長きに渡り、メゾンの顔として活躍した最高醸造責任者エルヴェ・デシャン氏が引退、後継者にセブリーヌ・フレルソン氏を指名した。そのサクセッション・イベントがオンラインで行われた。画面の向こうから語られた新たな“ベル・エポック(美しき時代)”とは?

BY KIMIKO ANZAI

  エミール・ガレのアネモネ(秋明菊)の絵で彩られた美しいボトル「ペリエ ジュエ ベル エポック」に代表されるシャンパーニュメゾンが「ペリエ ジュエ」だ。1811年の創業より、そのエレガントなスタイルでヨーロッパの王国貴族を始め、英国の作家オスカー・ワイルドや女優のサラ・ベルナールなど、多くの文化人を魅了してきた。

画像: メゾンはコート・デ・ブラン地区のエペルネの中心に位置。世界文化遺産にも認定された“シャンパーニュ大通り”に面し、隣は「モエ・エ・シャンドン」。シャンパーニュ愛好家から「世界一気分が上がる場所」と称されている

メゾンはコート・デ・ブラン地区のエペルネの中心に位置。世界文化遺産にも認定された“シャンパーニュ大通り”に面し、隣は「モエ・エ・シャンドン」。シャンパーニュ愛好家から「世界一気分が上がる場所」と称されている

  この歴史あるメゾンを最高醸造責任者として27年の長きにわたり牽引してきたのが、エルヴェ・デシャン氏だ。1993年に7代目の最高醸造責任者に就任、伝統を守りつつも独創的なアプローチにも新たに試み、新しい時代に合うシャンパーニュとして、メゾンの象徴でもあるシャルドネを100パーセント使用した「ペリエ ジュエ ベル エポック ブラン・ド・ブラン」、「ペリエ ジュエ ブラン・ド・ブラン」を生み出した。また大の親日家で、特に日本の自然や庭園に魅了されたデシャン氏は、日本の四季にインスパイアされた「ペリエ ジュエ ベル エポック エディション プルミエール」「ペリエ ジュエ ベル エポック エディション オータム」なども手がけた。人柄は穏やかで知的。インタビューでは物静かに、それでいて熱意をもってシャンパーニュを語り、世界中のワインジャーナリストからも慕われていた。

画像: エルヴェ・デシャン氏。第7代最高醸造責任者としてメゾンを牽引。シャンパーニュの重鎮として活躍したが、温厚で知的な人柄から、多くの後進達から尊敬を受ける存在でもあった。プライベートで日本を旅行するのが目下の夢。日本の自然や庭園が大好きで、特に桜に心惹かれるという

エルヴェ・デシャン氏。第7代最高醸造責任者としてメゾンを牽引。シャンパーニュの重鎮として活躍したが、温厚で知的な人柄から、多くの後進達から尊敬を受ける存在でもあった。プライベートで日本を旅行するのが目下の夢。日本の自然や庭園が大好きで、特に桜に心惹かれるという

 そのデシャン氏が今年で定年を迎え、彼の功労を称えつつ、8代目の最高醸造責任者となるセブリーヌ・フレルソン氏にバトンを受け継ぐサクセッション・イベントが「ピエール・ガニェール 東京」で行われたのはこの10月のこと。本来であれば、本国フランスを皮切りに世界各国で引退セレモニーが執り行われるのがグラン・メゾンの常だが、新型コロナ感染拡大防止のため、リモートでの開催となった。

 開口一番、「日本に行けなくて、本当に残念です」と画面の向こうで語るデシャン氏。だが、その表情はいつものように穏やかで、晴れ晴れとした笑顔を湛えていた。そして、「長きに渡り、『ペリエ ジュエ』にいられて幸せでした」と言って、傍らにいる8代目のフレルソン氏を画面のこちら側の列席者に紹介してくれた。彼女はメゾンにとって、初の女性の“シェフ・ド・カーヴ”(最高醸造責任者)となるという。

画像: 8代最高醸造責任者セブリーヌ・フレルソン氏。ランス近郊シルリー村出身。ランス大学卒業後、「パイパー・エドシック」に入社、セラーマスターに就任する。2018年に「ペリエ ジュエ」に入社、今年、第8代最高醸造責任者に就任。シックで品のよいファッションセンスの持ち主でもある

