが珍しかった時代、レモンを錦玉羹に取り入れるなんて発想が大胆。レモンの輪切りをレース模様に見立て名付けられた銘も素敵すぎる。

 店内には甘味処 栖園が併設されていて、夏に登場するかき氷も毎年、お楽しみ。定番の宇治や黒蜜のほか、レモンみぞれやミルクミント、梅酒みぞれなど、こちらもハイカラなラインアップに。赤紫蘇みぞれは、初夏、京都の里山・大原で採れた赤紫蘇をシロップに。天然のルビー色も美しく、さっぱりした味わいで暑い時期にぴったりだ。

 2002年、甘味処を作る際に考案されたという「琥珀流し」もおすすめ。糸寒天を使い、固まるか固まらないかのギリギリの水分量で作られた寒天は、柔らかく、ほろりと崩れる食感がたまらない。8月はひやしあめ、9月はぶどう、10月は栗、と、月ごとに味わいが変わり、いつか制覇したい。

大極殿本舗 六角店
住所:京都市中京区六角通高倉東入ル
営業時間:9:30~18:00(甘味処 栖園は10:00~17:00)
定休日:水曜
TEL. 075-221-3311
公式サイトはこちら

大極殿本舗 六角店の情報をもっと見る>

北野天満宮前「粟餅所 澤屋」

画像: 粟餅10個入り ¥1,400。通常はあんこ6個、きなこ4個だが、好みの割合に変更できる

粟餅10個入り ¥1,400。通常はあんこ6個、きなこ4個だが、好みの割合に変更できる

 創業100年越えの老舗店が多い京都ですが、「粟餅所 澤屋」の歴史もかなり長く、創業はなんと天和2年(1628年)。現当主・森藤哲良さんは13代目にあたり、銘菓・粟餅も390年以上前から作られているという。

画像: 北野天満宮の目の前。毎月25日は天神市が開催され、境内には露店が並び、特に賑わう

北野天満宮の目の前。毎月25日は天神市が開催され、境内には露店が並び、特に賑わう

 祖先は楠正行公の臣下で、正行公の死後、その首塚守護のために京都・嵯峨野に移り住み、その地で農業を営むことに。そして、その子孫が自作の粟をついて餅を作り、北野天満宮の境内で販売したところ、北野名物として知られるようになり、1638年に刊行された俳書「毛吹草」にも”山城名物北野粟餅”として紹介されている。

画像: イートインでいただける紅梅(粟餅3個)¥600

イートインでいただける紅梅(粟餅3個)¥600

粟餅所 澤屋
住所:京都市上京区紙屋川町838-7
営業時間:9:00~17:00
定休日:水曜、木曜、26日
TEL. 075-461-4517

北野天満宮前「粟餅所 澤屋」の情報をもっと見る>

西院「まるに抱き柏」

画像: すべすべの餅に大粒の黒豆がゴロゴロと存在感を放つ銘菓「黒豆大福」

すべすべの餅に大粒の黒豆がゴロゴロと存在感を放つ銘菓「黒豆大福」

 人口あたりの和菓子店の数が日本一多い京都。昔は、茶席で最上のもてなしとして出される”上生菓子”と、大福や団子、餅菓子、おまん(饅頭)といった”日常のおやつ”を作る店は明確に分かれていたのが、最近では、ジャンルレス化が進行中。今回紹介する「まるに抱き柏」も上生菓子と日常のおやつが仲良く並んでいる。

画像: 和菓子の名店で15年研鑽を積み、2021年に店を開いた西森敬祐さん

和菓子の名店で15年研鑽を積み、2021年に店を開いた西森敬祐さん

 代表銘菓は「黒豆大福」。餅米の粉に砂糖や水飴を加えて練り上げた求肥で包む大福もあるが、こちらでは、毎朝、餅米を蒸し、きめ細かい食感になるまでついた餅を使用。餅はかたくなるのが早く、賞味期限が当日中の朝生菓子になっている。「求肥よりも日持ちはしませんが、つきたての餅は、コシがあるのにもっちり柔らかく、食感が格別です」と、西森さん。
 甘みをおさえた餅生地は、餅米の風味がしっかり感じられ、雑味のないなめらかなこしあんともよく合い、ペロリといけるあっさり感。餅に練り込んだ密漬けの黒豆もホックリおいしいアクセントを添えている。

