ブドウ畑を眺めながら、そこで作られるワインと地元の食材を使った絶品フランス料理を堪能――「カーブドッチ・ワイナリー」のオーベルジュスタイルの宿泊施設がオープン

TEXT & PHOTOGRAPHS BY YUMIKO TAKAYAMA

画像: 窓からの眺めが美しいフロントロビー兼ラウンジ。バーカウンターが併設され、ゆったり過ごせる COURTESY OF CAVE D'OCCI

窓からの眺めが美しいフロントロビー兼ラウンジ。バーカウンターが併設され、ゆったり過ごせる
COURTESY OF CAVE D'OCCI

 新潟で1993年にぶどう作りからワイン醸造まで手がけるヴィンヤードとしてスタートした「カーブドッチ・ワイナリー」。海近くの砂地という環境を生かして作られ、ぶどう本来の味わいが生きたワインの評価は年々高まっている。その敷地内に、オーベルジュスタイルの宿泊施設「ワイナリーステイ トラヴィーニュ」が2019年11月にオープンした。

 客室はたった10室。各部屋はそれぞれデザインや家具や照明、飾られているアート作品もすべて趣が異なる。どの部屋からもブドウ畑と角田山が眺められ、その美しい景観が自慢だ。

画像: フランスやスペインから運んだ家具や照明など、部屋のインテリアはすべて異なる。アメニティはAVEDA(アヴェダ) COURTESY OF CAVE D'OCCI

フランスやスペインから運んだ家具や照明など、部屋のインテリアはすべて異なる。アメニティはAVEDA(アヴェダ)
COURTESY OF CAVE D'OCCI

 料理を作るのはフランス料理の名店「ル・ブルギニオン」出身の佐藤 龍シェフ。フランス・ブルゴーニュで一年働いた後、レストラン「トラヴィーニュ」の料理長に就任。実は、渡仏する前の一年間、ワイン造りを学びたくて、「カーブドッチ・ワイナリー」で働いていたのだという。そのとき、この土地の自然環境、食材の素晴らしさに触れていたことも、「ここでしかできない料理の可能性を追求する」という決心につながった。
 

画像: レストラン「トラヴィーニュ」の佐藤 龍シェフ。今後、どんな地元の食材と出会い、新しい料理となるのか楽しみだ

レストラン「トラヴィーニュ」の佐藤 龍シェフ。今後、どんな地元の食材と出会い、新しい料理となるのか楽しみだ

画像: ディナーコースは全10皿。ディナーの一品「十日町 猪肉のロースト サザエと牛蒡のキャラメリゼ」。程よい歯ごたえの猪肉のローストは噛むほどに旨味があふれる

ディナーコースは全10皿。ディナーの一品「十日町 猪肉のロースト サザエと牛蒡のキャラメリゼ」。程よい歯ごたえの猪肉のローストは噛むほどに旨味があふれる

「主要食材はほぼ県内産。すぐそばに海があり、漁港もあります。漁師さんに魚種や地元での食べ方について教えてもらったりして、それが料理のアイデアにつながっていますね。とれたての魚介類をすぐに処理できる環境は恵まれています。魚介には、とれたてがおいしい種類もあれば、そこから熟成させることでさらに深みが出るものもある。肉類は県内産のもの、野菜も地元の生産者から、直接仕入れさせてもらっているものも多いですね」と佐藤シェフ。「根菜のパナシェ 南蛮エビのクリスプとエキュームソース」は、「南蛮エビは唐揚げにするとうまい」という漁師さんの一言もヒントになったそう。

画像: 「根菜のパナシェ 南蛮エビのクリスプとエキュームソース」。里芋、レンコン、サツマイモなどの根菜をカレー仕立てに

「根菜のパナシェ 南蛮エビのクリスプとエキュームソース」。里芋、レンコン、サツマイモなどの根菜をカレー仕立てに

画像: カーブドッチのプレミアムワイン (右)エレガントな飲み口のシグネチャー赤ワイン「SABLE」、(左)白ワイン「アルバリーニョ」

カーブドッチのプレミアムワイン
(右)エレガントな飲み口のシグネチャー赤ワイン「SABLE」、(左)白ワイン「アルバリーニョ」

 柿の種や郷土料理「からし巻き」を再構築してアミューズブーシュに取り入れるなど、遊び心もたっぷり。なかでも特に印象的だったのは、使用した食材の端材を丁寧に引いて作られるコンソメ「海と山のエキス そのクラリフェと米どころのニョッキ」。この土地の滋味が凝縮された、ほっとする一皿だ。国内ではまだ珍しい、本格的なワイナリーホテルの誕生に心躍る。

ワイナリーステイ トラヴィーニュ
住所:新潟県新潟市西蒲区角田浜1661
料金:¥35,000~(1泊1室の室料、2食付き。消費税別)
TEL. 025(677)5460(受付時間:9:00〜22:00)
公式サイト

 

This article is a sponsored article by
''.