国内に流通するピーナッツの約9割が外国産という実情のなか、千葉県旭市でオーガニックの落花生を育てている若き生産者がいる。この落花生から生まれる、ピュアな味わいのピーナッツペーストに夢中になる人が後を絶たない

BY YUMIKO TAKAYAMA

 本誌10月25日号掲載の特集「おいしいひと皿から世界が変わる。」で取材したフランス料理店「レフェルヴェソンス」のシェフ 生江史伸さんが手がけるブーランジェリー「ブリコラージュ ブレッド アンド カンパニー」。この店の皿の上を彩るのはすべて、生江シェフが敬愛してやまない生産者たちが手塩にかけてつくった食材だ。その“おいしいひと皿”をつくる6人の生産者の声を、全6回にわたりお届けする。

第三回は、九十九里浜のある千葉・旭市で落花生を無農薬栽培で育て、ピュアでやさしい味わいの絶品ピーナツペーストを作る、若き生産者を紹介。


「Bocchi Peanut(ボッチピーナッツ)」のピーナッツペーストを初めて食べたときの衝撃は忘れられない。透明感のあるピーナッツの油分と芳醇なコク、やさしい甘み。繊細な味わいは、今まで食べてきた“ザ・アメリカン”なピーナッツバターとはまったく異なる。原材料はピーナッツとてんさい糖、塩のみだ。

「千葉の旭市に無農薬で落花生を栽培している若者がいるんです」とフレンチレストラン「レフェルヴェソンス」の生江史伸シェフから聞いて取り寄せたのが、Bocchi Peanutのピーナッツペーストだった。生江シェフが手がけるベーカリーカフェ「ブリコラージュ&ブレッドカンパニー」では、看板メニューのオープンサンドにも使われている。

画像: 代表の加瀬宏行。2015年からスタートした、オーガニックの自社栽培の畑にて PHOTOGRAPH BY YUMIKO TAKAYAMA

代表の加瀬宏行。2015年からスタートした、オーガニックの自社栽培の畑にて
PHOTOGRAPH BY YUMIKO TAKAYAMA

 その生みの親である加瀬宏行(37歳)はピーナッツの卸問屋、株式会社セガワの三代目。父親の代から加工業がスタートし、もの心ついたときからピーナッツが周りにあったという。しかし、時代とともに落花生(ピーナッツ)農家の後継者が激減し、生産量は下降する一方で、「自分の代で何ができるのか、跡を継ぐプレッシャーはありました」という。

 第一子が産まれてから数年がたった頃、近所にある落花生畑で大量の除草剤を使用しているのを目の当たりにしてショックを受けた。雑草がまったく生えていない畑。「子供たちに安心して食べさせられるピーナッツを作りたい」という強い感情が沸き起こったのはそのときだ。

画像: 5月の落花生の芽吹き。楕円形の葉は夜には閉じるという習性がある COURTESY OF BOCCHI

5月の落花生の芽吹き。楕円形の葉は夜には閉じるという習性がある
COURTESY OF BOCCHI

 落花生の全国生産量の約75%を占める千葉県で、生産地としてよく知られているのは八街市だが、じつは明治時代に千葉県で最初に落花生を作り始めたのは加瀬が住む旭市。八街市や富里市などの内陸に比べると畑面積に対する生産量は落ちるが、九十九里浜の潮風と強い日差し、ミネラルを含む火山灰土でできた土壌が、味のよいピーナッツを育むと言われている。

「『アメリカでは、ピーナッツは国民食とも言えるぐらいポピュラーで、落花生農家出身の大統領もいる(注:ジミー・カーター元大統領)』と生江シェフから聞いて、自信につながりました。日本でも、おいしいピーナッツを作れば支持してくれる人たちはいるんじゃないか」

画像: 落花生の生産地特有の秋の風物詩。収穫した落花生を根がついたままで重ね、天日干しする COURTESY OF BOCCHI

落花生の生産地特有の秋の風物詩。収穫した落花生を根がついたままで重ね、天日干しする
COURTESY OF BOCCHI

 コンビニやスーパーマーケットなどで見かけるピーナッツ加工品の原料のほとんどが輸入に頼っているという実情のなか、「ピーナッツの本当のおいしさをいろんな人に知って欲しい」と、加瀬は2015年にブランド「Bocchi Peanut」を立ち上げた。“ボッチ”とは収穫した落花生を乾燥させるために畑に積み上げて稲わらをかけた野積みのことを指す、この地域ならではの方言。同時に、自社畑の半分を有機農業、残りを低農薬で落花生の栽培をスタート。初年度は草取りに追われ、落花生の天敵であるコガネムシに葉や根を食い荒らされ、収穫は予想よりもずっと減ってしまったという。「農業は初心者ですから、専門家に聞いたり、ネットで調べたりと試行錯誤の連続です」

 

This article is a sponsored article by
''.