私の友人は、写真家のウィリアム・ウェグマンの家の近所に住んでいる。彼女がそのことを知ったのは犬の散歩中、ひとりの男性が2匹のワイマラナー、“フロ”と“トッパー”に話しかけているのを見かけたからだ。彼女だけでなく、犬と芸術を愛する誇り高きニューヨーカーであれば誰でも、その男性がウィリアム・ウェグマンだとすぐに気づくだろう。ウェグマンが飼う犬たちは、かなり有名なのだ。犬種はつねにワイマラナーで、ひどく特徴的な名前がつけられている。それは、ウェグマンがワイマラナーを撮影しはじめた70年代から変わらない。


 最初に彼が被写体にした愛犬の名は、マン・レイ(ダダイズムの有名な写真家の名前)だった。マン・レイがガンで亡くなる1982年まで、ウェグマンはこの愛犬とともに写真やビデオ作品を作り上げてきた。その82年に、アメリカの週刊紙『ヴィレッジ・ヴォイス』は、“今年の顔”にマン・レイを選んでいる。犬のマン・レイが、人間のようにマスコミに取り上げられるのも驚くべきことではない。ウェグマンの作品として写しとられたマン・レイは、グラスに入ったミルクを飲んだり、学校の成績表を受けとったりと、まさに人間がふだんやっている姿そのままだからだ。


 これまでウェグマンは何匹ものワイマラナーを飼ってきた。その愛犬たちは、数え切れないほどの写真集や展覧会の作品制作のため、手の込んだ衣装も気長に身に着けてくれた。実際には、ウェグマンは長年にわたって発表してきた作品よりも、ずっと多くの写真を撮影している。「撮影したまま見返すことなくしまっておいた何箱もの写真を、最近チェックしてみたんだ。それはまるで宝物を掘り出しているかのような気分だったし、その中から本当におもしろいシチュエーションの作品も見つけることができた」とウェグマン。「今までやったことがないと思っていたことをじつはすでにやっていたり、以前見捨てた方向性の作品が案外おもしろく思えたりね。しかし、当時やっていたことを忘れてしまっているとは――なんて貧弱な記憶力なんだ!」


 10月に発売される彼の新しい写真集『William Wegman: Being Human』に掲載された作品の多くは、こうして再発掘されたものだ。また、9月5日からニューヨークのスペロン・ウエストウォーター・ギャラリーで開催されている展覧会『Dressed and Undressed』でも、多くの未発表のポラロイド写真を見ることができる。


 展覧会に先駆けて、ウェグマンは未公開の作品をT magazineで発表。それぞれの作品の制作時の思い出についても語ってくれた。



『Uphill』1990年

「これは愛犬バティが自転車に乗っているところ。どうやってこれを撮ったかわかる? よく見みると、自転車のスタンドが降りていて、それを平らな石で支えている。だからすごく安全なんだ。私が飼っている犬のほとんどは、このポーズができる。だって、ただシンプルに座ってるだけだからね」



『Wolf』1994年

「これは、バティの母親のフェイだね。犬をほかの動物に変身させようと、いろんなキャラクターを表現できるハロウィングッズを買い集めてた時期があったんだ。これはとてもうまくいった作品。とりわけ犬にとってスタンダードな“お座り”のポーズをしているところがすごく気に入っている」



『Whisper』1998年

一時期、犬たちをいろんなキャラクターにドレスアップして撮影していたことがあった。私が使っていたポラロイドカメラは縦位置でしか撮影できないという制限もあったから。24×20インチの縦位置で、とても大きく、一眼レフのカメラのように手で持って撮影することができなくてね。だから、被写体をカメラの位置まで近づけるしかない。もちろん、スツールや台座に犬を座らせたりしてカメラの位置に合わせるんだけれど。そうこうしているうちに、犬たちに衣装を着せはじめたんだ