変化し続ける
芦田多恵の現在地

TJ People Vol.3 ー TAE ASHIDA
女性らしさを際立たせるだけでなく、そこに躍動感を与える服を作り続けるデザイナー、芦田多恵。デビューして27年目を迎える彼女が、いま変化のときを迎えている

BY ASATO SAKAMOTO

画像: 中国でショーを行うことになり、打ち合わせを終えて帰国したばかりの芦田多恵。東京・代官山のオフィスにて PHOTOGRAPH BY SHINSUKE SATO

中国でショーを行うことになり、打ち合わせを終えて帰国したばかりの芦田多恵。東京・代官山のオフィスにて
PHOTOGRAPH BY SHINSUKE SATO

 TAE ASHIDAの2018/2019秋冬コレクション。3月23日にグランドハイアット東京で行われたショーは、目の覚めるような鮮やかな真紅のロングコートから始まった。背中には大きな羽根がジャカードで描かれている。TAE ASHIDAが得意とするエレガントなドレスやジャケット、エアリーなブラックドレスなどが続くショーの最後に、冒頭のコートをまとったモデルが再び登場。ステージが真っ赤に染まったかと思うと、その直後、照明が暗転してショーは幕を閉じた。

 デザイナーの芦田多恵は、このコートをストーリーテラーとして、「“自由に生きる人間の力”のようなものを表現したかった」という。このテーマを今回のコレクションに掲げた背景には、ある映画との出会いがあった。

「映画『グレイテスト・ショーマン』で、ヒュー・ジャックマン演じる主人公が赤い燕尾服を着てステージで踊るシーンが最初の方にあるんです。彼は周囲の反対にも負けず自分のやりたいことを貫き、最後にまた同じ服を着てステージ上で歌う。それを観たときハッとしました。おこがましいかもしれませんが、自分が表現したいこととすごく似ていると思ったんです。一人ひとりの個性や生き方を大切にして、自分のやりたいことを最後までやり抜く。まさに私が今回やりたいと思っていたことが、そこにありました」

画像: TAE ASHIDAの2018/2019秋冬コレクションより。 真紅のロングコートを纏ったモデルは、ショーの最後に全モデルを率いて再度登場する COURTESY OF TAE ASHIDA

TAE ASHIDAの2018/2019秋冬コレクションより。
真紅のロングコートを纏ったモデルは、ショーの最後に全モデルを率いて再度登場する
COURTESY OF TAE ASHIDA

 ぼんやりとしていたコレクションの全体像が、このとき、散らばっていた点が一気に繋がるように形づくられた感覚があったという。自由に生きることの象徴である“羽根”を背負った真紅のコートは、こうしてコレクションのテーマを伝える大事な1着になった。

「たとえばLGBTのような運動もそうかもしれませんが、いま世界中が、一人ひとりの個性を尊重しようとする流れにありますよね。こうしたムーブメントの中で、ファッションは一番そうでなければいけないものだと思うんです。こういう人でなければ着られないとか、この服を着るためにはこういう人にならなきゃいけないとか、ファッションとはそういうものではなくて、誰に対しても平等で、個性を尊重するものでなければ。そんな思いもありました」

画像: TAE ASHIDAの2018/2019秋冬コレクションより。 ストレッチコットンツイードを使ったオーセンティックなパンツスーツ。「SING LIKE WIND,FLY LIKE BIRDS」というメッセージがレザー部分に施されている PHOTOGRAPH BY YUSUKE MIYAZAKI(SEPT)

TAE ASHIDAの2018/2019秋冬コレクションより。
ストレッチコットンツイードを使ったオーセンティックなパンツスーツ。「SING LIKE WIND,FLY LIKE BIRDS」というメッセージがレザー部分に施されている
PHOTOGRAPH BY YUSUKE MIYAZAKI(SEPT)

画像: TAE ASHIDAの2018/2019秋冬コレクションより。 「NO REGRETS」と刺繍されたオリジナルアイテムの“レザーパッツ®” PHOTOGRAPH BY JIRO KONAMI

TAE ASHIDAの2018/2019秋冬コレクションより。
「NO REGRETS」と刺繍されたオリジナルアイテムの“レザーパッツ®”
PHOTOGRAPH BY JIRO KONAMI

 また今回のコレクションでは、演出でテーマを暗に醸し出すのではなく、テーマから連想したキーワードを直接、洋服やシューズにタイピングで表現していた。その言葉は、彼女がコレクションを作り上げるなかで自然と生まれてきたものだ。デザイナーには、作り手の想いや意図を表には出さず、造形としての美しさや存在感を追求していくタイプと、テーマやメッセージを明確に掲げながら作りあげていくタイプの2つがあるが、今の彼女は明らかに後者だった。

「これまでの私はどちらかというと、作り手の人生観を押し付けるようなものは好きではなくて、洋服として美しくあればそれでいいと思っていたんです。けれど、最近はなぜかそれだけではもの足りない気がしてきて……。特に今回は、自分の思いを“文字で見せたい”という思いがありました。洋服に盛り込みたいと。洋服に言葉が乗ることで、造形がシンプルなもののなかに強さが出て、主張も生まれたと思います。そんな気持ちになった理由のひとつには、もしかしたらインスタグラム(@taeashida)を始めたこともあるかもしれません。自分のちょっとした考えや思いを書いてみると、そこにいろいろな反応があって、人が何に興味を持っているかがすごく分かる。日々書いてアップすることで、自分自身について発見することも多かったですね」

 インスタグラムを始める際に、毎日必ずポストすることを全スタッフの前で宣言してしまった手前、ネタ切れに苦しみながらも毎日何かを書き続けた。ときにはクリエーションの過程を見せ、ときには何気ない自分の気持ちを画像に託して……。そうするうち次第に、コレクションを作ることにおいても“自分の思いをもう少し前に出してもいいんじゃないか”と思うようになっていったという。

 

This article is a sponsored article by
''.