強烈な陽ざしから肌を守ってくれるだけではなく、日傘は真夏の街を歩く姿に、軽やかさと優雅なニュアンスを与えてくれるもの。大人の夏姿に美しさを添える日傘を紹介する

BY OGOTO WATANABE, PHOTOGRAPHS BY SHINSUKE SATO

<MINÄ PERHONEN(ミナ ペルホネン)>
 色彩やパターンとともに物語や詩が織り込まれているかのような「ミナ ペルホネン」のテキスタイル。空と雲の交差する様を表現した「sora check」や、満天の星空を刺繍で表現した「skyful」など、空にちなんだ名を持つテキスタイルを用いた日傘は、開くと丸みを帯びたフォルムいっぱいにリリカルな空がひろがる。浴衣や夏の着物で出かけるときに差しても、美しい調和を見せるはず。

画像: (左より)「sora check」<綿100%、全長42cm>¥25,000、「skyful」<綿100%、全長約62㎝>¥30,000

(左より)「sora check」<綿100%、全長42cm>¥25,000、「skyful」<綿100%、全長約62㎝>¥30,000

画像: 木の持ち手もやさしい表情。晴雨兼用の折りたたみタイプ

木の持ち手もやさしい表情。晴雨兼用の折りたたみタイプ

画像: 満点の星空を、一面に咲き誇る小さな花々の刺繍で表現したロマンティックなテキスタイル

満点の星空を、一面に咲き誇る小さな花々の刺繍で表現したロマンティックなテキスタイル

問い合わせ先
minä perhonen
TEL. 03(5793)3700
公式サイト

<CINQ(サンク)>
 やや小ぶりで使い勝手のよいサイズ感、どんな着こなしにもマッチするシンプルなたたずまい。吉祥寺にある「サンク」オリジナルの傘は、毎年たくさんのひとが楽しみに待つ逸品が揃う。

画像: 晴雨兼用傘<綿100%、全長約66.5㎝>¥10,000

晴雨兼用傘<綿100%、全長約66.5㎝>¥10,000

定番の無地のグレー。UV・撥水加工を施した生地は適度な厚みとハリがあり、晴雨兼用という頼もしさ。持ち手に竹、木軸には樫を使用し、日本の職人の手仕事で丁寧につくられる傘は開閉もスムーズで、使い勝手のよさも自慢。色違いの黒やギンガムチェックも販売中。

画像: 持ち歩くのも便利な小ぶりなサイズ。デニムからワンピースまで着る服を選ばないベーシックを極めた佇まい

持ち歩くのも便利な小ぶりなサイズ。デニムからワンピースまで着る服を選ばないベーシックを極めた佇まい

問い合わせ先
サンク
TEL. 0422(26)8735

 

This article is a sponsored article by
''.