まるに抱き柏
住所:京都市右京区西院平町21
営業時間:9:00~18:00
定休日:火曜、他不定休あり
TEL. 075-748-9650
公式サイトはこちら

西院「まるに抱き柏」の情報をもっと見る>

今出川「大黒屋鎌餅本舗」

画像: こしあんを求肥で包んだ「鎌餅」¥237

こしあんを求肥で包んだ「鎌餅」¥237

 店名にもなっている鎌餅を初めていただいた時、まずは手触りに驚いた。それはまるで赤ちゃんのほっぺみたいに、ふわふわすべすべだった。

画像: 毎朝、できたてを提供。求肥でこしあんを包み、鎌の刃の形に成型していく

毎朝、できたてを提供。求肥でこしあんを包み、鎌の刃の形に成型していく

 餅菓子と一口に言っても、餅米を蒸してついたものもあれば、餅粉を蒸して砂糖を加え、じっくり練り上げた求肥もあり。「鎌餅」には後者の求肥が使用されているため、キメが細かく、なめらかな口当たりが楽しめる。

 稲を刈り取る鎌の刃の形を模していて、豊作祈願のほか、福を刈り入れるという願いも込められているそうで、縁起も良し。餅菓子は日持ちしないことが多いが、求肥を使った「鎌餅」は賞味期限3日と少し長めに。3日目でもかたくならず、すべすべもち肌をキープしていて、京土産にもオススメだ。

画像: 阿弥陀寺の門前に店を構えて120年余り。イートインはなく、持ち帰りのみ

阿弥陀寺の門前に店を構えて120年余り。イートインはなく、持ち帰りのみ

大黒屋鎌餅本舗
住所:京都市上京区寺町通今出川上ル四丁目阿弥陀寺前町25
営業時間:8:30~18:30
定休日:水曜、第2・第4木曜
TEL. 075-231-1495

今出川「大黒屋鎌餅」の情報をもっと見る>

堀川丸太町「京都 くりや」

画像: 栗おはぎ2個入り¥560。予約は前日まで可能

栗おはぎ2個入り¥560。予約は前日まで可能

 栗の産地として知られる丹波にあった「くりや」の暖簾分けとして大正年間に創業。店名通り、店内には栗最中や栗どらやき、栗クッキーなどが並び、まさに栗づくし!中でもオススメしたいのが、秋限定の「栗おはぎ」だ。

画像: 大看板は店名ではなく、銘菓「金の実」と書かれている

大看板は店名ではなく、銘菓「金の実」と書かれている

「栗おはぎ」は元々、秋の収穫を祝い、丹波の家庭で作られていた菓子だそうで、店でも昔は1年に1日のみ販売されていたそう。

 餅米の周りは小豆のあんこではなく、栗餡を使用。丹波産の新栗を皮ごと蒸し、実をかき出し、なめらかになるまで裏ごしし、砂糖を加えて炊き上げた手間暇かかった餡に。栗の風味がダイレクトに味わえ、もっちりとした餅米ともよく合い、食べ応えも満点だ。

 毎秋、販売が開始するのを心待ちにしているファンも多く、週末には開店前から列ができ、午前中に売り切れてしまうことも多いそう。

京都 くりや
住所:京都市中京区丸太町通堀川東入大文字町42-4
営業時間:9:00~18:00(日曜・祝日10:00~15:00)
定休日:月曜(祝日の場合、翌日休)
TEL. 075-231-4564
公式サイトはこちら

堀川丸太町「京都 くりや」の情報をもっと見る>

烏丸御池「亀末廣」

画像: 9月末から1ヶ月ほど店頭に並ぶ「栗きんとん」¥500

9月末から1ヶ月ほど店頭に並ぶ「栗きんとん」¥500

 文化元年(1804年)創業、7代続く和菓子店。二条城や御所に菓子を納めていた由緒正しい老舗であり、間口の広い堂々とした店構えからも風格が漂っている。今の時代、店を訪れずして商品を手に入れられることが増えたが、こちらはいまだ支店を持たず、ネット販売も行わず、一対一の商いが大切にされている。

画像: 創業当時の外観を残す浅瓦葺きの京町家

創業当時の外観を残す浅瓦葺きの京町家

 代表銘菓「京のよすが」をはじめ、端正な佇まいの菓子を求め、一年を通して茶人や粋人に支持される店だが、9月も後半になると「もうそろそろ栗は始まっていますか」という問い合わせが増え、一層にぎわいをみせる。

