星と植物を軸に、隠し味に音楽もイメージソースに加えた濱 美奈子オリジナルの占星術連載。各星座ごとに、その月の運気の流れをサポートするアロマを紹介。星の動きや植物のエネルギーを活用して、あなたの運勢をチューニング!

BY MINAKO HAMA, ILLUSTRATIONS BY HIROSHI KATO

蟹座(6/22~7/22生まれ)

基本的性質
蟹座は水の星座で「感情と母性の月」を守護星にもちます。面倒見がよく、感受性豊かでロマンチスト。そんなあなたのフレンドリー・プランツは、癒しと鎮静の作用をもつカモミール。想像力が豊かで思いやりがあり、人々と家族のような絆を作ることができるあなたを象徴します。

画像5: 濱 美奈子
ハーモニー占星術
2020年12月

12月1日~31日の運勢

全体運
今月は、発展を司る木星、試練をもたらす土星が“共有と継承”の部屋に移動します。この一年間に広がった関係性を絞り込み、より深い関わりへ発展させていく切り替わりの時期。それは強制的に起こることもあるし、あなたが自発的に選ぶ場合もあるでしょう。いずれにしても、大事なものを分かち合える“信頼関係の構築”が、今後のあなたに有形無形の豊かさをもたらします。15日の新月、シンプルに、これからの幸せについての優先順位を考えてみましょう。

仕事・金運
自分の理想に近づいていける好調な運気。夢の実現に手を差し伸べてくれる協力者や金銭的な援助にも恵まれるので、やりたいことを周囲にアピールするべき。22日、次のステージに向けて環境の変化がありそう。より大きなフィールドで実力を発揮できそうな案件は、前向きに検討を。

健康運
無理をすると腰や臀部に負担がかかりそうなとき。日々の地道なメンテナンスで筋力維持を心がけて。長時間のPC作業は、合間にストレッチをとりいれて、メリハリをつけましょう。

愛情運
人気運に恵まれる華やかな運気。相手に対する的確なアピール力にも恵まれるので、心がすれ違って気になっている人とも連絡をとってみて。年末年始の行事はオンラインなどを活用して、一年ぶんのキャッチアップを。15日、同居や結婚を考えている人は次のステップに思い切って進んでよし。

今月のアロマ
今月は、チアフルなポルカダンスの音色が蟹座を包みます。今までの人間関係が幸せを運んでくるとき。うれしいご縁が広がる時期ですが、一方で離れていく人間関係に戸惑いを感じることも。そんなときは、「イランイラン」のアロマを嗅いでみて。呼吸をゆったりと整えるイランイランの香りは、外的変化に巻き込まれずに自分自身を保つことをサポートします。ゆったりと過ごしたい夜は、フェイシャルマッサージなどの香りに選んでみて。

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.