日本で最も来館者数の多い美術館である金沢21世紀美術館の館長に女性として初めて就任した長谷川祐子。アグレッシブなキュレーターとして世界的にも高い評価を得る彼女が目指す、これからの美術館像とは?

BY JUN ISHIDA, PHOTOGRAPHS BY MIE MORIMOTO

 世界のアート界で最も知られている日本のキュレーターといえば、長谷川祐子ではないだろうか。イスタンブール、上海、ベネチア、サンパウロ、モスクワ等々の都市で開催された国際美術展のコミッショナーやキュレーターを務め、日本の若い才能を積極的に紹介してきた。また国内に向けても、クリスチャン・ボルタンスキーやマシュー・バーニーをいち早く紹介し、近年では東京都現代美術館でオラファー・エリアソンとともに気候変動に真正面から向き合った実験的な展覧会も企画した。

このアート界のパワーウーマンが、今年4 月、金沢21世紀美術館の館長に就任した。実は、長谷川は2004年に開館したこの美術館の立ち上げメンバーでもある。準備段階から携わり、SANAAが手がけ話題を集めた建物の設計においても大きな役割を果たした。今回の館長就任は、長谷川にとっていわば自分のホームへの帰還でもある。今や、日本で最も多くの来館者数を誇る美術館にまで成長した金沢21世紀美術館で、彼女は何を試みるのか? 金沢に長谷川を訪ねた。

画像: 長谷川祐子(YUKO HASEGAWA) 水戸芸術館学芸員、ホイットニー美術館客員キュレーター、世田谷美術館学芸員、金沢21世紀美術館学芸課長及び芸術監督、東京都現代美術館学芸課長及び参事を経て、2021年4月金沢21世紀美術館館長に就任 開館時からの恒久展示作品であるパトリック・ブランの《緑の橋》の前に佇む長谷川祐子

長谷川祐子(YUKO HASEGAWA)
水戸芸術館学芸員、ホイットニー美術館客員キュレーター、世田谷美術館学芸員、金沢21世紀美術館学芸課長及び芸術監督、東京都現代美術館学芸課長及び参事を経て、2021年4月金沢21世紀美術館館長に就任

開館時からの恒久展示作品であるパトリック・ブランの《緑の橋》の前に佇む長谷川祐子

サスティナビリティを考えた美術館

 長谷川が金沢に戻り、まず最初にスタッフに話したことは、2024年に開館20周年を迎える美術館としての心構えだという。「開館当時とは、社会的な状況が大きく変わりました。この館が20歳を迎えるにあたって、どういう支度・心構えをすべきなのか。当初掲げていた意志を受け継ぎながら今の状況にどのように対応するか、ということを皆さんにお話ししました。それが館長として最初に行なったことです」

 金沢21世紀美術館が当初掲げた意志とは何か? 美術館のホームページには長谷川の館長ステイトメントが掲載されているが、そこでは「開かれた美術館」であることと「サスティナビリティ」が、開館時からの美術館のミッションであったと記されている。「金沢の準備室に入る前に、私は世田谷美術館に勤めていたのですけれど、ちょうどバブルが弾けたあとで、現代アートは冬の時代でした。現代アートをテーマにした展示だとなかなか人が入らず、企画を通すのも大変な状況で。ならば現代アートを掲げる金沢は、美術館としてどうやって生き延びればよいのかと考え、サスティナビリティの発想が生まれたのです」

画像: 円形が特徴的な金沢21世紀美術館。館内には形状、高さ、大きさの異なる14の展示室が配置されている。無料のパブリックプログラムを提供する交流ゾーンを併設した建物は地域の人々にも活用され、取材時は地元の中学生が写生の授業で訪れていた

円形が特徴的な金沢21世紀美術館。館内には形状、高さ、大きさの異なる14の展示室が配置されている。無料のパブリックプログラムを提供する交流ゾーンを併設した建物は地域の人々にも活用され、取材時は地元の中学生が写生の授業で訪れていた

 美術館のサスティナビリティを実現するために実践したことは、展示施工にコストがかからない設計と恒久展示作品の充実だ。独立した大小の展示室を作ることにより、展覧会のたびに壁を作ったり防音調整をしたりする必要がなくなり、経費の削減を実現した。また自然光を精緻な調光装置で取り入れ、空調も必要な部分にだけ空気が回るようコントロールするなど、環境への配慮も行なった。

「試練があればこそ、アイデアが生まれます。私は現代アートというのは貧乏と道連れだと思っていたので(笑)、そこから美術館として運営していけるサスティナビリティと環境に対してやさしいあり方というのを考えました」

 金沢21世紀美術館の目玉のひとつであるコレクション作品の充実も、サスティナビリティの考えに基づいたものだ。レアンドロ・エルリッヒ、オラファー・エリアソン、ジェームズ・タレル……、ここでは世界のトップアーティストの作品が美術館と一体となる形で恒久展示されている。多額の費用がかかるブロックバスター展を行わなくても、これらの作品目あてに美術館には日々多くの人が訪れている。

画像: 光庭に設置されたレアンドロ・エルリッヒの《スイミング・プール》(2004年)。観覧希望者多数のため、地下部への入場には事前予約もしくは当日順番待ち受付システムへの登録が必要となっている。詳細は 美術館公式サイト を参照 LEANDRO ERLICH《THE SWIMMING POOL》2004

光庭に設置されたレアンドロ・エルリッヒの《スイミング・プール》(2004年)。観覧希望者多数のため、地下部への入場には事前予約もしくは当日順番待ち受付システムへの登録が必要となっている。詳細は美術館公式サイトを参照
LEANDRO ERLICH《THE SWIMMING POOL》2004

「恒久展示作品は見るたびに異なる体験が得られる、“体験型”の作品です。それもシンプルなインタラクションではなく、“所与の条件”とともに創り出すいわば共同制作のようなもの。誰と一緒に来たか、どういう天気だったかによって、体験は異なりますよね。自分自身がここにあることによって、初めて作品が成立して目の前に現れてくる、ということがとても大切なんです」

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.