 こちらの栗きんとんは、こしあんを餡玉に栗と備中白小豆を使った柔らかなそぼろ餡が纏わせてあり、なめらかな口当たりに。しっかり甘いが、その甘さが栗を引き立て、ほのかな苦みなど、和栗本来の味が存分に楽しめる。

亀末廣
住所:京都府京都市中京区 姉小路通烏丸東入車屋町
営業時間:9:00~17:00
定休日:日曜、祝日
TEL. 075-221-5110

烏丸御池「亀末廣」の情報をもっと見る>

烏丸御池「パティスリー レモワノー」

画像: ちょっと固めのプリンやアーモンド付きの肉厚のシュー皮が香ばしいシュークリームなど、クラシカルな洋菓子が並ぶ

ちょっと固めのプリンやアーモンド付きの肉厚のシュー皮が香ばしいシュークリームなど、クラシカルな洋菓子が並ぶ

 築160年の京町家を改装したパティスリー。店主の勝本真理さんは、京都のみならず全国のスイーツ好きを魅了し、2018年に幕を下ろした後も語り継がれるフランス菓子店「オ・グルニエ・ドール」で10年研鑚を績み、2019年に独立。
「ご近所さんがおやつを買いにきてくれる店になりたい」と、酒やハーブ、スパイスなどは効かせず、シュークリームやイチゴショートなど、素直なおいしさのケーキが並ぶ。

画像: 熊本県産の和栗をたっぷり使ったモンブラン¥800

熊本県産の和栗をたっぷり使ったモンブラン¥800

 モンブランは、毎年秋に登場するのを楽しみにしているファンが多いケーキ。熊本の決まった農家の利平栗のみを使用するため、年によっては店頭に並ぶのが遅い時もあり。

 モンブランにメレンゲを使う店が多いが、こちらではふんわり軽いシュクセを土台にし、クリームとの一体感もアップ。オ・グルニエ・ドールの西原シェフから学んだフランス菓子の基本となるパーツ作りを大切に、生地やクリームもていねいな仕事がされていて、シンプルながら繊細かつ上品さが漂っている。

Patisserie Les Moineaux
パティスリー レモワノー
住所:京都市中京区押小路通衣棚西入上妙覚寺町208-5 
営業時間:12:00~18:00(売り切れ次第閉店する場合もあり)
定休日:月曜、火曜(祝日は臨時営業する場合もあり)
TEL. 075-746-6092
公式サイトはこちらから

烏丸御池「パティスリー レモワノー」の情報をもっと見る>

バー・立ち飲み

一乗寺「coimo wine & cafe」

 2022年夏、一乗寺にオープンした「coimo wine & cafe」。京都通でないと、一乗寺と言っても、ピンと来ないエリアかもしれませんが、こだわりを持つ店主が営むショップや飲食店が点在していて、地元人に人気のエリアです。

画像: コーヒーはもちろん、赤ワインにもよく合うパルミジャーノプリン¥500円。パルミジャーノチーズは仕上げに生クリームの上からトッピングするだけでなく、プリン液のなかにも使われていて、濃厚な味わい

コーヒーはもちろん、赤ワインにもよく合うパルミジャーノプリン¥500円。パルミジャーノチーズは仕上げに生クリームの上からトッピングするだけでなく、プリン液のなかにも使われていて、濃厚な味わい

画像: 叡山電鉄・一乗寺駅から徒歩4分。地元人のみならず旅行者にも人気の書店「恵文社」もご近所

叡山電鉄・一乗寺駅から徒歩4分。地元人のみならず旅行者にも人気の書店「恵文社」もご近所

「coimo wine & cafe」はナチュラルワインを昼から気軽に飲める店ながら、それだけではなく、店主・高橋順子さんの引き出しが多彩!
 元パティシエの経験を生かしたパフェやケーキ、アイスクリームなど、スイーツメニューもあり、ワインバーのような堅苦しさはなく、ワインを飲む人も飲まない人も楽しめる店になっている。

画像: 里芋を柴漬けやアオサで和えたコイモサラダ・ハーフサイズ¥300、ナチュラルワイン・グラス¥800~

里芋を柴漬けやアオサで和えたコイモサラダ・ハーフサイズ¥300、ナチュラルワイン・グラス¥800~

 しかも、パティシエ時代はタイのベジタリアンカフェで10年働いていたこともあり、フードメニューには、和やフレンチに加え、タイテイストをミックスした料理も並び、食欲をそそられっぱなし。

