パティ・ジェンキンスは、『ワンダーウーマン』の続編の監督として高額な契約を結び、映画業界の歴史に名を残した。同作品はHBO Max(アメリカの動画配信サービス)でも公開されることに決まり、「3作目は?」 と聞かれた彼女は、「今は様子見」だと話した

BY KYLE BUCHANAN, TRANSLATED BY NAOKI MATSUYAMA

 パティ・ジェンキンスが監督した1作目『ワンダーウーマン』は、女性ヒーローの力が男性ヒーローに引けを取らないことを証明した、革新的な映画だった。その続編となる『ワンダーウーマン1984』は、1作目とはまた違った意味で、映画界に革新をもたらすことになる。10億ドルの興行収入が見込まれていたこの作品が、ワーナー・ブラザースとその親会社であるAT&Tが多大な力を注いでいるストリーミングサービス「HBO Max」で劇場公開と同日に配信されることになったのだ。

画像: PATTY JENKINS(パティ・ジェンキンス) 続編のための困難な契約交渉について、ジェンキンスは「はじめてのスーパーヒーロー映画製作で『ワンダーウーマン』のようにはうまくいかなかった監督たちと、同じくらいのギャラはもらうべきだと思いました」と語った PHOTOGRAPH BY NATALIA MANTINI for The New York Times

PATTY JENKINS(パティ・ジェンキンス)
続編のための困難な契約交渉について、ジェンキンスは「はじめてのスーパーヒーロー映画製作で『ワンダーウーマン』のようにはうまくいかなかった監督たちと、同じくらいのギャラはもらうべきだと思いました」と語った
PHOTOGRAPH BY NATALIA MANTINI for The New York Times

 パンデミックの影響で多くの劇場が閉鎖を余儀なくされるなか、自身の映画やニキ・カーロ監督のディズニー映画『ムーラン』のような大ヒット作品の公開が延期される状況を見てきたジェンキンスは、「今年は、女性が興行で大きな収益を生み出しているということがニュースになってたはずなんですけどね」と、もらす。「でも、もっと重要なことは、映画館で映画を観たいと切望している観客に映画作品がきちんと届くということです」

『ワンダーウーマン』の数十年後を舞台にした、続編『ワンダーウーマン1984』は、超大型作品に飢えたファンにとって盛りだくさんの内容だ。時は1980年代。ガル・ガドット演じるスーパーヒロインは、世俗にうずまく欲望を煽る大企業家、マックスウェル・ロード(ペドロ・パスカル)と、コミック版ワンダーウーマンに登場する、典型的な文系女子が悪役チーターに変貌し宿敵と化した、バーバラ・ミネルヴァ(クリステン・ウィグ)との争いに引きずり込まれていく。

画像: ジェンキンス監督作品『ワンダーウーマン1984』のワンシーンに登場する、ガル・ガドット WONDER WOMAN and all related characters and elements are trademarks of and © DC. Wonder Woman 1984 © 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

ジェンキンス監督作品『ワンダーウーマン1984』のワンシーンに登場する、ガル・ガドット
WONDER WOMAN and all related characters and elements are trademarks of and © DC. Wonder Woman 1984 © 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

『ワンダーウーマン1984』は、数あるワーナー・ブラザースの大ヒット作のなかから、初めてHBO Maxで配信される作品となったが、これで終わりということではない。ここ最近で、ワーナー・ブラザースは2021年公開予定の全作品をHBO Maxで配信することに合意し、一部の作品は、映画館公開中に配信されるということもあり、映画製作者や製作パートナーの怒りを買った。2020年12月17日に行ったインタビューで、ジェンキンスは『ワンダーウーマン1984』が、劇場公開のタイミングで各家庭でも見られることに関しては納得することができたが、彼女の未来は、ワンダーウーマンシリーズとともに、ワーナー・ブラザースがもう一度、劇場公開をベースとしたモデルにコミットするかどうかにかかっていると話した。

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.