庭には花々が咲き乱れ、家には楽しい集いの笑い声。好きなものに囲まれて暮らす。「断捨離はしない、無駄があるから文化がある」と言い切る。自らを、そして周囲を喜びで満たしながら今日を生きる。島田順子さんに日々の暮らしを彩る秘訣を尋ねた

BY AZUMI KUBOTA, PHOTOGRAPHS BY SHINSUKE SATO

 パリを拠点に活躍を続けるファッションデザイナー、島田順子さん。78歳になる今も第一線でキャリアを築きながら、仕事場であるパリとブーロンマーロット村の田舎の家、東京、故郷である館山の別荘を行き来して、のびやかに人生を楽しむ。親しい人々を自宅でもてなすことを喜びとし、「人と食をともにすることは、人生をわかちあうこと」と語る彼女。まだ残暑厳しい頃、東京の自宅に戻っていた島田さんに、心豊かに暮らす秘訣を聞いた。

画像: 島田順子(JUNKO SHIMADA) 1941年千葉県館山生まれ。杉野学園ドレスメーカー女学院デザイナー科卒業。66年渡仏。70年デザイナー集団「マフィア」入社。75年「キャシャレル」に入社後、チーフデザイナーとして活躍。81年パリに「JUNKO SHIMADA DESIGN STUDIO」設立。初コレクション「JUNKO SHIMADA」をパリで発表。東京コレクションでは「49AV.JUNKO SHIMADA」を発表。86年東京に「JUNKO SHIMADA INTERNATIONAL」設立。96年日本ファッションエディターズクラブデザイナー賞(FEC賞)を受賞。2012年フランス芸術文化勲章シュヴァリエ授与

島田順子(JUNKO SHIMADA)
1941年千葉県館山生まれ。杉野学園ドレスメーカー女学院デザイナー科卒業。66年渡仏。70年デザイナー集団「マフィア」入社。75年「キャシャレル」に入社後、チーフデザイナーとして活躍。81年パリに「JUNKO SHIMADA DESIGN STUDIO」設立。初コレクション「JUNKO SHIMADA」をパリで発表。東京コレクションでは「49AV.JUNKO SHIMADA」を発表。86年東京に「JUNKO SHIMADA INTERNATIONAL」設立。96年日本ファッションエディターズクラブデザイナー賞(FEC賞)を受賞。2012年フランス芸術文化勲章シュヴァリエ授与

「夏の初めに、ブーロンマーロットの家の庭に紫蘇の種を撒いてきたの。フランスに帰国する頃にはきっと収穫できるはず。そうしたら娘と孫、友人を呼んで、日本の素麺をふるまう“夏の終わりのパーティ”をしようと計画中です。素麺はざるにざっと盛って、大きな氷をいっぱい添えて、それだけでご馳走ね。庭には紫蘇のほかに山椒の大きな木もあるから、薬味もたっぷり。みんな、きっと大喜びするわ」と目を輝かせる。

 島田順子さんの頭の中には、人をもてなす楽しいアイデアが次々と浮かんでくるようだ。食卓に集う人々を喜ばせ、自分自身も心弾ませる。もてなしの極意について訊ねると、そんな大げさなものはないけれど、と笑う。「そうね、まずはお招きする人の好きな食べものを思い出します。そこでひとつメニューが決まると、次は連鎖反応で次々と。例えばあの人はお肉が好物ね、そうしたらお豆腐と湯葉をアントレに、枝豆をどっさり…… そんな感じ。簡単でしょう?」。無理して凝ったことはしない。誰かのことを考えて楽しみながら作る料理、設える空間、そのすべてに自分らしさが自ずとあらわれる、と語る。

画像: 東京の自宅にある、お気に入りのクリスタルのタンブラー。海の生物や昆虫たちなど、思わず目に留まるモチーフが彫られている。テーブルを囲む面々がそれぞれの絵柄を見せ合って、知らず知らずのうちに会話が始まる。そんな小道具にもなっている

東京の自宅にある、お気に入りのクリスタルのタンブラー。海の生物や昆虫たちなど、思わず目に留まるモチーフが彫られている。テーブルを囲む面々がそれぞれの絵柄を見せ合って、知らず知らずのうちに会話が始まる。そんな小道具にもなっている

 ゲストがたくさん集まる家だからテーブルウェアも充実しているが、ひとつひとつに愛着がある。「このタンブラーは小さなアンティークショップで見つけたもの。描かれたモチーフひとつで、ゲストとの会話が広がってゆくでしょう? それを想像したら、楽しくていいなあと思って。今ここで買わなきゃなくなってしまうからと、全部連れ帰りました。そんな出会いが嬉しいじゃない?」

 心ときめくとき、お気に入りについて語るとき、島田さんの唇から「嬉しいじゃない?」「楽しくて」——何度もその言葉がこぼれる。幸福なフレーズが響く空気も、彼女の部屋でゲストが受けるもてなしかもしれない。

画像: 『パリ−東京 とらわれず、しばられず 今日、今を生きる美しい人』より、モンマルトルの自宅でのパーティの様子。パリ、東京の家でのもてなしの様子もふんだんに PHOTOGRAPH BY IKUO YAMASHITA

『パリ−東京 とらわれず、しばられず 今日、今を生きる美しい人』より、モンマルトルの自宅でのパーティの様子。パリ、東京の家でのもてなしの様子もふんだんに
PHOTOGRAPH BY IKUO YAMASHITA

 

This article is a sponsored article by
''.