球体と直線の織りなす遊び心と究極の美。斬新な解釈でクラシカルなパールに新風を吹き込んだ、TASAKI「バランス」の最新コレクションが発売

BY MICHINO OGURA, PHOTOGRAPH BY MASAKI OGAWA, STYLED BY TOMOKO IIJIMA

 TASAKIのアイコニックなジュエリー「バランス」が10周年を迎える。当時、ファッションデザイナーのタクーン・パニクガルをクリエイティブ・ディレクターに迎えて発表されたジュエリーは、直線的なバーにパールを整然と並べたもの。クラシカルなパールに斬新でモダンな解釈を加えたデザインは、センセーションを巻き起こした。

画像: リング(上)「バランス シグネチャー ディケイド パール アンド ダイヤモンド」¥3,000,000 <18KWG、南洋真珠白蝶、ダイヤモンド> リング(下)「バランス シグネチャー ディケイド」¥6,600,000 <18KWG、ダイヤモンド> ※ 6月19日(金)よりTASAKI銀座本店にて先行発売

リング(上)「バランス シグネチャー ディケイド パール アンド ダイヤモンド」¥3,000,000
<18KWG、南洋真珠白蝶、ダイヤモンド>
リング(下)「バランス シグネチャー ディケイド」¥6,600,000
<18KWG、ダイヤモンド>
※ 6月19日(金)よりTASAKI銀座本店にて先行発売

 今年はさらに進化したデザイン「balance10」コレクションをローンチ。オリジナルの“バランス シグネチャー”から派生したデザイン、“バランス シグネチャー ディケイド パール アンド ダイヤモンド”は、バーとリングにダイヤモンドのパヴェセッティングを配し、トップには4つの南洋真珠と1つのパヴェボールをセットしたもの。TASAKIが擁する高品質なパールとダイヤモンドが共演し、互いの輝きを映しあって輝くというラグジュアリーなピースだ。

 バランスそのもののコンテンポラリーなコンセプトをダイヤモンドパヴェで表現した“バランス シグネチャー ディケイド”も革新的な一品。直径10㎜のボールに微小なサイズ違いのダイヤモンドをセットした球体は、どの角度から見ても完璧な美のフォルムを体現。永遠の連続性と包容力を感じさせる球体と、強い意志を感じさせる直線が生み出す妙なるバランス。それは身につける人の心に安らぎと活気を添え、新たな一歩を踏み出すエネルギーとなるだろう。

問い合わせ先
TASAKI
フリーダイヤル:0120-111-446
公式サイト

 

This article is a sponsored article by
''.