ジョージア・オキーフが若い頃に着ていた、一枚の白いシルクブラウスがある。繊細な美しさが特徴のこの服には、ほのかな透け感があり、肩とネックラインに何十ものピンタックが手縫いで施されている。スクープネック(Uネック)のいちばん深いところ、つまり鎖骨の真ん中あたりを飾るのは、同じシルク素材の花。さらに細かいピンタックが入った小布でできたこの花は、咲き誇った蘭を思わせる。裏側には、丁寧に何度も継ぎ合わされ、繕われた形跡があり、それは単にブラウスというより芸術作品のように見えた。


 オキーフは自らのワードローブをこよなく愛していた。1974年の『ニューヨーカー』誌で、彼女のハウスキーパーは「ミス・オキーフは何百枚ものドレスをお持ちでしたが、すべてが似た雰囲気でしたね。白以外ですと、黒の服もいくつかありました」と語っている。彼女はフェラガモの柔らかなスエードのフラットシューズを好み、マットなブラックから、淡いティールブルー(青緑)まで取り揃えていた。ほかにお気に入りだったのは、アメリカの老舗デパート「サックス・フィフス・アベニュー」のローヒールや、ステッチが葉脈のように立体的に刻まれたトップス、バイアス裁ちのドレス、チュニック、膝下丈のスモック。ニューヨークに赴くときの彼女は厳かなスカートスーツにきりっとした襟つきのシャツを着たが、ニューメキシコ州の砂漠の高地にある自宅に戻ると、ブルージーンズやシャンブレーのロングスリーブシャツ、ウエストをベルトでマークしたシンプルなコットンのラップドレスをまとった。また写真を撮られるときは黒の服を選んだが、実際はピンク、スカイブルー、ネイビー、赤といった色も好んでいた。後ろになでつけ、だんご状にきれいにまとめた髪型は、友人でアーティスト仲間のアレクサンダー・カルダーから贈られた、オキーフの“O”をかたどった渦巻き模様がついた真鍮のブローチによく似ていた。


 20世紀のアメリカで最も名高いアーティストのひとりであるオキーフは、つねにさまざまな分野や活動団体の趣意を象徴するリーダーとして崇められてきた。フェミニストの目にオキーフは尊敬すべき画家として映り、デザイナーやファッションフォトグラファーにとってはスタイルアイコンだった。こんなふうにすでに名声を博していたオキーフは、外見とそのメッセージ性のあるスタイル、そして作品が人々の評判を集め、崇拝された。オキーフをアイコンとして“オブジェ化”するのはリスクを伴うことだが、彼女の残したレガシーには“芸術としての自己表現”が感じられる。昨年、ニューヨークのブルックリン美術館では『ジョージア・オキーフ:リビング・モダーン』と題したオキーフの生涯と作品を振り返る回顧展が催された。そこでは98点の写真と36点の絵画作品のほか、彼女のワードローブの一部が初めて公開されたのだった。



デュロ・オロウがデザインする、

画家リネット・イアダム=ボークアイのワークウェア



ナイジェリアに生まれ、現在ロンドンを拠点に活動するオロウは、今回の課題を前にさまざまなアーティストのことを思い浮かべた。そして最終的にガーナ系イギリス人画家リネット・イアダム=ボークアイのために何かを作りたいと感じたという。オロウにとって彼女は「現代アートにおける、新しい具象絵画を生み出した人物。同世代のカラード(有色人種)のアーティストや女性アーティストに勇気を与える最高の模範像」だそうだ。柔らかな筆のタッチと鮮やかな色使いで黒人たちを描いた肖像画は、写実的でありながら幻想的で、これまでになかった新しい絵画形式だといえるだろう。オロウは、友人であるイアダム=ボークアイが、どんなに着飾ったときでもためらわずに“キャンバスに立ち向かう”気概も尊敬している。彼女のように美に精通した女性のために、あえて実用性のあるユニフォーム的な服を作りたかったという彼は、オークルカラーのデニム地のダブルブレストジャケットをデザイン。ボトムの深いポケットからは「絵筆が何本か飛び出すとさまになるね」とオロウは言う