人と対話を重ねることを是とし、尊重し合うことで成長の糧とする。多種多様な役どころをいとも軽やかに演じてみせる町田啓太のしなやかさは、決して一朝一夕に得られたものではない

BY SATOKO HATAKEYAMA, PHOTOGRAPHS BY SASU TEI (W), STYLED BY TOMOKI SUKEZANE, HAIR & MAKEUP BY KOHEY

 町田啓太は、昨今続く話題作への出演と多彩な役どころから、さまざまな場面で「勢いがある」「波に乗っている」と形容される俳優である。恵まれた体軀で最新ファッションを纏って雑誌に登場したかと思えば、一方では、知的かつ落ち着いた面持ちでバラエティ番組のトークも軽々とこなしてみせる。町田啓太という俳優の存在をつい最近知ったばかりという人であれば、現在の彼のフレッシュかつスマートな佇まいが、デビューから約12年というキャリアを積み重ねた上にあるということに、少なからず驚くに違いない。

「ありがたいことに、最近はさまざまなことに挑戦させてもらっているので、すべて楽しくやらせていただいています。今年で32歳になりますが、デビュー当時は実年齢よりも上に見られていたので、やっと年齢が追いついてきた感があります。俳優として活動し始めた当初は手探り状態で、それはもうたくさんの方々に助けられてきました。自分なりにやりがいや楽しみを見いだせたのも、素晴らしい方々や作品との出会いがあってこそ。本当に感謝しています」

画像: 絶妙なサイズバランスとシルエットでクラシックなアイテムをモダンに進化させるプラダ。カメラの前で町田が描く軽妙なステップが、その魅力を一気に加速させて ジャケット¥495,000、ニットポロ¥220,000(ともに予定価格)、パンツ(参考色)¥258,500(予定価格)、ベルトつきインナーパンツ(参考商品)、靴¥140,800(予定価格)/プラダ プラダ クライアントサービス フリーダイヤル:0120-451-913

絶妙なサイズバランスとシルエットでクラシックなアイテムをモダンに進化させるプラダ。カメラの前で町田が描く軽妙なステップが、その魅力を一気に加速させて
ジャケット¥495,000、ニットポロ¥220,000(ともに予定価格)、パンツ(参考色)¥258,500(予定価格)、ベルトつきインナーパンツ(参考商品)、靴¥140,800(予定価格)/プラダ
プラダ クライアントサービス
フリーダイヤル:0120-451-913

 大学在学中から演技とダンスのレッスンをスタート。2010年に挑んだ劇団EXILEのオーディションで、約2,000人の応募者の中から見事合格を果たすも、思うような活躍ができない日々が続いた。自身も「腐りかけた」と語った試練の日々からの転機となったのが、2014年のNHK連続テレビ小説『花子とアン』への出演だ。オーディションの志望動機を応募書類に手書きするところから始まり、数回の審査を経て獲得したのは、主人公の義弟という重要な役どころ。「自分をみていただき、チャンスをもらえたという手応えがあった」という当時の経験はまた、共演者やスタッフとの現場での対話や交流が、自身の成長には欠かせないと気づいた機会でもあったと語る。

「さかのぼればすべての作品が、学びの基となっています。なかでも『花子とアン』、その後に出演したドラマ『美女と男子』で仲間由紀恵さんとご一緒させていただいたことは、僕の中で大きな糧となって今につながっています。最近では映画『チェリまほ THE MOVIE~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい~』で共演した赤楚衛二(あかそえいじ)さんほか同世代のスタッフと、密にディスカッションしながら役を練り上げたことも素晴らしい経験です。20代の頃よりも自分の考えを言語化できるようになり、周りの方々に話を聴いてもらえたことが大きいかもしれません。俳優という仕事は役柄を理解することはもちろん、どうアウトプットするかが重要です。ささいなことでも相談したり、誠実さをもって議論することが、よりよい作品作りにつながるのだとここでも実感できました」

画像: 一見、同柄に見えるスリーピースは極小の異なるチェックをアイテムで重ねた繊細な仕掛け。現場での対話を 積み上げることで役を練り上げる、町田啓太の姿とも大いにリンクする ジャケット¥81,400、ベスト¥33,000、シャツ¥26,400、パンツ¥35,200、ネクタイ¥19,800・靴¥52,800/ランバン コレクション ジョイックスコーポレーション Tel. 03(5213)2532 靴下/スタイリスト私物

