「グッチ並木」が4月29日(木)にオープン。記念して、アーティストのヒグチユウコとコラボレーションした限定アイテムを発売。スペシャルプレビューでは、店内に花のインスタレーションが施され、夏木マリらのパフォーマンスも行われた

BY MASANOBU MATSUMOTO

 4月29日(木)、東京・銀座並木通りにグッチの新たなフラッグシップショップ「グッチ並木」がオープンする。4フロアのうち1、2階はショップスペース。メンズ、ウィメンズのウエアからバッグ、シューズ、ウォッチ、香水などの最新コレクションをフルカテゴリーで展開し、また限られた店舗のみで取り扱うプレシャスレザーのハンドバッグや1点もののハイジュエリーも販売する。

画像: 「グッチ並木」のショップスペース。最新コレクションがフルカテゴリーで店頭に並ぶ ※ 店内の生花は4月28日までの特別な設え

「グッチ並木」のショップスペース。最新コレクションがフルカテゴリーで店頭に並ぶ
※ 店内の生花は4月28日までの特別な設え

 3階、4階のスペースは、今年中に段階を踏んでのオープンとなる。3階は、家具やインテリアグッズのコレクション「グッチ デ コール」のショールームも兼ねた、オーダーメイドサロン「Gucci Apartment」で秋に、4階は、ミシュラン3つ星シェフ、マッシモ・ボットゥーラの名前を冠したレストラン「グッチ オステリア ダ マッシモ・ボットゥーラ」が年内にサービスを開始する予定だ。ともに日本では初の試みである。

画像: 2階のメンズフロア

2階のメンズフロア

画像: (写真左)スーツケース<H31xW47.5xD17cm> ¥858,000 (写真右)バンブーハンドル バッグ<H18xW27xD6cm>¥429,000

(写真左)スーツケース<H31xW47.5xD17cm> ¥858,000
(写真右)バンブーハンドル バッグ<H18xW27xD6cm>¥429,000

 ショップのファサードには、アーティスト、ヒグチユウコが描き下ろした壁画が登場。また、4月29日からはオープンを記念して、ヒグチとコラボレーションしたアイテムも限定発売になる。ラインナップは、ホーボーバッグ「ジャッキー 1961」やバンブーハンドル バッグといったブランドのアイコニックなアイテムから、ギターケースやスカーフ、ブローチまで。可憐で瑞々しい草花が咲き誇る“春の庭園”を主題に、猫やカエル、チョウが姿を見せる、ヒグチの幻想的でチャーミングなイラストがアイテムを彩っている。

画像: (写真左)ホーボーバッグ「ジャッキー 1961」<H19×W27.5×D4cm>¥275,000 (写真右)チェーン付きウォレット<H8.5×W11×D3cm>¥71,500

(写真左)ホーボーバッグ「ジャッキー 1961」<H19×W27.5×D4cm>¥275,000
(写真右)チェーン付きウォレット<H8.5×W11×D3cm>¥71,500

画像: (写真左)時計¥143,000 (写真右)ブローチ<H8xW8cm>¥62,700

(写真左)時計¥143,000
(写真右)ブローチ<H8xW8cm>¥62,700

 オープンに先駆けて4月23日(金)、24日(土)にはスペシャルプレビューが開催された。シンガーソングライターのmilet、夏木マリがパフォーマンスを披露。店内は可憐な花々やみずみずしいグリーンで特別に彩られ、ロマンティックなボタニカルガーデンさながらの空間に、来場者は酔いしれた。

画像: スペシャルパフォーマンスを披露した夏木マリ

スペシャルパフォーマンスを披露した夏木マリ

画像: (左から)プレビューに登場した女優の三吉彩花、ミュージシャンのMIYAVI、歌舞伎俳優の市川染五郎 PHOTOGRAPHS: COURTESY OF GUCCI

(左から)プレビューに登場した女優の三吉彩花、ミュージシャンのMIYAVI、歌舞伎俳優の市川染五郎
PHOTOGRAPHS: COURTESY OF GUCCI

グッチ並木
住所:東京都中央区銀座6-6-12
営業時間:11:00〜20:00
不定休
※ 2021年4月29日(木)オープン

問い合わせ先
グッチ ジャパン クライアントサービス
フリーダイヤル:0120-99-2177
公式サイト

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.