2021-22年秋冬シーズンのメンズコレクションは、多くのブランドが映像配信で新作を発表。コロナ禍またデジタルの進化によって変化するライフスタイルを、各メゾンはどのようにワードローブに落とし込んだのか

BY T JAPAN

DUNHILL(ダンヒル)

画像: DUNHILL COMPENDIUM AUTUMN WINTER 2021 www.youtube.com

DUNHILL COMPENDIUM AUTUMN WINTER 2021

www.youtube.com

 今シーズン、ダンヒルがフォーカスしたのは「多機能性」。クリエイティブ・ディレクター、マーク・ウェストンは、メゾンのアーカイブを掘り起こし、またテーラリングの専門技術を発展させながら、このアイデアをデザインに昇華したという。

 たとえば、ジッパーで分離するとジャケットになり、ライニングも脱着可能で、何通りにも着こなせるコート。これは、ダンヒルのアーカイブにあったマルチコンパクト(ペンやジッポ、時計などをまとめた手のひらサイズのツールボックス)に着想を得たものだという。また、衣服のアクセサリーとしても映えるカマーバンドバッグ、ジップで裾の開きを調整できるトラウザーなども登場。実用的でありながら、着る人の個性や体型にあわせてセルフ・パーソナライズできるワードローブである。

 アタッシュケースに着想を得たブランドのアイコンバッグ「ロックバッグ」は、ブランドの出自である自動車の内装に使われるパデッドレザーで新たな表情に。ヴィヴィッドなイエローやピンクなどポップなカラーも仲間入りした。

画像: 動画で見る最新トレンド
<2021-22年 秋冬メンズ>

<ダンヒル>
1893年、アルフレッド・ダンヒルが父親が営む馬具専門製造店を受け継ぎ、社名を「ダンヒル・モートリティーズ」に変更。マットやライト、ヘルメット、ゴーグルなどの自動車関連アクセサリーを製造し、以降、時代のニーズに合わせ、パイプや葉巻、ライター、万年筆など男性のライフスタイルグッズを手がけていく。現在はメンズウエアを中心にバッグなどのアクセサリー、香水を展開。2017年より、マーク・ウェストンがクリエイティブ・ディレクターを担当。

問い合わせ先
ダンヒル
フリーダイヤル:0120-914-675
公式サイト

BRAND INDEX

CELINE HOMME(セリーヌ オム)

COMME DES GARÇONS HOMME PLUS(コム デ ギャルソン・オム プリュス)

DIOR(ディオール)

DUNHILL(ダンヒル)

ERMENEGILDO ZEGNA XXX(エルメネジルド ゼニア XXX)

HERMÈS (エルメス)

JIL SANDER(ジル サンダー)

LOUIS VUITTON(ルイ ヴィトン)

PRADA(プラダ)

T JAPAN webメルマガ会員限定!
Amazonギフト券1万円分プレゼント

応募する
 

LATEST

This article is a sponsored article by
''.