 さらに店を開く前には、ヴィーガンベーカリー「アペリラ」でパン職人としての経験を積み、自家製天然酵母パンを使ったタルティーヌも絶品だ。

coimo wine & cafe
住所:京都市左京区一乗寺払殿町38-3 パールハイツ1F
営業時間:15:00~22:00LO(水曜18:00~)
定休日:火曜、他不定休あり
TEL. なし
公式サイトはこちらから

coimo wine & cafeの情報をもっと見る>

京都駅南「ALKAA(アルカー)」

画像: オレンジの果汁や皮、カラマンシービネガーを使った柑橘香るキャロットラペを添えた自家製ロースハム¥770。豚の脂に負けない厚みのある白、アルザスのピノグリグラス¥1,500

オレンジの果汁や皮、カラマンシービネガーを使った柑橘香るキャロットラペを添えた自家製ロースハム¥770。豚の脂に負けない厚みのある白、アルザスのピノグリグラス¥1,500

 2022年3月、京都駅の南側にオープンしたナチュラルワインに特化したワインバー「ALKAA」。京都駅の新幹線八条口まで徒歩4分という立地に加え、午後2時オープンという営業時間も、旅行者がホテルのチェックイン前や帰路につく前に立ち寄りやすい一軒だ。

画像: 飲食店不毛の地と呼ばれる京都駅の南に、2022年3月オープン

飲食店不毛の地と呼ばれる京都駅の南に、2022年3月オープン

 看板に”ワインとおやつ”と書かれているように、ナチュラルワインの相棒には、シャルキュトリーや前菜だけでなく、焼き菓子やプリンを推奨。夫婦二人で切り盛りされていて、パティシエの妻・堅田恵子さんがおやつ作りを担当している。
 とはいえ、”カフェ使いもできる”ワインバーではなく、コーヒーをはじめ、ソフトドリンクは一切ない。カヌレは、少し皮が厚く、外カリッ、中むっちりな理想の仕上がりでファンも多いが、持ち帰りはできず、あくまでもワインのお供というスタンスを貫いている。

画像: 1階はカウンター7席

1階はカウンター7席

ALKAA(アルカー)
住所:京都市南区東九条西山王町15-7
営業時間:14:00~24:00(休みの日の翌日は18:00~)
定休日:不定休(Instagramでお知らせ)
TEL. 070(9017)1507
公式サイトはこちら

ALKAA(アルカー)の情報をもっと見る>

御所西「酒場 井倉木材」

画像: 店内のほか、材木置き場でも立ち飲みできる

店内のほか、材木置き場でも立ち飲みできる

 「酒場なのに木材?」という謎めいた店名。その正体は、昼は木材屋、夜は酒場という前代未聞な二毛作店。夕方5時になると、材木置き場に、ビールケースを積み上げた簡易テーブルが置かれ、立ち飲みスペースに早変わりする。

 当初は、家業の材木店を継ぐつもりはなかったという井倉康博さん。元々、食べ歩くのが大好きで、いずれは自分の店を開きたいと思っていたなか、12年前、その夢を叶えるために、会社勤めを辞め、居酒屋で働き始めたところに、御父様が急逝。急に会社をたたむわけにもいかず、平日は材木店を切り盛りし、週末は居酒屋修行を行い、1年を過ぎた頃、「自分の代で店をやめるのは申し訳ない。でもやっぱり飲食店をやりたい」という思いで、一念発起。材木店の事務所を店舗に改装し、今のスタイルでの営業が始まった。

画像: 「ポテトサラダ」¥90。鮭などを凍らせ、薄くスライスして食べる北海道の郷土料理、ルイベ。カニの味噌と身を凍らせた「かにみそルイベ」¥900。生ビール¥600

