カジュアルな雰囲気でいただける奥深い味わいが評判の店。料理人・佐伯悠太郎さんが手間も時間もかけて丁寧に作る料理は中華料理の枠を超えて、ここならではの美味に。選び抜かれたクラフトビールやワインとともに

BY YUMIKO TAKAYAMA, PHOTOGRAPHS BY MIDORI YAMASHITA

「豚耳と豚足の煮こごり」は繊細で、「伊達鶏の紹興酒漬け」の身はしっとりシルクのよう。一皿一皿食べるにつれ、その丁寧な仕事に唸らされる。4月にオープンした「サエキ飯店」の店主、佐伯悠太郎さんは「聘珍樓」や「福臨門酒家」「赤坂離宮」といった名だたる中華料理店を経て、香港や広東省でも研鑽を積んだ経験の持ち主。「おいしい料理と酒、会話が気軽に楽しめる店がつくりたかった」と、店内はカウンター中心のカジュアルな造り。けれども毎日、金華ハムや鶏、豚肉などを7時間以上煮て極上の上湯を仕込むなど、料理の手間は高級店顔負けで、シンプルながらも滋味深い広東料理がベースだ。

画像: おまかせコースの定番、上湯仕立ての「担々麺」と「伊達鶏の紹興酒漬け」(おまかせ ¥8,000〜)。日替わり料理も。ジョージア産の皮ごと搾ったうま味の濃い白ワインと好相性。グラスワイン ¥1,000〜。稀少な紹興酒もあり

おまかせコースの定番、上湯仕立ての「担々麺」と「伊達鶏の紹興酒漬け」(おまかせ ¥8,000〜)。日替わり料理も。ジョージア産の皮ごと搾ったうま味の濃い白ワインと好相性。グラスワイン ¥1,000〜。稀少な紹興酒もあり

「中華というジャンルに縛られず、自分がおいしいと思った料理を作りたい」と佐伯さん。香港のクラフトビール鬼佬IPAやジョージア産中心のワインも料理との相性が抜群。冬は火鍋や牡蠣上湯鍋を構想中だと話すそばから、待ちきれない。

画像: カウンター8席、テーブル4席の小さな店

カウンター8席、テーブル4席の小さな店

サエキ飯店
住所:東京都目黒区三田2-10-30 荒井ビル1F
営業時間:18:00〜21:30(最終入店)
不定休
電話:03(6303)4735
詳細はFecebookにて

 

This article is a sponsored article by
''.