ジャスパー・コンランは絶え間なく活動し続ける日々を重ねたのち、自然のままに育まれたドーセットの庭で過ごす時間を好むようになった。平穏な田舎暮らしは彼の抑制の効いた美意識とは対極にあるように見えて、インスピレーションの源となっている

BY NANCY HASS, PHOTOGRAPHS BY SIMON UPTON, TRANSLATED BY MAKIKO HARAGA

 母から贈られたシグネットリングは、イギリス人デザイナーのジャスパー・コンランが最も大切にしているもののひとつだ。指輪にはコンラン家の紋章―― 十字に折り重なる二匹の蛇に鳩がとまっている姿 ――が刻まれ、「平和の中に知恵は宿る」というモットーを表す。確かに愛情は伝わってくるが、博識な彼を生んだコンラン家は並外れた成功をおさめる一方で、平和な家庭ではなかったことは周知の事実なので、母の贈り物にはいかにもイギリス人らしい皮肉が込められていたことは、容易に想像がつく。

 昨年9月に88歳で亡くなったジャスパーの父・テレンス・コンランは、1960年代にライフスタイルショップ「ハビタ」を多店舗展開して一時代を築き、英国の戦後の古臭いデザインを一変させた人物である。無駄のないシンプルな生活雑貨や北欧式の組立家具は、ハビタによって英国のハイストリートにもたらされた。1973年には、チェルシー地区のフルハムロードで高級志向の「ザ・コンランショップ」を開き、1980年代後半になるとこの店を現在の場所にあるミシュラン・ハウスに移した。アール・ヌーボーの贅を尽くした古い建物だ。この店で、テレンスはフランスの伝統的な調理器具や世界中から集めた工芸品とあわせて、チャールズ&レイ・イームズやルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエのような作家たちが手がけたモダンな家具を置くなどして、小売業界を変革し続けた(ザ・コンランショップは現在、パリ、東京、福岡、ソウルにも店舗を構え、ロンドン市内にもさらに二つの店舗がある。ひとつは百貨店「セルフリッジズ」の店内、もうひとつはメリルボーン地区にある)。長いキャリアにおいて、テレンスはさまざまな分野で才覚を発揮した。

画像: アリウム、ジギタリス、チャイブ、レディスマントル、バラが育つジャスパー・コンランのにぎやかな庭

アリウム、ジギタリス、チャイブ、レディスマントル、バラが育つジャスパー・コンランのにぎやかな庭

グラフィック・デザインやファッション、インダストリアル・デザインに敬意を表してロンドンにデザイン・ミュージアムを設立しているし、立ち上げたレストランの数は50を超える。ミシュラン・ハウスの1階にあり、今も人気が衰えない「ビバンダム」もそのひとつだ。1987年のオープン当時、この店はモダンキュイジーヌを供する、天井の高いブラッスリーの先駆けだった。その後、同様のレストランがロンドンに次々と誕生する。

 現在61歳のジャスパーは、テレンスのもとに生まれた5人きょうだいの上から2番目だ。彼の母は、『レース』(1982年)などの官能的なヒット小説を連発した、ベストセラー作家のシャーリー・コンラン(テレンスは四度結婚し、シャーリーは2番目の妻である。ふたりが1962年に離婚したとき、ジャスパーは2歳、兄のセバスチャンは5歳だった)。寮生活を始めるまで、ジャスパーは母が次々と住み替えるロンドン市内のマンションと、父が70年代初頭に家族用に購入した約58万7,000㎡を誇るバークシャーの「バートン・コート」とのあいだを行ったり来たりしていた。このほかに、プロヴァンスの農園にも別荘があった。

 複雑で波瀾万丈な子ども時代だったが、豊かな創造力が育まれたのも事実だ。ジャスパーだけではなく、セバスチャンも異母妹のソフィーもデザイナーになった。ジャスパーは英国の義務教育を修了すると、ニューヨークのパーソンズ・スクール・オブ・デザインに留学し、19歳でデビューした。初コレクションを飾った10点のウェディングドレスは、かつてマンハッタンに存在した高級ブティック「ヘンリベンデル」のために制作したものだ。以来、父に引けを取らないほどの活躍が続いている。自らの名を冠したウィメンズウェアのブランドと、価格を低めに設定したディフュージョンラインの「J by Jasper」に加え、彼がデザインした食器のシリーズがウェッジウッドから販売されている。

画像: 17世紀に建てられた館の正面エントランスは、広大な庭へとつながる。エリゲロンが両側に咲き乱れる門の向こうには、自然のままの英国の田園風景が広がっている

17世紀に建てられた館の正面エントランスは、広大な庭へとつながる。エリゲロンが両側に咲き乱れる門の向こうには、自然のままの英国の田園風景が広がっている

さらに、英国ロイヤル・バレエ団が振付師にクリストファー・ウィールドンを迎えて制作した『Within the Golden Hour』(2019年)をはじめ、数々のバレエやオペラ、演劇の衣装デザインを手がけている。2011年には、取締役会からザ・コンランショップのクリエイティブ・ディレクターに任命され、その数年後には父の退任を受けてコンラン・ホールディングスの会長に就任した。ザ・コンランショップがかつての輝きを取り戻せるように力を尽くしたが、自身のブランドに専念するため、2015年に辞任した。そして2020年、ザ・コンランショップは売却されることになった。新しいオーナーは、英国で多数の不動産を保有するイギリス人実業家、ジャバド・マランディだ。オックスフォードシャーにある約40万㎡の私有地もマランディの投資先で、ここには会員制クラブ「ソーホー・ハウス」のリトリート施設「ソーホー・ファームハウス」がある。

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.