かつてと同じあり方、やり方はもう通用しない。新しい時代にどう対応し、生きていくか――。フードコーディネーターの長尾智子は、まず、自分のために料理をするのが大切と提案する

BY TOMOKO NAGAO, PHOTOGRAPHS BY MASANORI AKAO, EDITED BY MIKA KITAMURA

 食の心地よさとはなんでしょう。夕暮れ時に白ワインの気分だと思えばお気に入りのビストロでにぎやかに集い、国内外の旅先では、その土地ならではの料理を楽しみ……。親しい人を呼んであれこれと作ったり、おいしいものを取り寄せたりしながら、和食、イタリアン、エスニックと、恵まれた日本の食を楽しむ機会が以前は多かったと思います。

 一方、日々供給される食べ物は相変わらず過剰で、デパ地下のお惣菜はもとより、節分やクリスマス、お正月の時期などはあまりの量に、食品の行く末を思うと決して気持ちのよいものではなかったのです。売り手も買い手も殺気だったような光景は、現実ではない景色をふと見ているようでした。とうに変わりつつある世界で、昔のやり方を引きずっているような―― その雰囲気は、自粛後に経済活動を再開した今も残像のように漂っています。私たちが無邪気に楽しんでいた頃とこれからの違いは大きく、手放さなければならないことが数知れず。外食はもとより、いつまでもおうち時間を楽しくと言っていられないシビアな時代が始まっていると感じます。

 食の楽しみの大きな部分は、分かち合うこと。集う楽しみは何ものにも代え難い喜びです。それがままならないのなら、既存の考えをリセットして、自分という最小単位がどうしていくかを組み立て直せばいいのではないかと思います。まずは、自分のために料理を作る。自分ひとりのため、というのはなかなか難しいことでもありますが、今までとは違うやり方や新しい感覚を身につける機会にもなります。外から得る情報ではなく、自分が感じることを優先したら、作るもの、食べるものは変わっていく。安心できるもの、ストレスのない作り方と食べ方、大事にしたい料理とは何か。何を選び取るかを第一に考えれば、その気分はまわりにも伝わるものです。

 食を楽しむスケールが小さくなったと感じても、毎日手にする素材との関係は確実に近くなります。たとえば、身近な素材、卵をどう料理するかを改めて考えると、自然と卵を生かす単純な方向に行き、組み合わせや食感、味のやさしさなどに感覚が働きます。やがて素材を重視する丁寧な仕事となり、料理は美しく仕上がります。これでいいと気づけば、雑多な情報や人の評価は不要。素材と自分第一主義に、シンプルにおいしく美しい料理を作っていくだけです。多くを手放したと嘆きながら、気がつけば手の中には小さな宝物が光っているかもしれない。この先、作り食べていく料理の道筋が、卵ひとつで見えてくるというのは、大げさではない気がします。

 

This article is a sponsored article by
''.