「ポテトサラダ」¥90。鮭などを凍らせ、薄くスライスして食べる北海道の郷土料理、ルイベ。カニの味噌と身を凍らせた「かにみそルイベ」¥900。生ビール¥600

「季節のちょっといいもんを食べたいという声も多くて」と、初冬にはコッペガニをさばいて甲羅に盛り付けた割烹さながらの「特大コッペ蟹」も登場する。

 店内カウンターは店主や隣客とも距離が近く、一人客も居心地抜群。真夏や真冬は特にカウンターから埋まりすく、口開けの17時が狙い目。

酒場 井倉木材
住所:京都市上京区薮之内町77-1
営業時間:17:00~22:00(21:00LO)
定休日:日曜、祝日
TEL. なし
公式サイトはこちら

酒場 井倉木材の情報をもっと見る>

モーニング・朝食

銀閣寺「酒菓喫茶 かしはて」の朝菓子の会

 鴨川沿いには、京都の夏の風物詩である川床が立ちならび、遠くには比叡山をはじめ、山々が広がり、古都の風情溢れる景色が楽しめる。

 店を開いた2012年頃は、京都にはまだ立ち飲み店が少なく、”材木店で飲む”というシチュエーションも話題になり、一気に人気店となった。

画像: 「朝菓子の会」一品目は「国産オレンジのサラダ仕立て」。オレンジとカマンベールチーズは熟成バルサミコとオリーブオイルで味付け、柑橘と相性のいいカカオニブとココアをトッピング

「朝菓子の会」一品目は「国産オレンジのサラダ仕立て」。オレンジとカマンベールチーズは熟成バルサミコとオリーブオイルで味付け、柑橘と相性のいいカカオニブとココアをトッピング

 2022年9月にオープンした「酒菓喫茶 かしはて」は店名の通り、菓子やお茶、お酒を提供する喫茶店だ。店主・得能めぐみさんは、京都の人気カフェ出身で、チャイニーズ・ガストロノミーでも腕を磨き、季節のフルーツを使ったケーキやパフェを得意としている。

 店の周辺には銀閣寺や法然院など、観光名所が点在し、「朝のスタートを切るにはぴったりなロケーションでしょ」と、通常営業の前に、菓子4品をコースで楽しめる「朝菓子の会」も開催されている(3営業日前までの要予約)。
 得能さん自身が「しっかり甘い菓子が苦手」ということで、甘ったるさは一切なし。朝をイメージし、巷のアフタヌーンティーやデセールコースよりも軽やかな構成で、4品食べても食べ疲れせず、心とおなかがスーッと満たされていくようだ。

画像: この日のグランデセールは「イチゴとカスタードのパイ」。極薄のパイがエアリーなミルフィーユに、ピスタチオとカルダモンバニラのアイスクリームを添えて。3月は通常営業時間中にも単品で注文することもできる。¥1,450

この日のグランデセールは「イチゴとカスタードのパイ」。極薄のパイがエアリーなミルフィーユに、ピスタチオとカルダモンバニラのアイスクリームを添えて。3月は通常営業時間中にも単品で注文することもできる。¥1,450

酒菓喫茶 かしはて
住所:京都市左京区浄土寺上南田町37-1
営業時間:12:00~17:00(LO16:30)、朝菓子の会は10:00スタート
定休日:水曜、他不定休あり
TEL. なし
朝菓子の会は3営業日前までの要予約
※桜の季節の繁忙期は、通常営業時も前日までインスタグラムのDMから予約が可能
予約はインスタのDMより
公式インスタグラムはこちら

酒菓喫茶 かしはての情報をもっと見る>

河原町「SPICE GATE」の朝カレー

画像: 京風スパイス朝定食「カレーリーフ香る魚介出汁カレー」¥1200

京風スパイス朝定食「カレーリーフ香る魚介出汁カレー」¥1200

「SPICE GATE」は、全国的にも珍しい朝営業を行なっているカレー専門店だ。「朝からカレーは重たい・・・」と思われるかもしれないが、「SPICE GATE」では、「京風スパイス朝定食」と題し、和朝食をイメージした、寝起きのおなかにもあっさり優しいカレーを提供している。

 プレートにライスとカレーのほか、副菜がたっぷりのったスタイルは、南インドのミールスを彷彿させるが、その内容は、ニゲラの梅キクラゲやアサリとメースの佃煮、カシミールチリの千枚漬など、和朝食をスパイスを使って再構築。バスマティライスも「祇園 北川半兵衛」の煎茶で炊くことで、グルタミン酸でうま味を加味し、香り高く仕上げている。プレートに添えるカレーは2、3種類から選べるが、今回は、定番の「カレーリーフ香る魚介出汁カレー」をセレクト。

 さらにカレーのほか、パティシエのスタッフが作るギーやスパイスを使ったスイーツやスコーンも楽しむことも。

画像: ランチは、朝食とは趣向を変え、鹿モモカツカレーをはじめ、がっつり系カレーを提供される

ランチは、朝食とは趣向を変え、鹿モモカツカレーをはじめ、がっつり系カレーを提供される

SPICE GATE
住所:京都市下京区恵美須之町546ー1 しきさい寺町ビル2F
営業時間:7:30~L.O.11:00、11:30~L.O.16:00(水曜・金曜~L.O.21:00)
定休日:火曜
TEL. 075-741-7554
公式サイトはこちら

