ブームに沸く日本ワインの実力は世界に届くのか? ワインジャーナリスト安齋喜美子が俯瞰する

BY KIMIKO ANZAI, PHOTOGRAPHS BY KASANE NOGAWA

画像: 北杜市にある「明野・ミサワワイナリー」の自社畑。甲州、シャルドネ、メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン、プティ・ヴェルド、カベルネ・フランを栽培

北杜市にある「明野・ミサワワイナリー」の自社畑。甲州、シャルドネ、メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン、プティ・ヴェルド、カベルネ・フランを栽培

 「グレイス エクストラ ブリュット 2011」を口にしたとき、その華やかな香りと豊かな果実味に魅了された。もし、ブラインドで出されたら、これが日本のシャルドネだと答えられる人は多くはないだろう。「日本ワインはここまで来たのか!」と感動する一瞬だ。

画像: 「デキャンタ・ ワールドワイン・アワード 2016」でアジア初のプラチナ賞を受賞した 「グレイス エクストラ ブリュット 2011」(750ml)オープン価格

「デキャンタ・ ワールドワイン・アワード 2016」でアジア初のプラチナ賞を受賞した 「グレイス エクストラ ブリュット 2011」(750ml)オープン価格

 2016年6月、英国の権威あるワイン専門誌『デキャンタ』が主催する「デキャンタ・ワールドワイン・アワード(DWWA)2016」において、「グレイス エクストラブリュット 2011」は、スパークリングワインとして、アジア初の「プラチナ賞」を受賞した。対象となったのは世界中から出品された約16,000銘柄。「プラチナ賞」は95点以上の「金賞」を獲得したワインの中から最高得点を獲得したワインに授与されるもので、全体の1%弱という“狭き門”。しかもライバルはその8割が欧州勢だ。加えて、日本の在来品種の甲州種ではなく、国際品種であるシャルドネでの受賞は、まさに日本ワインにとっての快挙だった。

 

This article is a sponsored article by
''.