9月から10月にかけて各都市で開催されたウィメンズファッションウィーク。デジタル、リアル、またはその融合と、今年ならではの多様なプレゼンテーションが見られた。独自のスケジュールでコレクションを披露したメゾンもある。先の見通しが立たない時代にファッションはどうあるべきか。同時代性を反映した各メゾンのクリエイションをコレクション動画とともにチェックしよう

BY TJAPAN

PRADA(プラダ)

画像: Prada Spring/Summer 2021 Womenswear Show www.youtube.com

Prada Spring/Summer 2021 Womenswear Show

www.youtube.com

 共同クリエイティブ・ディレクターに就任したラフ・シモンズとミウッチャ・プラダがタッグを組んで手がけた初めてのコレクション。「プラダらしさ」そして、着る人のキャラクターを引立てる「ユニフォーム」といった概念について、ふたりは対話を重ねながら制作を進めたという。

 印象的なのは、プラダの三角形のアイコンを首元に配置したワンピースやTシャツ。誰もが知るプラダのマークをフレッシュにデザインへと昇華した。また近年プラダが注力しているリサイクルナイロン素材も大判のケープなど幅広いアイテムに採用され、ブランドが推進するサステナブルなものづくりの姿勢をしっかりとかたちにしたコレクションになっている。さまざまなマテリアル、またプラダのアーカイブプリントの上に、ラフの長年のコラボレーターであるピーター・デ・ポッターのグラフィックを重ねたウエアなど、ふたりの“対話”を象徴するアイテムも多く見られた。

 ちなみにミウッチャは、ロックダウン中、テクノロジーの可能性についても考えを深めたという。今回のコレクションのルックは、3Dツアーアプリ「Matterport」の仮想空間に設けられたショールームでも見ることができる。

画像: COURTESY OF PRADA

COURTESY OF PRADA

<プラダ>
1913年、マリオ・プラダと弟のマルティーノ・プラダが革製品専門店「フラッテリ・プラダ」を開いたことがブランドのはじまり。高品質かつユニークなレザーを使い、イタリア職人の技を効かせたかせたハイクオリティのアイテムが評判を呼び、王室御用達になる。 78年、ミウッチャ・プラダがオーナー兼デザイナーに就任すると、合理的で実用的なナイロンを素材として用いるなど、時に社会分析からインスピレーションを得て、流行を超越したスタイルを提案。2020年から、ラフ・シモンズが共同クリエイティブディレクターを務めている。

問い合わせ先
プラダ クライアントサービス
フリーダイヤル:0120-451-913
公式サイト

BRAND INDEX

BALENCIAGA(バレンシアガ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

CELINE(セリーヌ)

CHANEL(シャネル)

DIOR(ディオール)

DRIES VAN NOTEN(ドリス ヴァン ノッテン)

GUCCI(グッチ)

HERMÈS (エルメス)

JIL SANDER(ジル サンダー)

LOUIS VUITTON(ルイ ヴィトン)

MAISON MARGIELA(メゾン マルジェラ)

PRADA(プラダ)

SAITN LAURENT(サンローラン)

STELLA McCARTNEY(ステラ マッカートニー)

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.