かつてサーファーやバックパッカーたちのディスティネーションだったバリは、この10年で大きく発展した。自然に配慮しながら設計されたホテルや地元シェフによる新しい伝統料理など、進化するバリを満喫するためのトラベルガイド

TEXT & PHOTOGRAPHS BY WALTER GRIAO, TRANSLATED BY MICHIKO TOYAMA

 私のバリへの旅は約10年前に始まった。バリは私が若い頃に訪れた最初のパラダイスだった。当時は、楽園としてのバリ・ブームの萌芽期で、冒険を求める旅行者がようやく行き始めた頃だ。島はまだ開発途中で今日のようにインフラは整っていなかったが、ホテルなども格安で、若者やサーファー、そしてバックパッカーといった連中が、美しい景色や静けさを求めて訪れていた。

 2020年初頭、私はバリを再び訪れた。10年前と比べ、神の島バリは大きく発展していた。火山、美しい谷にある稲田、楽園のような海岸といった自然に恵まれ、ユニークな文化やスピリチュアルな体験にも触れられるーーそんなバリの魅力はもちろん健在だ。ただひとつ言えるのは、バリは新しいバリになったということ。それも本格的に。今や、さまざまな種類のホテルやレストラン、ビーチクラブやバーがあり、自然のアドベンチャーや神秘的な体験もできる。国際的なアイランドとなった新しいバリには、2019年だけで世界中から630万人もの旅行者が訪れたという。今回、私は、ウブド、スミニャック、ヌサ ドゥア、その他のエリアにまで足を運んだ。

UBUD(ウブド)

 緑が生い茂る熱帯林、神々しい寺、絵葉書のような景色、段々になった稲田、滝、ゆったりした雰囲気―― バリの玄関口デンパサール空港から37km、車で約1時間のところに位置するウブドは、バリのアートと文化の中心地で、歴史や伝統に富んだ街だ。トップ・レストランも何軒かあるバリの食のホットスポットでもある。ジュリア・ロバーツ主演の映画『食べて、祈って、恋をして』(2010年)がここウブドで撮影され、この地を訪れてみたいという旅行者が増えたそうだ。ヘルシーな食べ物、ヨガ、瞑想、スピリチュアル・ヒーラー、クラフトアート、そして、新鮮な空気の中に漂うバリ的なムード。それらを全身で楽しみたい旅行者に最適なエリアだ。

<STAY>

CAPELLA UBUD(カペラ ウブド)
「カペラ ウブド」は緑生い茂る熱帯林の中に潜む、自然と調和したキャンプサイトのようなホテル。1800年代初期、ヨーロッパからこの島へ移民してきた人たちのアドベンチャー精神をインスピレーションソースに、建築家ビル・ベンズレーが設計を施した。

画像: トロピカル・ガーデンに囲まれたインフィニティプール

トロピカル・ガーデンに囲まれたインフィニティプール

画像: さまざまなテイストをミックスしたベッドルームのインテリア

さまざまなテイストをミックスしたベッドルームのインテリア

 ゲストルームは、森林に極力手を加えないように配慮しながら配置された23のテント。オーナーのプライベートコレクションであるアートとアンティークが随所に使われたインテリアもゲストの目を楽しませる。

 私にとって、ここは五つ星以上の価値が感じられるホテルだ。現地の伝統や歴史を学びながら、魅力的な体験ができる。バリの祈りの儀式やヨガで一日をスタートしたり、ホテル内のスパ「オーリガウェルネス」でバリの伝統に基づいたトリートメントを受けたり。夕方になると、テントのかたわらにキャンプファイヤーが用意され、伝統料理やカクテルも堪能できる。
www.capellahotels.com

<EAT>

LOCAVORE(ロカフォーレ)
 オランダ出身のシェフ、エルケ・プラスメイジャーのレストラン。彼は、ジャカルタ生まれのヘッドシェフであるレイ・アドリアンシア、マネージャーのアディ・カルマヤサとともに、現地の食材を使ったエキサイティングなメニューを提供しようと、この「ロカフォーレ」をオープンした。

画像: ロカフォーレのラボでチームメンバーと料理の創作するシェフ、レイ・アドリアンシア(右)

ロカフォーレのラボでチームメンバーと料理の創作するシェフ、レイ・アドリアンシア(右)

 サービス、インテリアデザイン、メニュー、すべてが完璧。シェフたちのカリスマ的でありながら温かい人柄が、提供する美味しい料理に表れている。実際、このロカフォーレは、アジアのサステナブル・レストランアワードや、インドネシアのベスト・レストランに贈られる2019年度「アジアのベストレストラン50」にも選ばれている。

画像: 「ロブスター・タルタル」 ロブスターの上にはハート・オブ・パーム(椰子の芯)が添えられている

「ロブスター・タルタル」
ロブスターの上にはハート・オブ・パーム(椰子の芯)が添えられている

 店名は、LOCAL(ローカル)とラテン語のVORARE(食べる)の造語。バリ産の生のアワビからスンバワ島の牡蠣まで、すべてインドネシアの全土から運ばれてきた食材を使い、食事も近くの工房で作られた器やカトラリーでサーブする。ここでは「ロカフォーレ」かベジタリアン向けの「ハービフォーレ」というテイスティング・メニューを選ぶといい。どちらも、ヨーロッパとインドネシア料理の影響を受けた5〜7皿のコースだ。
www.locavore.co.id

<SPOT>

CELUK VILLAGE(チュルク村)
 チュルク村は金細工と銀細工職人の本拠地だ。それらを取り扱うショップが立ち並び、展示ギャラリーや工房も見つけることができる。ここで作られたジュエリーは、民族性豊かなユニークな装飾で世界的に知られている。

JALAN RAYA UBUD(ラヤ・ウブド通り)
 ラヤ・ウブド通りはウブドの中心地に約2キロメートルにわたって広がるストリート。ジュエリー、洋服、化粧品などのブティックが立ち並ぶ。トレンディなサロン(腰布)、ジャワやバリの伝統的な衣装、そしてデザイナーズブランドもあり、ウブドで一番のショッピングエリアだ。

 

This article is a sponsored article by
''.