SPICE GATEの情報をもっと見る>

寺町三条「スマート珈琲店」

画像: ホットケーキは昭和7年の創業時から変わらないメニュー

ホットケーキは昭和7年の創業時から変わらないメニュー

 昔は、京都旅行と言えば、寺社仏閣に湯豆腐、抹茶スイーツ…と、わかりやすく京都らしいものが求められていたが、最近は地元の人に愛される普段着の店や食に注目が集まっている。
 街のおうどん屋さんや中華料理店など、以前はご近所ユースだった店が行列必至の人気店になってしまうことも多く、「スマート珈琲店」はまさにその代表格だ。

 私の実家は「スマート珈琲店」のご近所にあり、ホットケーキ目当てに、小さい頃から祖母や両親によく連れてってもらったが、その頃はタバコ片手にコーヒーを楽しむおじさんたちで賑わっていて、いつ行っても並ぶことなく入れていた。

「メニューも店もなんにも変わってないんやけど。25年くらい前、兄が修行から戻ってきて、昼だけ2階で洋食ランチをやりだした頃から、雑誌でも取り上げてもらったり、旅行の人がぐんっと増えた気がします」と、3代目店主・元木章さん。

画像: 50年前から変わっていないという店内

50年前から変わっていないという店内

 オープン時間も昔から変わらず朝8時。モーニングメニューはないが、サンドイッチを朝食に楽しむ人で賑わっている。甘い朝食好きには、ホットケーキにするかフレンチトーストにするか悩ましいところだ。

画像: ホットケーキ、フレンチトースト各¥750

ホットケーキ、フレンチトースト各¥750

「スマート珈琲店」は、昭和7年に食堂として創業し、戦後に喫茶店に転身したが、ホットケーキは食堂時代から出しているメニューだそう。
 初代の奥様(現店主の祖母)のレシピで今も作られていて、分厚い鉄板で焼くことでふっくら膨れ上がり、これぞホットケーキのお手本というべき美しい焼き色に。自家製シロップも甘すぎず、ビシャビシャにかけてホットケーキにシロップをたっぷり吸わせて食べるのがおすすめだ。

スマート珈琲店
住所:京都市中京区寺町通三条上ル天性寺前町537
営業時間:8:00~19:00(2Fランチは11:00~14:30L.O.)
定休日:無休(2Fランチは火曜休)
TEL. 075-231-6547

スマート珈琲店の情報をもっと見る>

清水五条の「汽[ki:]」のレバノン料理

画像: モーニングプレート・チキンとファラフェルミックス ¥1,800

モーニングプレート・チキンとファラフェルミックス ¥1,800

 2021年のオープン以来、地元人にも国内外からのツーリストにも人気のレバノン料理店「汽[ki:]」。
 オーナー長野浩丈さんは、パリや東京、大阪のレストランで腕をふるってきたフレンチ料理歴25年のシェフであり、「これからは限られた方しか来られないレストランではなく、年齢や宗教、思想などの垣根なく楽しめる多様性のある店がしたい」と、レバノン料理に転身。
「カジュアルだけど、ジャンクじゃない健康的なファストフードダイニングを目指しています」と、朝と昼のみの営業で、どちらも選べるメインに副菜をたっぷり付けたワンプレートで提供している。

 キッチン内には薪焼きや炭焼きができる蓋つきのファイヤーピットを設置し、ランチのメインはファイヤーピットで焼いたチキンやビーフ、季節野菜を選ぶことができ、モーニングのメインでは、ランチ営業後の残り火で低温調理したスモークチキンを選ぶことができる。
 卵を使わずに大豆とオリーブオイルでコクを出したアイオリソースをはじめ、メイン以外は動物性の食材不使用で、メインにひよこ豆のコロッケ・ファラフェルを選べば、ヴィーガン対応も。

画像: ピタパンは、畑で採れた野菜のくずや皮を炭にして生地に練り込んでいるので黒色に

ピタパンは、畑で採れた野菜のくずや皮を炭にして生地に練り込んでいるので黒色に

 プレートには、ピタパンがセットされているので、ピタパンに大豆のアイオリソースとフムスを塗り、具材をたっぷり入れてピタパンサンドにしていただくのがおすすめ。

汽[ki:]
住所:京都市下京区都市町149
営業時間:8:00~9:45(L.O)、11:00~14:45(L.O.)、持ち帰りは9:00~15:00
定休日:水曜
TEL. 075(585)4224
※2023年6月から、朝食のみTable Checkで予約可能

