有限の中で紡がれる、無限。遥かなる宇宙の営みに、ひとが馳せる思い。4つの名作時計と17音の共鳴が、時の魔法を映し出す

PHOTOGRAPH BY MASANORI AKAO, HAIKU SELECTION AND COMMENTARY BY YUKI HORIMOTO, CALLIGRAPHY BY KASETSU, TEXT BY HIROKO NARUSE

翠玉の双眸に永久冴えにけり
―― 堀本裕樹

豹のエメラルドの眼差しが印象的だ。エメラルドの和名は翠玉。翠玉の二つの透徹した眸(ひとみ)に映るのは、永久=永遠の冴えざえとした時間の行方か。「冴ゆ」は寒さが極まった透明感を伴う冬の季語。「冴えにけり」の響きによって、果てしなく時間が澄み渡ってゆく感覚を表した。豹の眼に見つめられる澄明な優美。

画像: 機械式時計の頂点を極めるスケルトン機構とメゾンの象徴・パンテールが融合した一本。卓越した彫金技術がかたどる顔の上でエメラルドが凜とした眼差しを放つ。計3.38ctのダイヤモンドの煌めきに縁取られた透き通る文字盤にて精緻なムーブメントが時を刻む様子が可視化される パシャ ドゥ カルティエ<41㎜/YG、ダイヤモンド、エメラルド、オニキス、手巻きムーブメント、インターチェンジャブル アリゲーターストラップ>¥14,784,000(参考価格)/カルティエ カルティエ カスタマー サービスセンター フリーダイヤル:0120-301-757

機械式時計の頂点を極めるスケルトン機構とメゾンの象徴・パンテールが融合した一本。卓越した彫金技術がかたどる顔の上でエメラルドが凜とした眼差しを放つ。計3.38ctのダイヤモンドの煌めきに縁取られた透き通る文字盤にて精緻なムーブメントが時を刻む様子が可視化される

パシャ ドゥ カルティエ<41㎜/YG、ダイヤモンド、エメラルド、オニキス、手巻きムーブメント、インターチェンジャブル アリゲーターストラップ>¥14,784,000(参考価格)/カルティエ
カルティエ カスタマー サービスセンター
フリーダイヤル:0120-301-757

堀本裕樹(YUKI HARIMOTO)
俳人。1974年和歌山県生まれ。俳句結社「蒼海」主宰。句集『熊野曼陀羅』で第36回俳人協会新人賞受賞。近著に『散歩が楽しくなる俳句手帳』(東京書籍)など。句集『一粟』刊行を記念し、書家の華雪氏とともに、句の世界を表現する展覧会『ことばの海で』を東京・九段南のGOTTA九段下にて、4月15日(金)~17日(日)開催
公式サイトはこちら

華雪(KASETSU)
書家。1975年京都府生まれ。文字の成り立ちと現代の事象との交錯を漢字一文字として表現する作品づくりに取り組み、国内外で展覧会やワークショップを開催する。著書に『ATO跡』(between the books)、『書の棲処』(赤々舎)など多数

一生ものの名作時計をもっと見る>>

クオカード5,000円分プレゼント!
T JAPANユーザーアンケート実施中

応募する
 

LATEST

This article is a sponsored article by
''.