星と植物を軸に、隠し味に音楽もイメージソースに加えた濱 美奈子オリジナルの占星術連載。各星座ごとに、その月の運気の流れをサポートするアロマを紹介。星の動きや植物のエネルギーを活用して、あなたの運勢をチューニング!

BY MINAKO HAMA, ILLUSTRATIONS BY HIROSHI KATO

蟹座(6/22~7/22生まれ)

基本的性質
蟹座は水の星座で「感情と母性の月」を守護星にもちます。面倒見がよく、感受性豊かでロマンチスト。そんなあなたのフレンドリー・プランツは、癒しと鎮静の作用をもつカモミール。想像力が豊かで思いやりがあり、人々と家族のような絆を作ることができるあなたを象徴します。

画像5: 濱 美奈子
ハーモニー占星術
2020年6月

6月1日~30日の運勢

全体運
太陽と金星が、潜在意識に隠れていた“本来の自分”を開放するアリアを歌っています。特別な状況が新しい日常になってくるなかで、未来に対して、不安よりも楽しみがふくらんでくる―― 今月はそんな不思議な心境の変化を感じるときです。21日の新月、あなたにとって“またとない”あるいは“待望”のチャンスが来たら、逃さないで!「いつかは」と思っていたことを行動に移すタイミングの到来です。

仕事・金運
今までを振り返り、次の方向を探るとき。インターネットでの情報収集は視野が広がりますが、情報の出所を確かめてから発信を。18日以降、意思の疎通には丁寧に時間をかけて。人のうわさを信じる前に、本人に直接確認を。貿易関連、外貨投資に関する見極めは25日以降が吉。

健康運
自粛生活中の運動不足が体の症状に出てくるとき。でも、急に激しい運動に取り組むのは避け、ストレッチやウォーキングをルーティーンに取り入れて。疲れたときは長めの半身浴で汗をかいて。

愛情運
ここ数カ月の間に“再発見した楽しみ”を忘れないで、ノートや日記に記しておきましょう。家族やパートナーと共有すれば、それはみんなの目標にもなっていきそう。環境の変化についていけずに辛いときは、精神的な支えとなってくれる人との会話でエネルギーチャージを。

今月のアロマ
今月は同じフレーズを繰り返す『ボレロ』が蟹座を包みます。親しんできたものに別れをつげるのは寂しいけれど、気持ちが惹かれるほうに進む勇気を持ちましょう。「オレンジ」のアロマはあなたが前を向いて進んでいくことをサポートします。ミストやマッサージオイルで取り入れて、明るい方向を向く姿勢をキープしましょう。

 

This article is a sponsored article by
''.