一見、同柄に見えるスリーピースは極小の異なるチェックをアイテムで重ねた繊細な仕掛け。現場での対話を
積み上げることで役を練り上げる、町田啓太の姿とも大いにリンクする
ジャケット¥81,400、ベスト¥33,000、シャツ¥26,400、パンツ¥35,200、ネクタイ¥19,800・靴¥52,800/ランバン コレクション
ジョイックスコーポレーション
Tel. 03(5213)2532 
靴下/スタイリスト私物

 そんな彼が「価値観を共有しながら寄り添うことの大切さを、さらに学ぶことができた」と語るのが、今年6月3日公開の映画『太陽とボレロ』だ。とある地方都市のアマチュア交響楽団を舞台に、経営難で解散騒動が持ち上がった楽団の個性豊かなメンバーたちの人生を、自身も出演を果たす水谷豊監督がユーモアを交え、生き生きと描くこの作品。町田は劇中で、解散宣言で動揺しながらもなんとか楽団員たちをまとめようと奔走する若きトランペット奏者を好演。名優がメガホンを取ることに加え、共演する俳優陣も超個性派揃い。さらに演奏シーンは吹き替えなしという難役に挑むのはさぞ苦労しただろうと尋ねると、町田は実に楽しそうにこう答えた。

「水谷さんは俳優としても一度はお会いしたかった方なので、監督作品にキャスティングしていただいたことはとても光栄でした。現場では撮影シーンを確認する作業が本当に楽しくて、『たとえばこういう感じで』と監督ご自身が演ってみせてくださるお芝居がまた抜群に面白いので、僕がそのまま演れるのかプレッシャーになったりもして(笑)。共演したみなさんも口々におっしゃっていましたけれど、登場人物の魅力を的確に、さらにチャーミングに引き出してくれる、監督のお人柄がにじみ出るような温かな現場でした」

画像: オーバーサイズのテーラードジャケットは、上から緩めに締めたダブルベルトがスタイリッシュなアクセントに。片襟を立てた装いで、クールな面持ちもいっそう引き立つ ジャケット¥294,800、シャツ¥80,300、ベルト¥93,500/ジル サンダー バイ ルーシー アンド ルーク・メイヤー ジルサンダー ジャパン フリーダイヤル:0120-919-256

オーバーサイズのテーラードジャケットは、上から緩めに締めたダブルベルトがスタイリッシュなアクセントに。片襟を立てた装いで、クールな面持ちもいっそう引き立つ
ジャケット¥294,800、シャツ¥80,300、ベルト¥93,500/ジル サンダー バイ ルーシー アンド ルーク・メイヤー
ジルサンダー ジャパン
フリーダイヤル:0120-919-256

 映画では時にシリアスに、また、人間関係の軋轢もリアルに描かれるが、全体を通しているのは「音楽を愛する普通の人たち」の洒脱な人間模様。当初の不協和音が紆余曲折を経て交響曲となり、心地よい音を響き渡らせるまでの過程を、クラシックの楽曲を交え、丁寧に描き出しているのがこの作品の大きな見どころでもある。

「僕がうれしかったのは、撮影も残り一週間ほどになった頃に監督から『ちょっとさぁ、連絡先を教えてよ』と言われて、面白い写真などを共有してもらえたこと。話したり接したりを重ねていく中で、僕のことを大丈夫なやつだと認識していただけたのでしょうね(笑)。未熟な僕が言うのは実におこがましいことですが、俳優として、また人としても、水谷さんのように年齢を重ねていけたら本当に素敵だなと思いました」

 目の前の人と存分に対話し、共鳴し合うことで自分の見識を高め、その感性に磨きをかける。町田啓太の輝きと名声は、これからの未来にさらに大きく響き渡っていくことだろう。インタビューの翌日には、プライムタイムに放送されるテレビドラマの主演が決定したというニュースも飛び込んできた。彼自身がメインとなって奏でるハーモニーに大いに期待したい。

町田啓太(KEITA MACHIDA)
1990年群馬県生まれ。2010年に開催された「第3回劇団EXILEオーディション」に合格し、同年舞台作品で俳優デビュー。以後、数多くのドラマ、映画、舞台のほか、広告などにも多数出演。2021年「第31回TV LIFE年間ドラマ大賞 助演男優賞」を受賞するなど、話題となる活躍が続く。6月3日には映画『太陽とボレロ』が公開されるのに加え、7月スタートのフジテレビ系新ドラマ『テッパチ!』(水曜22時〜)での主演が決定している。

T JAPAN webメルマガ会員限定!
Amazonギフト券1万円分プレゼント

応募する
 

LATEST

This article is a sponsored article by
''.