1月、世界中に衝撃をもたらした突然の訃報のあとも、生前にもまして人々の心を揺り動かしつづける永遠のポップ・スター。デヴィッド・ボウイが私たちに遺していった最後のイリュージョンとは

BY HIROKO SHINTANI

画像: キャリア最後のツアーとなった、 2004年の『リアリティ』ツアーより JON FURNISS, WIRE IMAGE/GETTY IMAGES

キャリア最後のツアーとなった、 2004年の『リアリティ』ツアーより
JON FURNISS, WIRE IMAGE/GETTY IMAGES

 そこまでしてふたつの人格を切り離していたがゆえに、余計に私たちファンは、“デヴィッド・ボウイ”は生身の人間とは異なる存在だと思い込んでいたふしがある。死なないはずの人が死んでしまったという現実に折り合いをつけるには、彼を人間化する必要があった。どんなに些細であれ、ここで挙げたような逸話に人々が夢中になる理由は、そこにあるのだろう。デヴィッド・ボウイがデヴィッド・ジョーンズだったことを、受け入れようとしていたのだ。

 そんなイリュージョンの達人は、2013年にアルバム『ザ・ネクスト・デイ』を発表し、もう一度“デヴィッド・ボウイ"に戻ると、『★』に至ってなお新しいキャラクター“Button Eyes”に扮して我々の前に現れた。あの独特の瞳の代わりにボタンを縫いつけた包帯を頭部に巻く、不気味な老人の姿で。人生をシアターと見なして最終章を演じ切った彼は、デヴィッド・ジョーンズとして亡くなり、デヴィッド・ボウイとして 不死を得たのだと思う。

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.