身にまとうものには、その人の思いや考え、ときに主義や信条や、生きる時代の空気までも映し出されるもの。自他ともに認める稀代のモード愛好者、ファッションライター・栗山愛以が、自らの装いや物欲の奥にあるものを、ゆるゆると紐解き覗き込む

TEXT AND ILLUSTRATION BY ITOI KURIYAMA

 先日クルーネックのセーターを買いました。インパクトのあるデザインのボトムに合わせる、シンプルなタイプが欲しかったのです。ただこちら、後ろにふわふわのウールの大きな三日月があしらわれています。

画像1: 我、思う。ゆえに我あり。
栗山愛以、モードの告白
Vol.12 マリーン・セルの三日月セーター

 ブランドはマリーン・セルです。デザイナーのマリーンは2017年に25歳で若手デザイナー向けのコンテスト「LVMHプライズ」でグランプリを獲得、翌年パリ・ファッション・ウィークに初参加しました。私はそのデビューショーを現地で見て以来のファンなのです。

 なぜ支持しているのか。ブランド設立時から用いられ続け、セーターにも描かれている三日月モチーフもその理由の1つです。以前彼女に取材した時になぜ三日月なのかと聞いたら「月は女性の身体と密接な関係があるなど多くの意味を持っているし、美しい形だと思う。それに、『美少女戦士セーラームーン』が好きだから」とのこと。私はあいにく月を見て何か感じたりする繊細さは持ち合わせておらず、セーラームーンも世代ではないので月に思い入れは全然ないのですが、何をフューチャーするにしろ、トレードマークを設けたのは賢い選択だと思ったのでした。伝統的なブランドならロゴに威力がありますが、無名のデザイナーはそうはいかないからです。やがて簡潔でいて神秘的でもあるマークはブランドの代名詞に。この柄のTシャツを着てショーを観に行ったらスナップされ、「三日月族」として紹介されたのも良い思い出です。

画像2: 我、思う。ゆえに我あり。
栗山愛以、モードの告白
Vol.12 マリーン・セルの三日月セーター

 また、自然体でサステナビリティに取り組んでいることも評価したい点です。ミレニアル世代の彼女は、環境問題を当たり前に意識しているのでしょう。「価値を高めたものに作り変える」という意の「アップサイクル」という言葉も、マリーン・セルから学んだような気がします。サステナビリティは、本当に追求するなら世の中に十分溢れている服をこれ以上作らなければいいわけで、半年に一度必ず新作が発表されるファッション業界にとっては難しい課題です。新しいもの好きの私にできることは時代を超えた強さがあって長く愛用できる服を選び、大切に着続けることくらい。ですからファッションブランドが本来やりたかったことを諦め、無理をして「サステナブルなアイテム」と大々的に打ち出してもあまり意味がないように思われてしまうのですが、マリーン・セルではヴィンテージやデッドストック、サステナブルな素材が着想源ともなっていて、ものづくりに必然的に組み込まれています。魅力的なアイテムがたまたまサステナブルだったらそれにこしたことはありません。さらに「多様性の尊重」についても、昨今のモデルのキャスティングではそれを考慮した見え方になるように人種別に採用人数が決まっていると聞きますが、マリーン・セルはそんな義務感抜きに人種、体型、年齢を問わないモデルたちを起用しているように感じられ、それぞれがかっこいい。歳を重ねた日本人の私でも堂々と着ていいんだ、と思わせてくれます。

 そして、コロナ禍以前からマスクをファッションアイテムとして提案していたことも彼女に特別な能力があるのではと思わせる点でした。「気候変動などの危機から逃れて地下のシェルターで生き延びる人々」をイメージしたシーズンなどで高機能マスクブランドとコラボしたアイテムを展開しており、かっこいいけど普段使いは難しいよねえ、と思いながらショーを見ていましたが、本当に世界中の人々がマスクをして暮らす日々が訪れるとは。突如生活必需品となり、急いでさまざまなタイプのマスクを購入したのは言うまでもありません。他と一線を画すガスマスク級の見た目で周りを驚かせたものでした。

画像3: 我、思う。ゆえに我あり。
栗山愛以、モードの告白
Vol.12 マリーン・セルの三日月セーター

 さて、そんなマリーン・セルが、来月取材を予定しているウィメンズのパリ・ファッション・ウィークに久しぶりに戻ってきます。もし運良くショーを観られるとしたらそれこそパンデミック直前の2020年2月以来。このセーターを着て、ぜひ「三日月族」として参加したいものです。

栗山愛以(くりやまいとい)
1976年生まれ。大阪大大学院で哲学、首都大学東京大学院で社会学を通してファッションについて考察。コム デ ギャルソンのPRを経て2013年よりファションライターに。モード誌を中心に活動中。Instagram @itoikuriyama

栗山愛以 モードの告白 記事一覧へ

T JAPAN LINE@友だち募集中!
おすすめ情報をお届け

友だち追加
 

LATEST

This article is a sponsored article by
''.