メディアに登場することはごく稀なセリーヌのクリエイティブ・ディレクター、フィービー・ファイロ。彼女が作り出す服は、現代女性たちの高い支持を集めている。なぜ、そんなにも女性たちを魅了するのか

BY SUSANNAH FRANKEL, EDITED BY JUN ISHIDA, TRANSLATED BY MIHO NAGANO

画像: フィービー・ファイロ デザイナー。 パリ生まれ、ロンドン育ちの英国人。セントラル・セント・マーチンズ 卒業後、クロエを経て、2008年セリーヌのクリエイティブ・ ディレクターに就任。’14年大英帝国勲章"オフィサー"を 受章。同年、タイム誌 「世界で最も影響力のある100人」に 選出される。現在は、夫と 3 人の子どもとともにロンドンを拠点に活動する PHOTOGRAPH BY KARIM SADLI

フィービー・ファイロ
デザイナー。 パリ生まれ、ロンドン育ちの英国人。セントラル・セント・マーチンズ 卒業後、クロエを経て、2008年セリーヌのクリエイティブ・ ディレクターに就任。’14年大英帝国勲章"オフィサー"を 受章。同年、タイム誌 「世界で最も影響力のある100人」に 選出される。現在は、夫と 3 人の子どもとともにロンドンを拠点に活動する
PHOTOGRAPH BY KARIM SADLI

 ファッションの分析をする際に、自叙伝的なアプローチに必要以上に注意を払いすぎると、横道にそれてしまう恐れがある。だが、フィービー・ファイロの場合は、彼女が過去8年間以上にわたり、メディアを通して自分自身をいかに表現してきたか――あるいは、いかに沈黙を守ってきたか――に注目してみると、おのずとその答えが出てくる。

 誰もが知っているように、彼女は、私生活を決して明かさず、自らのプライバシーを頑ななまでに守り抜くタイプのデザイナーだ。メディアのインタビューに頻繁に答えたり、社交やパーティの場に姿を現すファイロなど想像できない。

 セリーヌというファッション・ブランドもまた、現代の意識の中心を占め、洪水のように氾濫するソーシャル・メディアの映像には、必要以上に関わらず、距離をおいてきた。知的とはいえないセルフィー写真はもちろんのこと、自画自賛に満ちたランウェイ写真が必須だと判断されるこの時代にあって、セリーヌは、ソーシャル・メディアにあえて露出しないことで逆に注目を集めてきた。無意味な周囲の雑音に頼るより、商品の質や気品に直接語らせることを選んだのだ。一見矛盾するようだが、その方法で、セリーヌはさらに存在感を増し、あそこでは何か特別なことが起きている、という意識を人々の中にかき立ててきた。

 公に知られない存在でいることが、なぜあなたにとって大切なのかと問われると、ファイロはたいてい言葉少なにこう言う。「そのほうがシンプルだから」

 プライベートな情報をいっさい表に出さない慎重さは、セリーヌの美意識そのものであり、そこに大きな意味がある。

画像: パリにあるセリーヌの アトリエ。ファイロはロンドンの オフィスと製作拠点であるパリのアトリエを行き来しながら、 コレクションを作成している PHOTOGRAPH BY YUJI ONO

パリにあるセリーヌの アトリエ。ファイロはロンドンの オフィスと製作拠点であるパリのアトリエを行き来しながら、 コレクションを作成している
PHOTOGRAPH BY YUJI ONO

 ファッション界があらゆる雑音に包まれている今、セリーヌは、業界内で最も静かな影響力をもつブランドのひとつとしてその姿勢を崩さない。コレクションの製作に際しては、圧倒的な量のリサーチを行い、細部に徹底的に気を配るだけでなく、衣服を着る主体である女性に尊敬の念を払うことにより、その品質と名誉を保ってきた。セリーヌは本物であり、それ自体が貴重な存在なのだ。手垢のついた表現になってしまうし、人によっては異論があるかもしれないが、現在のような不安定な時代にあって、セリーヌは、ファッション界の「聖杯」ともいえるだろう。

「それは多分、私たちが、自分たちは何者かということを見失い、お互いの存在や、動物たち、そして自然からも切り離されてしまっているからではないのかしら」とファイロは語る。

「つまり、私たちは混乱していて"本物"に出会うとパニックを起こしてしまう状態なのではないのでしょうか。真実はすぐそばにあるのに、私たちはどうつながっていいのかわからなくなっています」

 

This article is a sponsored article by
''.