「ファインダーの中はすべて楽園なんだ」。
最新作1000点以上をひっさげての展覧会『荒木経惟 写狂老人A』の内覧会で行われた荒木本人による作品解説ツアーを、本誌編集長がレポート

BY HIDEMI UCHIDA

画像1: PHOTOGRAPH BY HIDEMI UCHIDA

PHOTOGRAPH BY HIDEMI UCHIDA
 

『荒木経惟 写狂老人A』が、7月8日より西新宿の東京オペラシティ アートギャラリーで始まった。
前日の内覧会時には、特別に荒木本人による作品解説ツアーが行われた。

 Tシャツにタキシード風のニットジャケット、いつものアラーキースタイルだ。作家本人による作品のみどころ解説、のはずだったのだがいつしか荒木の「写真論」を聞く至福の時間となった。

 写真の回廊を踊るように足早に歩く荒木の後を、記者たちは「彼にしか紡げない言葉」を聞き漏らすまいと小走りについてゆく。

画像1: ©NOBUYOSHI-ARAKI

©NOBUYOSHI-ARAKI
 

 第一の部屋「大光画」。両側の壁面には50点の人妻たちの写真。
「自分が思う写真というのはまさにこれなんだ。」荒木は言う。
 いまや、どの雑誌を見てもきれいな女の人がきれいに映っている(ちょっと耳が痛かった)。でもこの「人妻エロス」には、ありのままの物語がある。

 たとえば、人妻たちが裸でカメラの前に立ちながら、ちらっと頭をかすめたであろう「家族にばれたらなんて言い訳しよう」といったつぶやきまでもが生き生きと、そしてひめやかに写し出されているのだ。

 

This article is a sponsored article by
''.