フードライター北村美香が自信をもっておすすめする美味の店。その技と思いを凝縮した「食べるべきひと皿」とともに、おいしさの理由をひもとく連載第10回

BY MIKA KITAMURA, PHOTOGRAPHS BY YUKO UEHARA

 近所で軽くお酒をというときの選択肢に、カレー屋が最近加わった。外でのフレンチやイタリアンが続いて身体が重いとき、居酒屋気分じゃないとき、スパイス料理で元気になりたいときに行く。
 ここ数年、日本のインドカレー料理店の状況の変化には、著しいものがある。以前はインドカレーとひとくくりにされたが、いまはインドでも北か南か、はたまた周辺のスリランカか、と細分化される。1種類の料理だけを週替わりで出したり、お酒を多種類揃えて居酒屋風にしたり、味もスタイルも実に多様化しているのだ。

画像: ナチュラルテイストな店内。お酒をゆっくり楽しみたいなら、ぜひ予約を。カウンターもあり

ナチュラルテイストな店内。お酒をゆっくり楽しみたいなら、ぜひ予約を。カウンターもあり

  通っているのは、東京・西荻窪のガード下商店街にある「大岩食堂」。カウンターと大小ふたつのテーブルだけのコンパクトな店内に、カフェのようなゆったりした雰囲気が漂う。店主の大岩俊介さんはカレー好きが嵩じ、知り合いのスリランカ人の家に泊まり込んで現地の味を学び、八重洲の有名な南インド料理店「エリックサウス」に勤務。店長まで勤め上げ、3年前に自分のお店を開いた。
 
 大岩食堂のカレーは南インドスタイルで、ホット&スパイシー。サラリとしているのが特徴。「ミールス」と呼ばれる南インドの定食を、昼も夜も出していて、このミールスを必ず頼む。「定番」と「日替わり」からカレーを2〜3種類チョイスすれば、豆と野菜のスープ「サンバル」と、酸味を効かせたもうひとつのスープ「ラッサム」、インディカ米の「バスマティライス」、豆の粉で作られたクラッカー状の「パパド」に、グリーンサラダがひと皿にのってくる。

画像: 大岩食堂の看板メニュー「ミールス」¥980〜。1〜3種類のカレーを選べる。写真はカレー2種類¥1,260。左からポークのカレー、豆のカレー、サンバル、ラッサム

大岩食堂の看板メニュー「ミールス」¥980〜。1〜3種類のカレーを選べる。写真はカレー2種類¥1,260。左からポークのカレー、豆のカレー、サンバル、ラッサム

画像: 大岩俊介さん。「燗酒とインド料理でこれからの季節、身体を温めて下さい」

大岩俊介さん。「燗酒とインド料理でこれからの季節、身体を温めて下さい」

「南インドの街の食堂では、バナナの葉が目の前のテーブルに敷かれ、ご飯と共にカレーが数種類盛られます。カレーは地域ごと、季節ごとに異なりますが、サンバルとラッサムはいつもついてきますね」と大岩さん。「南インドは赤道に近くて暑いので、辛くてスパイシーな料理が多いんです。米が育つ土地なので、添えられるのはご飯が多い。乳製品をほとんど使わず、油脂分が少なめですから、全体にあっさりしています。海に近い地域では魚介類をよく食べるし、ベジタリアンが多いので野菜料理の種類も豊富。南インドの料理は日本人の舌に合うと思います」

 夜はおつまみ系も。まぐろなど魚介のスパイスオイル煮や、「ジーラチキン」と呼ばれるクミン風味のチキンのロースト、マサラ風味のフライドポテト、野菜のピクルスなどを、その日の気分のお酒と楽しめる。
 お酒好きの大岩さんがセレクトしているドリンクリストは、インド料理店とは思えないほど充実している。ワインは自然派のみ。白ワインなら酸味が立ってミネラル感のあるもの、赤ならスパイシーで味のしっかりしているものがインド料理に合うのだとか。

画像: 大岩さんがテイスティングし、リーズナブルでスパイシーな料理に合うワインを揃える。グラスワインは3〜4種類

大岩さんがテイスティングし、リーズナブルでスパイシーな料理に合うワインを揃える。グラスワインは3〜4種類

画像: 4種類のおつまみ(おつまみセット¥480)と、ビール(カールスバーグ)もしくはグラスワイン、レモンサワー1杯が選べる「選べるドリンクセット」¥1,000。写真はビーツのピクルス、ジーラチキン、マサラポテトフライ、フィッシュピクルス

4種類のおつまみ(おつまみセット¥480)と、ビール(カールスバーグ)もしくはグラスワイン、レモンサワー1杯が選べる「選べるドリンクセット」¥1,000。写真はビーツのピクルス、ジーラチキン、マサラポテトフライ、フィッシュピクルス

「いままで飲んだレモンサワーの中でいちばんおいしい!」と友人が絶賛したのが、この店の「レモンサワー」。瀬戸内産無農薬レモンとコリアンダーシード、クローヴ、カルダモン、唐辛子、きび砂糖をドライジンに漬け込み、炭酸で割ったもの。この秋からは日本酒の燗も置くようになった。インド料理に燗酒!と驚くなかれ。燗をした日本酒のおかげでスパイスの香りがさらに際立って、えもいわれぬおいしさだ。

 駅から2分。ガード下なので、雨の日も濡れずに行くことができる。ランチもおすすめだが、私はもっぱら夜、ミールスとおつまみ、日本酒を楽しみに通っている。
 

大岩食堂
住所:東京都杉並区西荻南3-24-1 西荻窪マイロード内
営業時間:ランチ11:00~15:00(LO 14:30)、ディナー18:00~23:00(LO 22:00)
定休日:月・木曜
※月曜日はランチのみ営業日あり。当月の営業カレンダーはtwitterかFacebookで確認を
電話: 03(6913)6641

「この店の、このひと皿。Vol.8」へ

「この店の、このひと皿。Vol.9」へ

 

This article is a sponsored article by
''.