汽[ki:]の情報をもっと見る>

韓国料理

河原町「ははは」

画像: 3つの小皿が付いたコングッス定食¥1,200

3つの小皿が付いたコングッス定食¥1,200

 京都で韓国料理店を6店舗展開する「ピニョ食堂」。店ごとに違ったスタイルで韓国の食文化を発信し、「ははは」は、現地の”呑める食堂”を再現。「韓国では昼呑み文化が定着していて、食堂でも昼からビールやチャミスルを楽しんでいる光景をよく目にします」と、オーナーの全敞一さん。メニューには定食もあれば、お酒の供になるパンチャン(惣菜)やアンジュ(肴)がそろっている。

画像: 通年出されているコサリユッケジャン定食¥1,500。ゼンマイと豚肉を煮込んだチェジュ島の郷土料理

通年出されているコサリユッケジャン定食¥1,500。ゼンマイと豚肉を煮込んだチェジュ島の郷土料理

 定食の中で今の時期にオススメなのが、夏限定のコングッス。キーンと冷えた冷麦をすりつぶした大豆といりこだしを合わせたスープでいただく韓国の夏の定番。こっくりとろとろのスープは大豆のそのもの。濃厚ながらあっさりしていて、食欲のない時にもスルスルいけるおいしさだ。

「ははは」
住所:京都市恵美須之町516-1
営業時間:11:30~21:30(21:00L.O.)
定休日:木曜、第3水曜
TEL. 075-204-2202
公式サイトはこちら

はははの情報をもっと見る>

中華料理

祇園「廣東料理 平安」

画像: カラシソバ¥1,000

カラシソバ¥1,000

 ニンニクや香辛料が控えめのあっさり薄味の京都中華。京都で生まれ育った私は、正統な広東料理だと思って食べていたものが、実は京都だけのスタイルだったと大人になってから気づき、驚いた。
 京都中華の先駆けと言われる「第一樓」や「鳳舞」はどちらも今はもうないが、現在もお弟子さんたちが活躍していて、今回紹介する「廣東料理 平安」も「第一樓」出身の元木登さんが営む店だ。
 祇園という場所柄、芸舞妓さんがお座敷に上がる前も安心して食べられるよう、創業時からにんにくは不使用。鶏ガラを10時間炊いた出汁に、かつおを加えたまろやかなスープをベースに、日本酒や濃口醬油、穀物酢といった和食のような調味料で仕上げていく。そのため、あっさり親しみしやすい優しい味わいで、それをはんなり京都っぽいと称する人も。

 メニューには、京都中華を代表するメニュー「からしそば」もあり。こちらは、からしで和えた中華麺の上に具だくさんのあんかけがのった麺料理で、「第一樓」の料理人だった高華吉さんが考案。「第一樓」や「鳳舞」の系譜を継ぐ店で出されていることが多い。
「廣東料理 平安」では、酢で練った洋辛子を使い、辛さを選べるのが特徴。
辛さの段階を中学生(辛さ控えめ)、高校生(標準)、大学生(辛め)と表現するのも平安流。「辛さは?」と聞かれた時、「社会人」と答える激辛好きもいるそう。

画像: とろみがついているので冷めにくく、体も温まる

とろみがついているので冷めにくく、体も温まる

 からしそばが運ばれてきたら、まずは具材と麺を豪快にかき混ぜて。麺をすすると、鼻がつんっとなる辛さを感じ、それがクセになり、箸が進む。鶏スープをベースにした餡もしみじみとした味わいで、辛子との相性も抜群。ごろりと大ぶりにカットされた鶏肉や海老やタケノコ、木クラゲなど、たっぷりの具材も食べ応えがあり、シャキシャキのレタスもいいアクセントになっている。最後は酢を加えてさっぱり味変するのもオススメだ。

廣東料理 平安
住所:京都市東山区縄手通富永町131たから船ビル1F
営業時間:12:00~14:00、17:00~22:00
定休日:水曜、木曜
TEL. 075-531-2287

