建築、デザイン、グリーン、アートが融合した〈白井屋ホテル/SHIROIYA HOTEL〉。前橋に誕生した注目のホテルは、新たな街づくりの起点ともなる。藤本壮介、田中仁、ふたりのキーパーソンが語った

BY JUN ISHIDA, PHOTOGRAPHS BY KOHEI OMACHI

 前橋の中心地を走る国道沿いに現れる白い建物。素っ気ない外観にはカラフルなタイポグラフィが施されている。「FROM THE HEAVENS」「FROM THE PRAIRIES」「FROM THE MOUNTAINS」、ちょっとずれた角度で「FROM THE SEA」。山に囲まれた平野である前橋に海はない。群馬のからっ風を思わせる矢印とともに、ちょっとしたユーモアを感じさせるファサードは、現代美術家のローレンス・ウィナーによるものだ。この建物の正体は〈白井屋ホテル〉。江戸時代に創業し、明治時代には旧宮内庁御用達として多くの著名人が訪れた〈白井屋旅館〉の流れをくむ。旅館は1970年代にホテルへと転換し、現在の白い建物となるが、2008年に廃業した。以降、取り壊しの危機が訪れるが、この歴史ある場所の記憶を残そうと、前橋出身で「JINS」創業者の田中仁が土地の権利を買った。2014年のことだ。田中は建物のリノベーションを建築家の藤本壮介に依頼。そして、2020年12月、〈白井屋ホテル〉が誕生した。

画像: 〈白井屋ホテル〉は既存の建物をリノベーションした「ヘリテージタワー」と、国道と並走する馬場川通り沿いに面した「グリーンタワー」(写真下)からなる

〈白井屋ホテル〉は既存の建物をリノベーションした「ヘリテージタワー」と、国道と並走する馬場川通り沿いに面した「グリーンタワー」(写真下)からなる

画像: 「グリーンタワー」は新築で、昔あったという利根川の旧河川の土手を思わせるような建物に

「グリーンタワー」は新築で、昔あったという利根川の旧河川の土手を思わせるような建物に

 6年を費やしでき上がったのは、日本、いや世界でも稀な建築と現代アート、デザインが一体化したホテルだ。それぞれの要素が気負いなく交じり合い、不思議なハーモニーが生まれる。なぜ、このようなホテルが前橋に誕生したのか。田中と藤本、ふたりのキーパーソンが語った。

 白井屋の再建に関わる以前から、田中仁は群馬全体の地域活性化に取り組んでいた。
「群馬イノベーションアワードと群馬イノベーションスクールを立ち上げ、前橋に限らず群馬全体を起業で元気にしようと取り組んでいました。前橋を訪れる機会も増え、ちょうどそのときに現代美術館〈アーツ前橋〉の開館パーティがあったんです。そこで知り合った若者たちから白井屋をどうにかしてくれないかと声をかけられました。ホテルの専門家でもないので最初は難しいと思ったのですが、次々に地域の人から声が上がり、深く関わるようになりました」

 地元の人々の要望を受ける形で白井屋を購入したものの、どんなホテルにするかという明確なビジョンが当初からあったわけではなかった。ホテルのプロに話を聞いても、前橋で成り立つのはビジネスホテルという答え。納得のいかない田中に対し、「ホテルは街とともにあります。前橋はどんな街ですか?」という問いが逆に突きつけられた。

「その質問に答えられなかったんです。その後市長と会う機会があり、前橋の街のビジョンについて尋ねてみたところ、福祉の充実をはじめ、さまざまな目標はあっても、ひとことで表現する言葉がなかったので、一緒に街づくりにも活かせる前橋のビジョンをつくりましょう、ということになりました」

画像: 〈白井屋ホテル〉のラウンジに立つふたりのキーパーソン。建築家の藤本壮介と「JINS」創業者の田中 仁 (左) 藤本壮介(SOU FUJIMOTO) 建築家。1971年北海道生まれ。東京大学工学部建築学科卒業後、2000年に藤本壮介建築設計事務所を設立。同年の「青森県立美術館」設計競技で2位となり注目を集める。’08年〈児童心理治療施設〉でJIA日本建築大賞受賞。主な作品に〈武蔵野美術大学美術館・図書館〉、ロンドンの〈サーペンタイン・ギャラリー・パビリオン2013〉、南フランス・モンペリエの〈L’Arbre Blanc〉など (右) 田中 仁(HITOSHI TANAKA) 起業家。1963年群馬県生まれ。’88年にジェイアイエヌ(現ジンズホールディングス)を設立し、2001年よりアイウエアブランド「JINS」をスタート。’14年、群馬県内の地域活性化活動に取り組む田中仁財団を設立し、前橋市中心市街地活性化の拠点として「前橋まちなか研究室」を開設。起業家支援のための「群馬イノベーシ ョンアワード」や「群馬イノベーションスクール」も主宰

〈白井屋ホテル〉のラウンジに立つふたりのキーパーソン。建築家の藤本壮介と「JINS」創業者の田中 仁

(左)藤本壮介(SOU FUJIMOTO)
建築家。1971年北海道生まれ。東京大学工学部建築学科卒業後、2000年に藤本壮介建築設計事務所を設立。同年の「青森県立美術館」設計競技で2位となり注目を集める。’08年〈児童心理治療施設〉でJIA日本建築大賞受賞。主な作品に〈武蔵野美術大学美術館・図書館〉、ロンドンの〈サーペンタイン・ギャラリー・パビリオン2013〉、南フランス・モンペリエの〈L’Arbre Blanc〉など

(右)田中 仁(HITOSHI TANAKA)
起業家。1963年群馬県生まれ。’88年にジェイアイエヌ(現ジンズホールディングス)を設立し、2001年よりアイウエアブランド「JINS」をスタート。’14年、群馬県内の地域活性化活動に取り組む田中仁財団を設立し、前橋市中心市街地活性化の拠点として「前橋まちなか研究室」を開設。起業家支援のための「群馬イノベーシ
ョンアワード」や「群馬イノベーションスクール」も主宰

 ここから、田中の前橋の街づくりへの参画が始まる。
「ドイツのコンサルティング会社『KMS』に依頼して、街の状況を分析してもらい、『Where good things grow』というビジョンが誕生しました。これを同郷の糸井重里さんに解釈してもらい、生まれた言葉が『めぶく。』です。『めぶく。』を前橋ビジョンとして定め、それをどう具体化するかを議論する中で、『デザイン都市』という戦略が生まれ、『グリーン&リラックス』というテーマが浮かび上がりました。それを、まずはこのホテルで実現してみようと考えるようになりました

 白井屋の既存の建物を残すということだけを決め、リノベーションは藤本壮介に依頼した。田中と藤本のつき合いは長く、前橋にある田中の兄の家は藤本の最初の住宅作品でもある。

「藤本さんとの出会いは、高崎の『JINS』のお店の設計をお願いしようと声をかけたのが最初でした。藤本さんが〈青森県立美術館〉のコンペに提出したプランを見て、今までの建築界にはないアプローチをする人が登場したと感じました。自分自身もそうなのですけど、新しい価値観や手法でもって、新しいことに挑戦する人と合うんです。お店の話は流れてしまいましたが、いつか藤本さんに何か象徴的なものをお願いできればとずっと思っていました」

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.