ドレスはパーティーのためにあらず。なんでもない日も、気分よく過ごすためのもの。 スタイリスト・吉田佳世さんが、新進デザイナーのドレスの魅力を語る

BY OGOTO WATANABE

画像: 「Co」2018年春夏コレクションより 中央のドレス¥172,000 Co

「Co」2018年春夏コレクションより
中央のドレス¥172,000
Co

画像: バレリーナが今季のテーマ。「布の量感、落ち感が実にエレガントです」 右のドレス ¥108,000 Co PHOTOGRAPHS: COURTESY OF Co

バレリーナが今季のテーマ。「布の量感、落ち感が実にエレガントです」
右のドレス ¥108,000
Co
PHOTOGRAPHS: COURTESY OF Co

「Coのドレスの上質な素材の贅沢な用い方には、うっとりします。布の美しい落ち感、優雅さを生む重量感を熟知しています。それに、色の選び方が洗練されている。グレーやベージュなどのニュートラルカラーの出し方、選び方が素晴らしい」と絶賛する吉田さん。CoはLA発のブランドだが、デザイナーのステファニー・ダナンはパリとモントリオールで育った。彼女はハリウッドの映画製作に携わったのち、パートナーのジャスティン・カーンとともに服を作り始めた。

歴史や、歴史上の女性たちに関心のあるステファニーは、クラシックな優美さを好む。シンプルな中に独特の気品とたおやかさが薫りたつのだが、凛とした強さとモダンさも同時にある。「ステファニーは私の友人でもあるのですが、とても温かくて誠実な人。ひとつひとつの洋服を、真心と愛情をもって作っているのをひしひしと感じます。彼女のドレスは着ると気持ちが上がる一方で、とてもリラックスできるんです」

Co(コー)
イーストランド
TEL. 03(6712)6777
http://co-collections.com

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.