その起源を「ソロモン王とシバの女王」の伝説に遡り、“世界最古の国”とも称されるエチオピア。独自の伝統と鮮やかな文化が息づくこの地への旅は、さながら古代へのタイムトラベルのようだ

TEXT & PHOTOGRAPHS BY WALTER GRIAO, TRANSLATED BY SHINJIRO MINATO

 遡ること約15年前、私がまだ18歳だった頃。ブラジル・サンパウロのパウリスタ通りにある本屋に入った時のことを今でも覚えている。当時は「世界をもっと知りたい」という気持ちを強く抱いていたこともあり、ふと一冊の歴史書を開くと、ラリベラ(北エチオピア、アムハラ州の町)の岩窟教会群が目に飛び込んできた。

 そして今、私はたくさんの草花に囲まれた、あるホテルの屋上に立っている。あの時、本で目にしたラリベラに今まさに自分がいて、山の間に沈む夕日を眺めているのだ。
 そんな夢の実現に思いを馳せる一方で、ここエチオピアでは治安維持を理由に政府が一時的に電気とインターネット回線を制限していた。携帯の充電がなくなり、私はオンライン空間からすっかり隔絶されてしまった。

 夕日が最後の光を大地に投げかけると、やがて月がのぼり、薄暗い路地やホテルの誰もいない廊下を銀色の光で照らしはじめる。非常用発電機のおかげで、街のところどころで小さな電灯がぼんやり光っている。そんな光景すらも、まるで、ここエチオピアの人々の慎ましやかな生活を象徴しているかのようで、魅力的に映る。

画像: 地元の人々が木の下で会合を開く様子。美しく慎ましやかな印象を受ける

地元の人々が木の下で会合を開く様子。美しく慎ましやかな印象を受ける

 今回の滞在では多くの時間を地元のガイドと一緒に過ごした。彼は屈強なエチオピアの若者で、ヨーロッパからの要人のアテンドもするという。道中、彼が話してくれた中で、とても気に入った話を紹介したい。祭りの日におこなわれる、あるロマンチックな伝統行事についてだ。

 祭りの日、地元の若い女性たちは綺麗に着飾り、エチオピアではよくあるカラフルな傘をさして街に出かける。一方、男性たちは、もしお気に入りの女性を見つけたらその子の気を引くために、ある行為をおこなう――気になる女性がさしている傘めがけて、小さなライムを1つ投げるのだ。もし女性がニッコリと振り向き、地面に落ちたライムを拾い上げたら“OK”の合図。そのあとは女性が、その彼を家に招いて、デートをしてよいか両親に許可を求めるそうだ。

 電気がつかないホテルから始まった今回のエチオピアの旅は、この素敵な話とどこかつながっているような気がした。一見、けっして豊かとは言えない不便な生活の中にこそ、自分が暮らす環境では感じることのできないシンプルで美しいものが存在している。ラリベラから、エチオピアの首都であるアディスアベバへと移動する道中、そんな考えが脳裏から離れなかった。エチオピアはアフリカの中で唯一、植民地化を拒み独立を保ち続けた国でもある。

 

This article is a sponsored article by
''.