紅葉シーズンを迎えた京都で、夜の二条城を舞台にしたイベントが開催中。昼間の姿とは一変した、静寂と光に包まれたイマーシブ(没入型)イベントをレビュー

BY TAKAKO OHARA

 紅葉が町を彩りはじめた京都。今秋は、錦秋の京都をさらに楽しむ特別なイベント「秋季特別ライトアップ FLOWERS BY NAKED 2018 ー 京都・二条城 ー」が、12月9日(日)まで開催されている。

 近年、上賀茂神社、下鴨神社、清水寺、高台寺、京都国立博物館、京都府立図書館など、京都を代表する歴史的建造物や庭園をアーティスティックな照明で彩るライトアップが盛んに行われ、京都の夜の楽しみが広がった。神社仏閣など観光地スポットは夕方16時過ぎには閉門を迎え、夜の楽しみが少ないと言われる京都で、夜間の特別公開はうれしい限り。闇と静寂に包まれ、昼間とは違った幻想的な世界が体験できる機会は、京都に住む者にとっても見逃せない。

画像: 徳川家康が築城し、三代家光が完成させた重要文化財「唐門」。切妻造、檜皮葺の四脚門で、屋根の下には彩色を施した彫刻がふんだんに見られ、その豪華さは京都でも屈指の雅びな門

徳川家康が築城し、三代家光が完成させた重要文化財「唐門」。切妻造、檜皮葺の四脚門で、屋根の下には彩色を施した彫刻がふんだんに見られ、その豪華さは京都でも屈指の雅びな門

 人気のプロジェクションマッピングをはじめとするライトアップも、回を重ねるごとに見る側の目が肥え、光と音の演出だけでは満足できないという声も。そんな観衆の意識変化をいち早く察知し、“五感”を刺激するライトアップイベントを展開するのが、映像ディレクター、デザイナー、CGディレクター、ライターなどが集結し、1997年に創設されたクリエイティブカンパニー「NAKED(ネイキッド)」だ。

 二条城を舞台に、秋の「FLOWERS(花)」をテーマとして展開される今回のライトアップは、まず雅な彫刻が施された「唐門」から始まる。黄金色の光を浴びて闇に浮かぶその姿は見る者を圧倒する迫力すら帯び、訪れた者を別世界へと誘う。

画像: 昼間一般公開される「二の丸御殿」そばに位置する重要文化財、「御台所」と「御清所」がライトアップのメイン会場。入り口では、今回のテーマを語る大きな本のオブジェ「BIG BOOK~秋の初風~」が来場者を迎える PHOTOGRAPH BY TAKAKO OHARA

昼間一般公開される「二の丸御殿」そばに位置する重要文化財、「御台所」と「御清所」がライトアップのメイン会場。入り口では、今回のテーマを語る大きな本のオブジェ「BIG BOOK~秋の初風~」が来場者を迎える
PHOTOGRAPH BY TAKAKO OHARA

 今回、特別に夜間公開された重要文化財「御台所」と「御清所」は、高い天井に渡る太い梁や黒光りした柱がその歴史を物語る。広い土間と板敷の広間は、「秋桜と蒲公英(コスモスとタンポポ)」という作品の舞台となっている。大きなコスモスの花の前に立つと、人の動きに合わせて花びらが飛び散り、かすかに芳しい花の香りが漂ってくる。まるで秋の野にいるような不思議な感覚に襲われる。タンポポの穂のインスタレーションに息を吹きかけると、ふわりと綿帽子が舞い上がる。なんとも斬新な投入(イマーシブ)型の作品だ。

画像: 重要文化財「御台所」で展開されている作品「秋桜と蒲公英(コスモスとタンポポ)」は、約1.5~2mの高さの2種類のコスモス5本と約2.3mのタンポポのオブジェ。作品の前で動くとその面白みはいっそう

重要文化財「御台所」で展開されている作品「秋桜と蒲公英(コスモスとタンポポ)」は、約1.5~2mの高さの2種類のコスモス5本と約2.3mのタンポポのオブジェ。作品の前で動くとその面白みはいっそう

画像: 重要文化財「御台所」の広間の闇に浮かび上がる作品「秋嵐」は、「伝統と先進アート」の組み合わせによる斬新な作品。変化するいけばなの表情がなんとも魅惑的 PHOTOGRAPH BY TAKAKO OHARA

重要文化財「御台所」の広間の闇に浮かび上がる作品「秋嵐」は、「伝統と先進アート」の組み合わせによる斬新な作品。変化するいけばなの表情がなんとも魅惑的
PHOTOGRAPH BY TAKAKO OHARA

 さらに奥に進むと、いけばなと風、映像を組み合わせた「秋嵐(しゅうらん)」と題された新感覚のアート作品が。これは池坊の次期家元、華道家の池坊専好氏とのコラボレーションで制作されたもの。嵐をイメージさせる風の音、稲光を思わせるライティング、さらに実際に体を包む風と、まるで嵐の庭を室内から眺めるような心地になる。
 訪れた人から思わず声が上がるのは、歩くと色づいた落ち葉が舞い散る「落ち葉の小径」と、ススキの原にいるような感覚が味わえる「花薄(はなすすき)」だ。

 

This article is a sponsored article by
''.