ザ・コンランショップが、心と身体、そして生活をリセットする「Reboot」シリーズの販売をスタート。“デトックス”、“オーガナイズ”、“ワークアウト”、“スリープ”の4つのテーマで、モノがあふれる現代に改めて“心が満たされるモノ”を提案する

BY TAKAHIRO KATO

 ザ・コンランショップは、英国人のテレンス・コンランによって設立されたライフスタイルショップ。1964年に英国初のライフスタイルショップ「ハビタ」を、73年に「ザ・コンランショップ」1号店をロンドンにオープンした。ライフデザインのクオリティを高めることを目指し、世界中からさまざまなアイテムを厳選。家具やテーブルウエア、キッチングッズ、バスルームグッズなど、生活に関わるあらゆるものを取り扱う。日本では94年に「ザ・コンランショップ 東京店(現・新宿本店)」をオープンし、現在はカフェなどを含め7つの直営店を運営する。

 創業者であるテレンス・コンランは1931年、イングランド南東部に位置するサリー州イーシャー生まれ。ザ・コンランショップやレストランなどを経営する一方で、家具やインテリアのデザイナーとしての顔も持つ。83年にはデザイン分野における功績が評価され、エリザベス女王より「サー」の称号が授与された。

画像: Detox(デトックス)、Organize(オーガナイズ)、Workout(ワークアウト)、Sleep(スリープ)の4つをテーマに国内外からアイテムをセレクト。写真は第1弾として2月から展開している「デトックス」の商品

Detox(デトックス)、Organize(オーガナイズ)、Workout(ワークアウト)、Sleep(スリープ)の4つをテーマに国内外からアイテムをセレクト。写真は第1弾として2月から展開している「デトックス」の商品

 そのザ・コンランショップが「パソコンを再起動(=Reboot)させるように、身の回りにあふれかえるモノをリセットしよう」というメッセージを込めて企画したのが、「Reboot」シリーズだ。“Detox(デトックス)”、“Organize(オーガナイズ)”、“Workout(ワークアウト)”、“Sleep(スリープ)”の4つのカテゴリで、順次アイテムを発売。いずれも心や身体、生活そのものをすっきりと“リセット”するために世界から選び抜いたモノたちだ。

画像: バイディーム「薬膳マルチポット」 <1.5L> ¥24,000

バイディーム「薬膳マルチポット」 <1.5L> ¥24,000

 デトックスのシリーズならば、文字通り体にいい飲み物や食べ物で、身体の内外から自分自身をキレイにデトックスするものが揃う。たとえば「バイディーム(BUYDEEM)」は、薬膳の本場・中国で誕生したブランド。漢方薬や薬膳茶は、とろ火で煮出すことによって有効成分が抽出される。このバイディームの薬膳マルチポットは、とろ火加熱の温度帯を自動制御で保ち、素材の有効成分とうまみをじっくり引き出すことが可能だ。薬膳ポットとはいえ、用途は薬膳だけに限らず、おかゆやポトフなど、コトコト煮込むタイプの調理にも使用できる。専用のレシピブックも2冊同梱されている。

画像: (左から) バイディーム「健美蓮菊茶」、「健美ローズ茶」、「健美黒粥」各¥639 「健美八宝粥」 ¥990

(左から)
バイディーム「健美蓮菊茶」、「健美ローズ茶」、「健美黒粥」各¥639
「健美八宝粥」 ¥990

「バイディーム」には、別売りでスープやお粥といった専用の薬膳キットも。「健美蓮菊茶」や「健美ローズ茶」「健美黒粥」「健美八宝粥」などをラインナップし、手軽に旬の食材を選んだり、体調に合わせた食材を組み合わせたりすることができる。
 

 

This article is a sponsored article by
''.