デザイナーやアーティストたちが口々に讃え、 通う楽園が鹿児島にある。知的障がい者のための施設である。何が、人々をそこへ惹きつけるのか

BY RYOKO SASA, PHOTOGRAPHS BY RISAKU SUZUKI

画像: この世にひとつしかない芸術品 シャツはアート作品として展示されたあと、都内の ショップなどで販売される。しょうぶ学園から生み だされた作品には、デザイナーなど、各界著名人にも熱心なファンが多い。国内にとどまらず、ニュー ヨークの美術館や、台湾、韓国など世界各国からツアーを組んで多くの人が視察に学園を訪れる

この世にひとつしかない芸術品
シャツはアート作品として展示されたあと、都内の ショップなどで販売される。しょうぶ学園から生み だされた作品には、デザイナーなど、各界著名人にも熱心なファンが多い。国内にとどまらず、ニュー ヨークの美術館や、台湾、韓国など世界各国からツアーを組んで多くの人が視察に学園を訪れる

 白いシャツに縫い込まれた色とりどりの糸は、印象派の画家が描く陽だまりを連想させる。
 上写真の作品は、鹿児島市にある知的障がい者支援施設、しょうぶ学園の利用者と職員の手によるものだ。しょうぶ学園には現在、平均年齢50歳前後の利用者、148名が在籍している。
 施設は約9000㎡の広い森の中に建てられており、よく手入れされた庭はまるで自然公園のようだ。門扉がなく、地域住民にも開放されていることから、散策するためにここを訪れる人もいる。
 しょうぶ学園では自立支援事業の一環として、さまざまな作品を制作して販売している。シャツ制作もその取り組みのひとつだ。利用者が刺しゅうをし、さらに職員がミシンステッチを絡めて、世界に一枚だけのシャツを作り上げる。ある作品には雨だれに似た刺しゅうが、別の作品には鳥の羽毛のように白い刺しゅうが、びっしりとあしらわれている。
 シャツを一枚仕上げるのに、短くて5カ月、長いときには4、5年かかることもあるという。無数に縫い込まれた針目を見ると、いったいこの根気強さはどこからくるのだろう、と多くの人が不思議に思うのではないだろうか。「展示会を開くので、作品をたくさんためておかなければならないんですが、見学に来る方から、『どうしても譲ってくれ』と言われて、困ってしまうことが多いですね」と職員のひとりは笑う。

 しょうぶ学園には、陶芸、木工、和紙などの工房があり、最近、園芸部門も立ち上げられた。われわれがまず取材に訪れたのは布の工房だ。ここでの刺しゅうや布を使った取り組みは、nui projectとして多くの才能を発掘している。明るく広い室内では、この日23名の利用者が作品に向き合っていた。

画像: さまざまな作品が生まれるアトリエ工房 (写真左)残滓を用いて丹念な刺しゅうを施す、野間口桂介 (写真右)溝口 ゆかりの糸玉。カラフルな糸を丸めて作った塊には、生みだされることが必然のような力強い生命力が宿っている

さまざまな作品が生まれるアトリエ工房
(写真左)残滓を用いて丹念な刺しゅうを施す、野間口桂介
(写真右)溝口 ゆかりの糸玉。カラフルな糸を丸めて作った塊には、生みだされることが必然のような力強い生命力が宿っている

 おのおのが好きな作業にいそしんでいるが、ひとりひとりに確固とした仕事の進め方があり、彼らはそれに忠実にのっとっている。
 野間口桂介は、密度の高い刺しゅうを、隙間なく施す。彼の頭の中で配色はあらかじめ決まっており、仲間の捨てた短い糸を拾い集めて、それを丹念につなぎ合わせていくという。
 溝口ゆかりは、勢いよく糸巻から糸をほどくと、クシャクシャに丸めて玉を作り、その上から糸を執拗に刺していく。糸はランダムに組み合わされ、その鮮やかな配色に目を奪われるが、溝口がなぜそれを作り続けるのかを説明するのは、本人にも職員にも容易なことではない。そこで糸玉は、まるで雨期に原生林の下草が萌え出るごとく、それ自体に生命が宿り、意思をもって生まれてくるように見える。

 

This article is a sponsored article by
''.