8代最高醸造責任者セブリーヌ・フレルソン氏。ランス近郊シルリー村出身。ランス大学卒業後、「パイパー・エドシック」に入社、セラーマスターに就任する。2018年に「ペリエ ジュエ」に入社、今年、第8代最高醸造責任者に就任。シックで品のよいファッションセンスの持ち主でもある

 実は、グラン・メゾンにおいて、女性が最高醸造責任者になることはそう多くはない。女性の醸造責任者は少しずつ増えてはいるが、ワインの世界はまだまだ男性社会で、ペリエ ジュエのような歴史あるグラン・メゾンでの女性の“出世”は稀なことなのだ。これだけでも、彼女がいかに優秀なのかが理解できる。フレルソン氏を8代目に指名した理由を、デシャン氏はこう語る。
「彼女がテイスティングの時に発する言葉、香りの表現の仕方に自分と共通するものを感じました。そして、彼女の緻密なワイン造りと美を愛する豊かな感性に、『彼女なら大丈夫だ』と確信したのです」。そして約2年の年月をかけてメゾンの哲学やブレンドスタイルについて引き継いだという。

  このデシャン氏の言葉を受け、フレルソン氏はこう語る。
「シャンパーニュ造りは、私の情熱を生かしてくれるもの。情熱と記憶、直感を大切に、メゾンの伝統を守っていきたいと思っています。200年を超える歴史の証人として、この場にいることができて、光栄です」。その後、“シェフ・ド・カーヴ”の証であるセラー『レデン』の鍵がデシャン氏からフレルソン氏に手渡され、セレモニーは無事終了した。メゾンの最新章は、この時始まったのだ。

 ペリエ ジュエは数あるシャンパーニュ中でも、トップクラスの“比類なく美しいシャンパーニュ”だ。その伝統とイメージを長きに渡り守り続けるのは、決して容易なことではない。ひとえに地道な日々の積み重ねとたゆまぬ努力によるものなのだ。

画像: 「ペリエ ジュエ クラシックライン エコロジカル ボックス」は再生可能な素材を使用したエコロジカルなパッケージが特徴。サスティナブルを実現しながらも、彫刻を施したかのような美しさが印象的 (左から) 「ペリエ ジュエ グラン ブリュット エコロジカル ボックス」<750ml>¥7,050 メゾンを象徴するブレンドタイプのシャンパーニュ。上品な酸味で繊細な味わい 「ペリエ ジュエ ブラン・ド・ブラン エコロジカル ボックス」<750ml>¥13,400 シャルドネのみを使用し、フローラルな香りと凛としたミネラル感が魅惑的 「ペリエ ジュエ ブラゾン ロゼ エコロジカル ボックス」<750ml>¥8,700 赤いベリーやスパイスの香り。フェミニンな印象のロゼ ※すべて参考価格 PHOTOGRAPHS:COURTESY OF PERRIER-JOUËT

「ペリエ ジュエ クラシックライン エコロジカル ボックス」は再生可能な素材を使用したエコロジカルなパッケージが特徴。サスティナブルを実現しながらも、彫刻を施したかのような美しさが印象的

(左から)
「ペリエ ジュエ グラン ブリュット エコロジカル ボックス」<750ml>¥7,050
メゾンを象徴するブレンドタイプのシャンパーニュ。上品な酸味で繊細な味わい

「ペリエ ジュエ ブラン・ド・ブラン エコロジカル ボックス」<750ml>¥13,400
シャルドネのみを使用し、フローラルな香りと凛としたミネラル感が魅惑的

「ペリエ ジュエ ブラゾン ロゼ エコロジカル ボックス」<750ml>¥8,700
赤いベリーやスパイスの香り。フェミニンな印象のロゼ
※すべて参考価格
PHOTOGRAPHS:COURTESY OF PERRIER-JOUËT

 デシャン氏は、常に穏やかな微笑みとともにシャンパーニュ造りに向き合ってきた。シャンパーニュは、テロワールを表現すると同時に、造り手の個性も反映される飲み物だ。ペリエ ジュエの中には、きっとデシャン氏の人柄も溶け込んでいたに違いない。彼は、“ベル・エポック(美しき時代)”を創り、そしてそれは今、フレルソン氏に手渡された。彼女が織りなす新しき“美しき時代”はどのようなものなのか、今から楽しみだ。

問い合わせ先
ペルノ・リカール・ジャパン
perrier-jouet.jp@pernod-ricard.com
公式サイト

 

This article is a sponsored article by
''.