“オリンピック”の意義とは何か。マンガ『オリンピア・キュクロス』の作者、ヤマザキマリと大英博物館で開催された『The Citi exhibition Manga マンガ』展を手がけたキュレーター、ニコル・クーリッジ・ルマニエールが、海外の観点を交えて自在に放談。五輪、コロナ禍、そして今後の社会の動向をざっくばらんに語り合う

BY HIROKO KATO

 ヤマザキマリと、大英博物館で初の「マンガ展」を成功させたキュレーター、ニコル・クーリッジ・ルマニエールのふたりが、2021年6月29日にオンラインで行った多様な視点から考える「オリンピック」対談をここにお届けする。

ヤマザキマリ(以下ヤマザキ)
 ニコルさんには、2019年に開催された大英博物館の「マンガ展」で大変お世話になりました。『オリンピア・キュクロス』も展示して頂いたのですが、江戸時代の浮世絵師から手塚治虫などのレジェンドたち、そして現代のマンガ家に至る日本のマンガを一つの文化として紹介した非常に画期的な展覧会だったと思います。ニコルさんは、日本文化の研究者でマンガの大ファンでもいらっしゃいますけど、キュレーターとしてあの展覧会に携わって、どんな感想をお持ちですか。

ニコル・クーリッジ・ルマニエール(以下ニコル)
「マンガ展」は非常に話題になってイギリスだけではなくアメリカでも、紹介したマンガの人気がすごく上がったんです。海外に日本文化を紹介する時に一番大事なのは、今、日本人が作っているものや日本人が関心を持っているものを伝えることだと、改めて思いました。
 今はパンデミックで難しいですが、外国人の多くが「日本に行きたい」と言いますね。それだけ日本は不思議な魅力がある国なのだと思います。

画像: (左) ヤマザキマリ(MARI YAMAZAKI ) 1967年生まれ。17歳で美術を学ぶためにイタリアに渡る。1997年に漫画家デビュー。エジプト、シリア、ポルトガル、米シカゴを経て、現在はイタリアと日本をベースに活動 PHOTOGRAPH BY HIROSHI KUTOMI (右) NICOLE COOLIDGE ROUSMANIERE(ニコル・クーリッジ・ルマニエール) 英国・セインズベリー日本藝術研究所研究担当所長。99年同研究所を設立、初代所長に就任。イースト・アングリア大学日本美術文化教授、2006年東京大学人文社会科文化資源学客員教授を務める。’19年大英博物館キュレーターとして『The Citi exhibition Manga マンガ』開催に携わる COURTESY OF NICOLE COOLIDGE ROUSMANIERE

(左)ヤマザキマリ(MARI YAMAZAKI )
1967年生まれ。17歳で美術を学ぶためにイタリアに渡る。1997年に漫画家デビュー。エジプト、シリア、ポルトガル、米シカゴを経て、現在はイタリアと日本をベースに活動
PHOTOGRAPH BY HIROSHI KUTOMI

(右)NICOLE COOLIDGE ROUSMANIERE(ニコル・クーリッジ・ルマニエール)
英国・セインズベリー日本藝術研究所研究担当所長。99年同研究所を設立、初代所長に就任。イースト・アングリア大学日本美術文化教授、2006年東京大学人文社会科文化資源学客員教授を務める。’19年大英博物館キュレーターとして『The Citi exhibition Manga マンガ』開催に携わる
COURTESY OF NICOLE COOLIDGE ROUSMANIERE

ヤマザキ
 日本は、色々な側面で楽しめる国だからでしょうね。パンデミックになる前、日本の海外観光客は前代未聞の数になっていました。

ニコル
 アメリカの若い人たちは日本のアニメ、マンガ、ゲームにすごく興味を持っていますし、こういうものはもう世界の若者たちの共通言語になっているんですよね。
 一つの観点としては、それらは“大量媒体”であると思います。クリエイターが創ったものが放送や印刷により大量に流通されていきますよね。西洋のファインアートと作品の見方がちょっと違うんです。実は私がずっと研究している焼き物もなのですが、デザインや見本は陶芸家が作るけれども、最終的には役割分担をして大量生産になります。最初は職人として一つ一つ手仕事で作っていたのが、やがてポピュラーな媒体になっていくという方式が、マンガと焼き物が似ている点ですね。『オリンピア・キュクロス』でも、主人公のデメトリウスが壺絵を描いているのがポイントだと思います。

画像: 『The Citi exhibition Manga マンガ』2019年5月~8月、英国の大英博物館で開催されたマンガ展 COURTESY OF NICOLE COOLIDGE ROUSMANIERE

『The Citi exhibition Manga マンガ』2019年5月~8月、英国の大英博物館で開催されたマンガ展
COURTESY OF NICOLE COOLIDGE ROUSMANIERE

画像: 漫画黎明期の作品から最新作まで幅広く解説、原画を展示して注目を集めた。「マンガ展によって博物館の来場者の幅が広がりました」とニコルは言う COURTESY OF NICOLE COOLIDGE ROUSMANIERE

漫画黎明期の作品から最新作まで幅広く解説、原画を展示して注目を集めた。「マンガ展によって博物館の来場者の幅が広がりました」とニコルは言う
COURTESY OF NICOLE COOLIDGE ROUSMANIERE

ヤマザキ
 そうなんです。古代ギリシャの人たちが壺という日用品に想像力を駆使した絵を描いていたことが興味深くて、壺に絵を描く壺絵師を主人公の生業に設定したんです。
ニコル
 そうですね、漫画や陶芸など大衆化する媒体があると同時に、今でも絵画などの「美術品」と言えば美術館や博物館のような特別な場所に行かなければいけない、エリートのものになってしまっている状況もありますね。そこが「マンガ展」では違ったんです。普段、大英博物館に来ないような人たちがたくさん来たのは、マンガの魅力、パワーですね。やっぱり日常でもっと想像力を養ったり、刺激を得られたりするような場所が必要だと思います。

ヤマザキ
 アートや創作が「エリートのもの」である状況をどう変えていけるかということですよね。
ニコル
 美術館や博物館で展覧会を開くことも大事ですが、私は、もっとアートを美術館、博物館の外に出していくということもしたいと思っています。たとえばレストランのような場所に協力してもらって街のあちこちでポップアップの展覧会をすれば、様々な人とつながることもできるじゃないですか。 やっぱりフェイス・トゥ・フェイスで出会うインパクトは大きいですよ。

ヤマザキ
 フランスのアングレームという小さい街でやっているマンガ・フェスティバルは、まさにそういう感じですね。
ニコル
 そう、アングレームと同じです。そんなふうに小さくても奥深いアートのイベントをしていきたいですね。

画像: 仏アングレーム市が開催しているフランスで最古の漫画イベント「アングレーム国際漫画祭」。世界の作品にも目を向け、日本の漫画作品のグランプリ受賞も多数ある COURTESY OF VME PLB SAS

仏アングレーム市が開催しているフランスで最古の漫画イベント「アングレーム国際漫画祭」。世界の作品にも目を向け、日本の漫画作品のグランプリ受賞も多数ある
COURTESY OF VME PLB SAS

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.