廣東料理 平安の情報をもっと見る>

四条河原町「広東料理 芙蓉園」

画像: 看板メニューの鳳凰蛋(ホウオウタン)と焼売

看板メニューの鳳凰蛋(ホウオウタン)と焼売

「広東料理 芙蓉園」の初代は、今はすでに閉店しまった京都中華の先駆け「第一樓」や「鳳舞」を開いた高華吉さんの日本で初めてのお弟子さん。現在は、二代目・加地数男さんが父の味を引き継いでいる。

 京都中華は、ニンニクや香辛料を使わないあっさり薄味を特徴とするが、こちらでは、ニンニクのみならず、ショウガも一切使っていないという。京都中華の流れを組みつつ、独自の工夫やアレンジを加えたメニューも多く、人気の鶏肉入り卵焼き、鳳凰蛋(ホウオウタン)も初代が考案したものだ。

 広東料理から独自の進化を遂げた京都中華は鶏ガラスープを味のベースにした料理が多く、ホウオウタンも鶏ガラスープをたっぷり使い、卵も半熟とろとろに。しかもこちらでは、鶏ガラスープを毎日、追いたして作っているそうで、スープの味が濃い。醬油と砂糖が入ったちょっと甘めの味付けで、私は長らくこれがこの店のオリジナルと気づかず、京都中華の定番だと思っていたぐらい親しみやすい味わい。チャーハンと一緒に食べるのもお気に入りだ。

画像: 昭和30年創業。親子3代で通う常連さんもいる地元で愛される店

昭和30年創業。親子3代で通う常連さんもいる地元で愛される店

広東料理 芙蓉園
住所:京都市下京区市之町240
営業時間:昼は二部制12:00~、13:10~、17:30~20:00(L.O.)
定休日:火曜、水曜
TEL. 075-351-2249

四条河原町「広東料理 芙蓉園」の情報をもっと見る>

紫野「中華のサカイ本店」

画像: 名物の冷麺。そして中華料理店ながらオムライスも人気だそう

名物の冷麺。そして中華料理店ながらオムライスも人気だそう

「中華のサカイ本店」と言えば、冷麺。逆もしかり、京都で冷麺と言えば、「中華のサカイ本店」と答える人も多い。ちなみに冷麺とは全国的に言う冷やし中華のことである。
 大徳寺の東側に位置し、決してアクセスがいい場所ではないが、サカイの冷麺を食べるために、わざわざ訪れてしまうほど、シンプルにして唯一無二のおいしさだ。

 自家製マヨネーズや酢、からし、鶏ガラスープを使ったソースはクリーミーかつコクもあり、爽やかな酸味とほのかな辛みもふわり。親しみやすい味ながら、再現不可能な味わいで、湯がいた後に氷水でしめたキンキンに冷えた太麺にたっぷりからませていただけば、箸が止まらない。
「うちは麺とタレがメインやしね」と、具材はあえて焼き豚(またはハム)、キュウリ、刻み海苔と、シンプルに。自家製の焼き豚もあっさりしていて、主張しすぎず、脇役に徹している。

 冷麺は昭和28年から出しているメニューで、最初は他店と同じく、夏限定だったとか。ところが、サカイの冷麺で育った人たちが、正月に実家に帰った時に食べたいという声や、年末に帰省する際に田舎に持って帰りたいという声が多く、30年前から一年中出すようになったそう。

画像: テイクアウト専用の小窓カウンターもあり。冷麺も持ち帰れる

テイクアウト専用の小窓カウンターもあり。冷麺も持ち帰れる

中華のサカイ本店
住所:京都市北区紫野上門前町92
営業時間:11:00~16:00(15:50L.O.)、17:00~21:00(20:30L.O.)
定休日:月曜(祝日の場合営業、翌火曜休)
TEL. 075-492-5004

中華のサカイ本店の情報をもっと見る>

画像: 天野準子 生まれてこの方、碁盤の目と呼ばれる京都の街中暮らし。雑誌やWEBで京都にまつわるライティングやコーディネートを行っている。プライベートでは、強靱な胃袋を武器に日々、おいしいものをハント

天野準子
生まれてこの方、碁盤の目と呼ばれる京都の街中暮らし。雑誌やWEBで京都にまつわるライティングやコーディネートを行っている。プライベートでは、強靱な胃袋を武器に日々、おいしいものをハント

京都人・天野準子の「これ、おいしいから食べよし」記事一覧へ

T JAPAN LINE@友だち募集中!
おすすめ情報をお届け

友だち追加
 

LATEST

This article is a sponsored article by
''.